お決まりの日々?

モモの節句でございます。

利休忌

お茶のお稽古の日と利休忌が重なったので、お茶とうをさせてもらいました。...

朗読会のお手伝い

今日は一日、朗読のお仕事でした。私が読むわけではありません。朗読の先生に、今回も音響をご指名頂きましたので、頑張ってきました。(あとは荷物持ちとか、舞台セッティングのお手伝いとか)音響、といっても使うものは、スピーカーが大きめのCDラジカセ。専門の機械の使い方は学んだことも、使っているところも見たことが無い私ですが、使っていただける理由があるとすれば、上達の様子が遅々としてみなくても、朗読ということ...

一万人の第九

今年は10何年ぶりに参加します。母に誘われてもずーっとスルーしていたのですが、来年もあるかもしれないけど、後悔残したくないからね。(母は今のところ元気です)……という気持ちでいたのですが、ちょっと面倒になってきました。ふーーという話。言えるだけ贅沢、ということは理解したうえでの、甘えみたいなものだけれどね。母は歌のレッスンが好きだ。初めは、ママさんコーラスであったか。そこでできた友人との関係が良かった...

涼しさを感じさせる工夫

湿度が高く、気温も高く、だるい朝。お茶室に入れば、すっきりした花に迎えられた。まっすぐに伸びた緋扇水仙は、夏らしい朱色をすうっと高く上げ、葉もすぅーーっとまっすぐで正しく気持ちいい。絽の着物のご婦人が姿勢を正して、すっすっと通り過ぎていかれるのを振り返って見てしまう気持ちに似て、体感温度が下がる気がする。(月曜日、人身事故の影響でダイヤが乱れ、口に出しては言わないけれど予定が狂った不満と、 あふれ...

雨茶

雨の音は嫌いじゃない。お茶室で聞く、「しとしと」と平仮名表記したくなる音は、落ち着くので好き。静かに沈みがちな空気を裂くように衝撃的な今日のお花。穂が出たまっすぐな縞葦にどくだみ、目に炸裂するバラの赤。すっくりとした直線に、重心に配置された鮮やかな原色。強いが腹の底から炸裂しているので、どっしりとした安定感がある。その落ち着きのせいか、現代的な幾何学さが、いつもの穏やかでそれでいて角ばった床の間と...

半年ぶりの炭手前

「次は桑小卓をします」「灰は間に合わないわ、6月からでごめんね」という先週のお話だったのに、早っ!(先生はジェバンニだったのか…)体調がすぐれず、今日は着物を着られなかったということなのに、ありがたいことです。「中仕舞い」のさらいをさせてくださいましたが、風炉の炭手前はすっかり記憶のかなたに~と思っていたら直前にノートを見たのが良かったか、「覚えているじゃない」とお言葉を頂き、ホッ。今日のお花はあ...

薫風自南来

5月です。先生が体調不良&ご多忙のため、灰を作れなかった、とのことで、電熱器と紅鉢風炉。炭手前が無い分時間に余裕ができたので、水屋のことを丁寧に教えていただきました。半年ぶりの風炉は、意外と覚えているところあり、スコーンと抜けているところもあり。強風にあおられ、お庭にある先だけが赤くなったもみじが、可哀相なほどなぶられてました。お庭も道もお花がいっぱいで、風は、花の香りに染まっていたなあ。...

次からは風炉

4月は炉から風炉へ移り変わる間の季節。2週間前の稽古では、久しぶりの旅箪笥や、五徳を外され、常とは違う勝手の炭手前も、鎖の上げ下げを意外と(注:私にしては)中心のところは覚えているものだ(慣れとはすごいもの)と思ったが、順序をさらうだけのたるんだものにならないようにとの心か、前回と炭手前をを変えてこられた。今日は先輩が羽根香合で、私が後炭だった。かなり間違えてしまったが、おかげで眠気がふっとんだ。...

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。