お決まりの日々?

モモの節句でございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンカリオン、10話まで見ました。

4月始まりの番組の情報を、調べたりしています。
1月始まりの『シンカリオン』を10話まで見ました。

私の期待していたものじゃないという違和感が大きくなっていく。

大人が出来ないことを、小学生にやってもらう。
見守るしか出来ない大人は、戦いで子供が心身を傷つけられると、
彼らに任せることしかできない自分のふがいなさの分、犠牲にしてしまった罪の意識の分、
もっと辛いと思う。直接の戦力になれない、盾にもなれない「できない」大人が、
大人として出来ること、子供の心や生活を精一杯守っている描写、バックアップを頑張っている描写が見たかった。

子供が戦う、という状況。
昔の記憶のほうが鮮明だから、その頃見ていたガンダムや、サムライトルーパーを思い出す。
初代ガンダムのブライトさんは、シンカリオンの指令長、指導長たちより、ずっと若くて経験もないのに、
自分ができないから、自分より年が若い少年に戦わせることしかない状況の辛さに向き合っていたように感じました。

ガンダム種・運命のキラ様のような圧倒的常勝、超越魔人ならともかく、
シンカリオンの操縦者たちは苦戦しているのに、命が危ない描写があるのに、
敵が何なのかもつかめていないのに(グリリバ出水指令長だけはちょこっとわかっているみたいだけれど)、
ゲーム感覚で戦おうとする子供たち。

なまじ舞台設定が今の生活の延長のところにあるから、
こんなんに任せていいのか、と不安になる。それしか方法がないのなら、
子供にしか戦えない設定なら、子供に頼るしかない大人がそれ以外のところを全力でフォローしろよ、と
すっきりしない。グリリバ指令長は、研究所に内緒で敵に接触する必要があったにしろ、
「秘湯めぐり」を理由に席をはずす。戦闘になっても最高責任者が不在で連絡がとれない。
帰ってきたら、「秘湯めぐりで」と、代わりに戦闘を請け負った新任指導員に悪気もなく告げる。
言葉通りとると、責任感のない人だし、こんなトップの元で、命のやりとりをするのは不安になる。
戦闘している子供や、着任したばかりの指導員がそれで安心すると思えるのが不思議。
不確かな情報を得たので、単独調査に行く、と言って、ガセネタだったのほうが、まだ、
一緒に戦っている感じがする、私としては。独り立ちをさせるほどのキャリアが彼女にあるとは思えないし。

流し見していると、子供の声がはっきり女声とわかってしまうのも、冷めの悪循環になっている。

サムライトルーパーでは14歳が戦って、大人は女子大生のナスティで。
子供が戦うしかない、自分は戦闘で傷つく彼らを見守るしか出来ないという状況は、哀しい辛いもので、
ただの女子大生でさえ、彼らの役に立てないかとできる以上のことをやっていたのに。

搭乗者がゲーム感覚でやっているようにみえ、見守る側にも悲壮感がないから、乗り切れないのかなあ。
(佐々木淳子さんの『那由他』で、ディーの仲間たちのゲーム感覚に、主人公が辛くなるシーンがある、
 それに似た感覚かも)

切る前に、Wikiを見て、この番組が玩具先行であることを知りました。
N700系の登場があることがわかり、それは見たいので録画予約は残しました。
今までの10話は消しました。今後は見るけど消すのサンリオ男子と同じ扱い。

サンリオ男子は終わりが見えてきてホッとしました。
ブルーレイに焼いていたら、キーっとこめかみの血管が浮きそうなほどに作画はおそろしいし、話もしんどい……。
勝手に「おねがいマイメロディ」のようなぶっとび極悪非道なストーリーを期待しているこちらに、
面白く感じられない原因があるのはわかっている。

「捨てられてしまった愛ぬいを見つけ出す」という、私のぬいぐるみさん愛を刺激するエピソードが一話になければ、
マイメロ男子に柊家が関与していない時点で、見切れたのに。
(恵一さんの場合は、ポイっと捨てても、ぬいぐるみのほうから戻ってくる、ぬいぐるみホラー、ぬいぐるみストーカー)
シンカリオンは、新幹線デザインと藤林聖子さんの主題歌(歌手はボイメン)で、切れない。
罪深きもの、それはヲタク……。

春夏秋冬、沢山の新番組が出されるけれど、もう一度見たい作品に出会えるのは少ないなあと、
それは私の感受性が、昔より落ちてしまっていることもあるけれど、それを差し引いても、
何か強く残る作品に、お金も人も集中して、いいモンを見せてもらったと関連商品を買いたくなるものに
出あいたい。

私の好みが偏っているからめぐり合えないというのも大いにある。
フィギュアスケートの演技を録画したものでも、消せるものと、覚えてしまうほどみても、
飽きることなく見たいのでHDDにも残しておくものと分かれる。

……と、いうわけで、宝塚歌劇の『BADDY』のぶっとびぶりに、たいそう慰められました。
若い人たちの全力は、見ていて気持ちよいものですな、ホホホ。
こちらは大人の男性も女性が演じているのだけれど、引き込まれているので、
女声だなーと思うところがなく、違和感の影すらなく楽しませてもらいました。
デュエットダンスの影ソロの歌も、キリキリするメロディラインで、痛くて大変なのですが、
斉藤恒芳さんの作曲でした。『ロマンチカ宝塚’04』のもっとも好きなメロディがサテリコンで、
歌声のかさぶたをえぐるような鋭さと甘さがたまりませんでした。『キバ』も曲は良かったんだ。
スポンサーサイト

くまモンさまのお誕生日!

