お決まりの日々?

モモの節句でございます。

桜ゾフィの教育が正しかった(2014花エリザ その3)

 2014年花『エリザベート』話、続き。 この公演のゾフィが好き。ゾフィに肩入れすると、非常識な嫁にうんざりする。 予定通りヘレネが嫁だったらどんなに良かったか!  番狂わせであの足らないわがまま娘が嫁になったとしても、せめて跡継ぎの教育をきちんとしていれば! などなど、計画通りには行かずに来てしまった嫁がもたらしたハプスブルク家の悲劇について思うと、その女性についてはいい印象は抱けない。 個人として...

花2014『エリザベート』(その2)

 2002年花組東京宝塚劇場のプログラムを出してきた。 東京公演のプログラムだから舞台写真が載っている。 霊廟のシーンでみどりシシィが泣いているシーンの写真、見るだけで当時の気持ちがよみがえり、泣けてくる。 大鳥さんへのインタビュー、トップ娘役としての自己採点、技術点は70点(高すぎかと自己つっこみあり)、魂は95点くらい。  そう、大鳥れいさんの芝居は、魂からほとばしるエネルギーに満ちていた。 公演が終...

花2014『エリザベート』(その1)

 『エリザベート』のチケットを、入手してもらえ、観劇が叶いました。自力では無理でした。 ありがとうございました。 全体的には低調。 でもすっごく好きなところもある! 絶賛脳内リピート中だモン♪ 歴代最高のシシィ役者という話がでているらしいが、少なくても今日は思えず、 良くないという話を聞いていたエトワールは、やっぱり役代わりをしたほうがいいと願った、 子ルドルフは、とうこさんやグンちゃんが演じたす...

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。