FC2ブログ

お決まりの日々?

モモの節句でございます。

ル・ポン 2018

ル・ポン2018、4日行けました。
行けていない日も含め、充実した8日間でした。

松葉杖も卒業できちゃった!

歌の先生が言われるには、自分の声に近い歌手の声を心地よく感じるそう。別の先生は、声帯にいい振動を与えると、疲れが取れるとも。

嬉しい気持ち、幸せな気持ち、そしてよい振動が、良い方向に細胞レベルで活性化してくれたのだと思います。
新井素子先生の『…絶句』のもとちゃん再生システムの根強い信者の私なら、ありえそう。

お友達もできたので、来年もぼっちル・ポンではなくなる予定です。
一人ならすくむことも、同じ気持ちの方と同じなら、一歩が踏み出せて、次に進める感じがするモン!

ハッピーシュガーライフ、見終えました

でてくる人がキョーレツで、まともに思えたしょうこちゃんですら、中々ヘビィな設定。状況は凄まじくても、芯はスパッと通っていたので、回を追うごとに引き込まれていきました。

内容はかなりしんどいので、すぐにリピートしたい、見返したい気は今はしないけれど、ふとしたきっかけに思い出して、12話を一気に見てしまうような感じがします。

何が大切か分かって、潔く断捨離する人たちが、箇条書きにするとえげつないことオンパレードの行動でも、その、一本しっかり通った筋ゆえに、それぞれ眩しかった。不幸エンドなのは、一話冒頭で提示されていたけれど、若すぎる二人には難しいことも分かるけど、それでも逃げずに戦っている二人に、二人とも生き延びて欲しかった。

幸せのまま一緒に死ぬのではなく、片方が生まれ変わってもう片方の中に入り、二人で一人になったような描写だったので、二人でこれからも生き続けることには変わりはないのかな。暴力夫の呪縛から逃げるため、それを薬殺した兄妹の母も警察に捕まらなかったみたいだけど、二人だけの世界に行ってしまった妹の姿に、兄は苦しむのだろうな。でもいつか、穏やかな取り戻した日常が、十分すぎるほどに若い妹の目を外に向けてくれると信じたい。

原作はまだ続いているようなCFが入ったが、22分×12回に上手くまとめたなあ、と、感嘆しきり。

15分×156回ぐだぐた脱線迷走を見せられた後で、ハードルが下がっているのかもしれません。
でも、きっかけがあるにせよ、変質者の素質を大開花させた方々が、シュガーライフに出てきても、それぞれをわからんでもないかなと理解できた気持ちになれたのは大きいです。短い作品内に、理由は丁寧に繰り返してだされていたので、納得させられてしまった。
156回モノは、脚本家と共通点が多い主人公の片方に掛かるでかすぎる主役補正と、片割れの己の無さ、空虚さに呆れるだけで、脇役は脚本家のアバターの女性を気持ちよく持ち上げる動く道具でしかなかったので、気持ちが全く分からん不愉快さばかりでした、シューリョー。

しあわせさとうせいかつ 6話まで

一話みた時点で、続きは気になるけどしんどいなーと、と積んでいた深夜アニメ。

モニターの前で、気持ち悪いばかりをつぶやき続けた、「半分、青い」を最終回までみた今なら行けるかも、の予感は的中。台風で予定が吹っ飛んだので、再生開始しました。今のところサクサク見られています。

「ハッピーシュガーライフ」には、変人、変態が溢れている。家庭環境も交友関係も、異様に歪んでいる。
でも、その歪みに主人公は気づいている。
何より、半青や種死で絶対だった主人公補正がない、絶対神として主人公が崇められることがない。主人公の愛の対象を狙う相手が次々現れる。それは彼女にかけられた叔母からの呪い、彼女自身の不安、罪悪感を含めて。主人公は彼女の大切にしているものを守るために、彼女に敵意を向ける対象に、たった一人で、彼女に向けられる好意も全てを捨てて立ち向かっている。
さとちゃんと私は住む世界が違い過ぎて、友達にはなれないけど、応援の気持ちで見ている。
今のところ良識代表のしょうこちゃん(しょうゆちゃん?)の勇気も応援している。

主人公補正が絶対なヒトたちは、登場人物みんなに愛され、尊重され、無償の愛を提供されるのを当たり前にして、お礼の言葉どころか、けなし踏みにじる。ご都合ワールドも過ぎると白けてしまい、へーへーよろしゅございますな、と気持ちが離れていく。

半分まで来た。一杯ある謎も少しづつ全貌が見えてきているので、投げっぱなしジャーマンはないと信じたい。12話見て良かったと思える作品だといいなあ。

同じく深夜アニメの「表紙詐欺」CFが挟まる「あそびあそばせ」も、深夜だから良い。絵柄が可愛らしいからてと朝のこども劇場枠で放送されたら場違い。
半青も、朝ドラ枠に場違い。「ヒモメン」が面白く見られた深夜ドラマ枠だったら良かったのに。何より短いし!

半青からの、解放。

兎に角、雑い。
完全、酷い。

放送がやっと終わりました。
最終週は積み録でした。
私のレコーダーには、佐藤さんと豊川さんも登録されているので、半青と略される、雑な15分絵物語も予約を取り消さない限りは、日に4回も録画されます。
録画リストに、これが並ぶ苦痛。
主演女優さんは、窪田さんの登録で録画してくれた「僕たちがやりました」で、いい印象を持っていました。放送中に、菅田さんで録画された「帝一の国」も良かったです。
「義母と娘のブルース」の麦田店長や、「〜、とは?」にかなり引っ張られているなあと思いながら、
でも、しんどくて、
「半分白目」タグで心の準備をして、先に「半分ホラー」を読んでから、流し見をしていましたが、先週土曜日の青い蝶のくだりで、焼き秋刀魚の目になってしまい……。
最終週ははとにかく、兎に角、全部終わったのを確認して、倍速流し見を始めましたが、あまりの滑り具合に耐えかね、これを、まだフリック入力が下手くそなので、ポチポチ入力するBGMにしたら余計に、アラが、画像でごまかされないゆえか「見える」。

私が怒りまくった、種死と同ランクだと思ってます。
種死も、モヤモヤや憤りを、的確にアウトプットしてくださるレビューサイトさまのおかげで、完遂できました。種死は、砂漠の虎さんとカガリがいなければ、見なかったと思う。

半青も、半分白目タグがなければ、白目で紹介された半分ホラーが無かったら、積み録のまま一年後に一括消去していたでしょう。

倍速でもBGMが中々終わりません。白目を追っていると30分はすぐなのに、15分、いえ倍速だから7.5分がこんなに長いなんて。

まだ、5分もある。短冊が来てしまいました。
大変、醜悪。
佐藤さんのドラマでこんな感想を抱く日は、来て欲しくなかったです。

やっとエンディング。
完走できた! 今はそれが嬉しい。

さあ、ブルーレイに移して、より子役さんのドラマとぎぼむす最終回、朝ドラ受けをしてくれた嵐にしやがれをくっつけて、HDDから消してしまおう。

台風一過。
10月からはステキな朝になりますように!

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。