お決まりの日々?

モモの節句でございます。

蔵等後 最後まで見た

夏がきたぜという感じで、気温が上がってきた。
熱くて目が覚めると、ゴルフをやっていた。
今日はシンケンジャーはお休みなのね。
シンケンジャーは二週貯めているから、久しぶりにリアルタイムでディケイドを見よう、と
そのまま付けっぱなしにしていると、いつもは7:58に入る
「仮面ライダーディケイド。この後すぐ!」が7:56で撮り損ねた。
7月分のは先週捕獲してあるから合成しよう。

ディケイド枠で暴れる次郎さんに朝からたぎらされた。
また電王?と思ったら、己の作品だから遠慮なく、
「役立たず」と言い放ってくれてしびれた。

ディケイド枠で見る殿もいい感じ。ジイと喧嘩しているのもかわいらしい。
殿以上に態度がでかい黒子(士)と、同じ目線でぶつかってくれそうで楽しみ。
士の「大体分かった」は、速攻嘘だと突っ込まれていて、
『ディケイド』のキャラクターに戻ってきたなあと思った。
(先週の物知り説教男は、熱でもあったのだろうか?、と熱がある私が書いておく)
突っ込んだ人もお兄さんのことは吹っ切れたらしい。

もしや、これまでの4週は夢だった、というオチ?


夢オチといえば、
やっと蔵等後を最後まで見ることができた。
内容が好みじゃなかったので、続けてみるのがきつかったのだ。

今回見たのは放送最終回の「総集編」。
この番組、最終回とした本編の後に、一年前とした番外編、総集編を
放送するという構成で。


=本編のあらすじ(?)=

「この町は好きですか?」
と、主人公に尋ねてくる女性、それが出会いだった。
女性は、治療法のない虚弱体質であり、ますます体調を崩したところで、
主人公と結婚して即妊娠する。
母体に危険が、と指摘されたが、
赤ちゃんを自宅出産してあげたいですぅ(はぁと)とドリーミング爆裂、
回りも応援ムード一色だった。
どこで趣旨換えしたのか、病院で産みますと決意して視聴者をほっとさせたものの、
予定日より早く陣痛が発来。大吹雪で車は動かせない。
しかし助産師さんは来ることができ、
当初の希望通り取り上げてもらったが、妻ははかなくなってしまった。
妻を失ったことにショックを受けた主人公は、妻の両親に赤子を渡し、
傷心の一人暮らしで仕事に逃避していたが、
妻の母の策で、5歳になった娘と引き合わされる。
さらに、断絶していた祖母との再会も、妻の母の手助けで叶い、
娘とともに生きる決意が固まった。
が、幸せはつかの間、娘は妻と同じ治療不可能の難病を発症し、
雪の日に死んでしまう。
俺の人生ってなんだったんだーー! 
妻はこの町が大好き、と言ったが、この町は俺達を呪っている!
……と思ったら夢で、
妻は出産の際、命を落としてもなかったし、
娘は病気一つしたことのない丸っきりの健康体だった。
俺もこの町が好きだ。

長々書かれた妻と娘が死ぬ話が夢なのか、
後のか・ん・ぺ・き幸せが、余りの悲劇に発狂した主人公、
『ネオファウスト』のまり子のように、が見ている幻想なのか、
横目でみていたから、今でも私にはわかりません。


<苦手だったわけ>

ファンシーな内容がしんどかった。
でもアッキーはまともに見えて好きだったので、最後まで見ると決めていた。
好きな人がいるのも分かるけど、好みの問題だから。

病院で産みます、と言い出したところで、ほっとして、
そうだ、幼少時からの、往診もしてくれる主治医の勤める
大病院の産婦人科に入院しろ、今すぐしろ、
妊娠出産なめるな!とイライラしぱなしだった。
音楽や主人公の独白は、彼女が死ぬことをこれでもかと雄弁に演出し、
死にますよ、悲劇きますよ、とあおっている時間が長くて
うっとうしいことありゃしない。

主人公発狂エンドのほうが物語としてまとまりそうだが、
「親は自分の夢を子どものためにあきらめたわけじゃない、
 子どもの夢を自分の夢にしたんだ」というようなことを叫んでいた
アッキーは、自分の夢が死んでしまったらどうなるんだろうなあ、
(もともとの夢に戻るには年齢が……。やる気になればいつでもOK?)など
考えてしまったので、
やったらリアルな夢だったぜ、ふううっ、という夢オチ、もしくは、
俺達を愛した町が僕らに奇跡を起こしてくれたんだぜ、やっほーいの話だったと、
私の脳内では確定されました。(たまに挿入される少女とロボットの話も、
 ロボット=町、とするとつながらないこともないような気がする。
 アッキー関連部などを2時間未満に圧縮したものしかHDDに残ってないので
 分かりません)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2661-6d73a849

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。