一昨日と昨日に誕生祭が行われた、くまモン部長さんのお誕生日は今日です!

お誕生日おめでとうござくます。
生まれてきてくれて、サンくまー!

今日、「クラス発表での服装は、下が黒。上は何色でもかまいません、個性を出してください」
と先生に言われた時、「着ぐるみでもOKですか?」と手を上げたくなったぐらい、
その日に歌うであろう曲、「落葉松」の歌詞を「♪くまもとの~夜のあーめに」と歌ってしまうほどに、
黒いイケモンのことばかり浮かびました。
「落葉松は黒く立派な熊本城に生えているんだよ」と、こんな話しにも付き合ってくださる、
くまモンにはなんの興味もお持ちでない友人に言うと、
本当に優しくて、人の気持ちを考えて考えてくださる人なので、
「たまりょちゃん、この歌の落葉松は、お城でなく海の傍に生えていると思うわ」と。
「天草の海(イルカウオッチングができる)?」(熊本関係にとらわれているので浮かばない)
「もっと寒いところの海」と本当に穏やかで優しい方なのです。
「中原中也の歌に出てくる空を呪っている波の海」のイメージで、大体のOKをいただきました。
くまモン勝負服は和を乱すと怒られそうなので、こっそり、くま耳生やしてで臨むモーン。

3月8日は写真集『ワールド・モン』がでました。
ローソンで受け取ると、machiカフェ特典がつくとメールが来ていたので、
amazonよりも2日早い発売日を早く記載していたHMVで、くまモンが店長のローソンで受け取ろうと
いそいそ予約したら、amazon他と同じ日に発行延長のメールが来て、店舗で受け取れるのは3月10日。
3月8日に紀伊國屋に行ったら、くまモンコーナーができていて、新刊にはポストカードが封入されていました。
三種類!

くまもとよかもんショップには、残念ながら、新刊の写真集はなく。新しいグッズも増えてなくて。
届いていた本には、ポストカードは着いてなかった!
紀伊國屋さんだけなのかな。ショックまー、でもポストカード欲しさに、もう一冊買いたいという本でもないし。
(発行が毎日新聞出版なことも、ある)
サイン会があったらもう一冊買おうとは思っていたけれど。
「よかもんショップには、新刊を置かないのですか?」と店員さんに尋ねると、
「入荷するかどうかは、店長が決めているので」というお答え。
くまモン店長は、今回の写真集をあんまりお気に入りじゃないのかモン? ショックだモーン
と殴られたようなショックを受けて店を出てから、人間の方かと気付きました。
くまモン部長の給料は熊本県から出ているから、ローソンにこれを入れろと命令はできんモンね。


昨日の15時開演のPAC定演は、指揮のバーメルトさんが促された、東日本大震災犠牲者への黙祷からはじまりました。
ピオヴァノさんも、アンコールで寄り添うようなやさしい「赤とんぼ」を弾いて下さいました。
深く染みるような一日でした。

逃げた二月(過去形)

二月が終わってしまいました。

宝塚歌劇は、花組の「ポー」を1月と2月に1回づつ計二回見て、仙名さんのプロ根性と美しさと、みりおの熟練の技に感激しました。
月組は2月に一回、3月に今日を含め二回観ます。観た後の爽快感は、キャンペーンで追加チケットが買えた月組のほうがある。
今の月組が好きだ、辞める(退団)するのやめてーと思いながら、東に向って自転車を進めていたら、
満月を明日に控えた月が、実に綺麗でした。
「月がきれいですね」、は芝居で2回、ショーでも1回出てきます。

オリンピックもあったしね。ノロリンピックに、ひどい交通事情。
無事、とはいえないような状況だったようですが、終ってよかったです。
毎度同じく、冬期オリンピックはフィギュアスケートしか観ていないのですが、
テレビ東京系で放送があった、町田樹さん解説のエキシビションの中継と、町田さんゲストの総集編は
大変面白かったです。

ショートでジャンプが決まらなくてメダル圏外になり、フリーで鬼のようにジャンプを決めてきた、
ネイサン選手が、ソチの真央さんのように言われているけれど、
一番難しいことをしたネイサン選手は、フリーでダントツのトップの点数で評価され、
今後も挑戦しつづける活力の素になられたと思います。
真央さんは、「滑走順が早いため、点数が出なかった」を理由に、点数が伸びませんでした。

ネイサン選手の曲名がMao's~だから、余計重ねられてしまったのかな?
ネイサン選手の挑戦が良い点で評価されて良かったです。
「滑走順による、点数の差」は、4年前に比べて是正されたのであれば、喜ばしいことです。
ネイサン選手のバレエを取り入れたプログラムはすごく好きなので、
難易度の高い軸の細い綺麗なジャンプだけに加え、来期はその辺りも見せて欲しいです。
今回の、ジャンプを飛んでやる!という気合あふれたフリープログラムに、私は真央さんではなく、
やけくそカルメンのプルシェンコさんを思い出しました。

町田さんの解説は、怪我をしたところを綺麗に洗って、お薬をつけて、丁寧にガーゼをあてて、
ぴったりとテープで覆ってくれたような、安らぎをあたえてくれました。
フィギュアスケートという競技への愛と、選手一人ひとりへの尊敬の想いが充満している
町田さんの解説聞くと、それをインプットした上で、もう一度プログラムを観たくなる。
観て、ふおおお~~と私の中からも想いがあふれる、町田さんの愛に感染させられる。
今回のオリンピックの「町田セレクション」は、プレイリストを作って納得、堪能しましたとも!
ありがたや、町田樹大明神。

羽生選手の連覇も、日本男子の金銀メダルも喜ばしいこと。それももちろん観るけれど、
私がダントツ繰り返し観てしまうのは、町田セレクションにも入った、
オリンピックでトリプルアクセルを決めた三人目の女子になった、長洲未来選手の団体戦FPです。
3Lz-3Loは、トリプルアクセルの次に難しい、と町田さんは断言してくれた、
トリプルアクセルが見事に決まって嬉しかったとも言ってくれた、それがとても嬉しかった。

プレイガイドから、メダリストが出演するアイスショーが販売中だとお知らせが届くけれど、
観たいのは真央さんのスケートと、町田劇場なので、その案内が来ないかとドキドキ待っています。

今日からオープン!
浅田真央サンクスツアー
ツアーに近畿が入ってないー! 

見る、とは書いたものの……

『シンカリオン』

見ると決めたので、積み録していた2~4話を、
見るかどうか決めかねていたものをある程度整理したので見ました。
(サンリオ男子は、柊恵一がメインでなくても出てくるかと(マイメロ担当男子が潤ぽかったので、
 親戚に柊家があるか)期待していたのですが、どうやら無縁のようだし、
 一話の捨てられたぬいぐるみを回収エピソードがぬいスキーに刺さった以外は、心がふるふるしないので、
 見たら消すグループになりました。ぬいさんは家族。うちの子一番!))

・子供のほうが適合しやすい。
・適合できる子供を集めて、戦わせて、データを集めて、いづれは大人が戦う。
とグリリバさん司令官から説明があったけれど、

子供が大人を守る。
その子供が、小学生という時点でついていけないかも。
少女変身モノで、子供が世界を守るというのが当たり前のように、テレビ画面に映し出されているのに、
どうして無理だと感じたのかはわかりません。
親(のような保護者が)がいないと生きていけない、大人に守られるべき小学生が、
「お父さんに褒めて欲しかった」「お父さんの役に立ちたかった」
のような学校のテストや(テストは自分のためにやるべきものだと思うけれど)
お手伝いのような感覚で、命をかけちゃうのが嫌だったのかも。

自分の子供の命が危険にさらされて、やっと事態の深刻さに気づけたように見えたお父さんにも疑問。

また、秘密基地の警備が、中で働く人たちを含め、ずさん過ぎ。
べらべら機密事項をしゃべりながら、隠し扉に、周りを注意せずにあける、ロックしない。
ゲートを突破してもアラームがなるぐらいなら、手榴弾でも投げ込めば、ゲート機能だけでも破壊できる。

子供、子供、次の適合者も小学生。二話からのEDで、嫌な予感がしました。

投げたくなりながらも、
鉄道、新幹線のしばりから産まれるデザインと(制限があるほうが、面白いものが出来るなあ)、
4話を過ぎても出てこない、「黒い新幹線」のなぞが明らかにされるまでは見るかな?
でも4話まで行ってこの状況、ということは、2クールもしくは4クールもの? 
投げそう、投げたくなってきた……と気力を挫かれながら、
憧れの大阪から熊本、鹿児島を結ぶ九州新幹線が変形するところを見るまでは、続けると思います。
CMで、子供のころ遊んだプラレールが、形を変えながら現存していて、
くまモンラッピングカーまで出ているのには感激しました。

見ると書いちゃったばかりに、
視聴を切らずにいてくださっているになになさま、私の感受性がニブくてごめんなさい。
自宅で鉄オタサミットを開いているような親戚から、少なからず影響を受けた
鉄道オタまじり&九州新幹線に奇妙な思い入れがあるなど、他に興味がないと、
この番組は苦しいと思います。

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。