お決まりの日々?

モモの節句でございます。

2009 SUMMER in OSAKA 2nd and The Last Day

つなげるつづける。踏襲する。楽しかった時間への感謝と今後の期待をこめて、昨日と同じところを
大阪二日目。
そして本日をもって、「FEEL SUMMER LOVE」は閉幕となりました。

(一日目と同様、レポはかけないので、脱線しながらのつれづれ感想です)


「浴衣を着れてゆかった」 by けんゆうさん @昼の部エンディング

本日のデュエットは、
浴衣姿のけんゆうさんとSHOWさん、SHOWSさんと女性ダンサー二人の早変わりつき。

その前のミニドラマコーナー一つ目で、唐突に浴衣の話題が出て、
お祭りを盛り上げるために大文字焼きを作り、雨を呼んで消火した白龍役さんが
浴衣が好き、と唐突に話を振られ、ご一緒したK様が「よかったですね」という笑みで
こちらを見てくださり、この展開は何かある何かある、と思っていたのですが、
浴衣deデュエットを踏まえての前フリだったですね!

けんゆうさんの浴衣はSHOWさんのお見立てだそうです。
お二人とも、「渋く」(SHOWさん談)、決まっていました。

昼公演は師匠がA席抑えて下さり、浴衣の人手を挙げてで、ひじが出ちゃうから
控えめに挙げてみたのだけれど、エンディングで、に私の「方向」にも
けんゆうさんが指差して下さったので、その辺り一帯と分かりつつも嬉しかったり♪
私も「浴衣が着れてゆかった!」

キャストの歌も、一日目とすべてチェンジ。

昼公演の、Call and Responseコーナーは、ネオアンジェリークチームが担当。
お題は、昨日のぼくらの行動。
楽屋で乾杯→焼肉(食べた肉の種類を順にコール)→「タクシー乗ってローソンへ」→飲みにいく→「タクシー乗ってローソンへ」

仲良しキャストが連日公演をして、連れ立って出かけご飯を食べたりすることを、
15年前は未成年だった木村さん(だったと思います違ったらすみません)は、
修学旅行のよう、と表現されたけれど、ステージ上でも仲のよさが伝わり、
もう特訓の末ピアノ引き語りをやり遂げた、いとけんさんの頭を谷山さんがよしよしして、
二人で抱き合ったりと仲間の成功を喜び合う姿が温かい。
某Oさんは、ライブ前日にご飯をご一緒した先輩方と
三人でお好み焼きを食べながら、声優業界のことなどをお話されたそうです。

会場も心のなしか昨日の極寒状態ではなく暑い位でじわっと汗ばむ。
冷気は下にたまるので、Cブロックが寒かっただけ?と思いもしたが、
Cブロックで見た夜公演でも冷えすぎるということはなく、ストールも必要なかった。
スタッフサイドで調節してくださったのかな?


昼の部と夜の部の間にメールをしたら、
お宝ちゃんとオタカラ(オタクカラオケ)を楽しまれている豆子師匠から
すぐに返事が来ました。


昼公演エンディングの「夜公演の当日券があります」告知を、
舞台下手端の木村さんがすると、上手にいたるまで全てのキャストが
それを拾って続けていく面白さで会場を沸かせ、
上手端、トリのSHOWさんが、そんなことを言ったって予定のある人もいるんだから、
彼氏とのデートの約束を反故にしてはだめですよ(ニュアンス)で、
そうだけど、SHOWさんが言うなら、彼氏放り出しちゃう~と
購入意欲をあおるホスト戦略で締めておられたが、
で、その後始まった夜公演のオープニングも、
木村さんの台詞、全員で拾いますよな勢いは食いつきぶりは、
クレッシェンドで終わった昼公演そのまま。
下手端木村さんが、夜のオープニングトークで
客席に向かって「俺のお宝ちゃん」とキャラクターとして呼びかけたのを、
以後の先輩方キャストが、全力で拾う。
オールキャストによる、「お宝ちゃん」。
昼の勢いのままなだれ込んだような夜公演が始まった。
いよいよクライマックス!

「お宝ちゃん」が出る状況は知らないので、想像するしかないのだけれど、
キャストが「お宝ちゃん」と発語されるたびに、
馴染んでいる「お宝」発言、ディエンド海堂の「お宝」がかぶり、
すぐ前にいただいた、
その時も大絶賛燃え上がり中であった師匠@花柄さんソング熱唱中のメール、
「オタカラ」が浮かび、偶然に感謝しながら
笑いのツボを刺激されていました。

ナーサティア様は、キャラクターメッセージ朗読でも「お宝ちゃん」を入れてくれました。
基本メッセージは昨日と同じだけれど、アドリブ加えたりで。

キャラクターメッセージの独自アレンジで盛大に笑いを誘っていたのが、
動きと口効果音で状況説明をミニドラマ仕立てにした、本日昼公演のウチダさん。
「ぶっぶー」と車を運転するそぶりで登場、手にした台本は広げず小道具扱い。

それでキャラクター像を破壊したお詫びと、
昼公演でその後歌われたキャラクターソングは、
スーツにネクタイ、髪型まで完璧なコスプレで。
どこでまちがったか仮面ライダースーツ好きになってしまいましたが、
紳士物スーツ好きは、モビルスーツ以前よりで年季入ってますから。
身体に合ったスーツを着用されているだけで、
男性は4割素敵に見えます!いやマジホント。
いつも見慣れたわが父(ローゼン閣下と同じ年)でも、
職場で身にあった制服を着用したり、冠婚葬祭でスーツを着ると、
あら素敵です。もしや閣下ファンになってしまったのは、
スーツ好きが高じているのかと疑念が生まれるほど、スーツは良いものです!
スーツ・サマー・ラブ! 夏のスーツ映画(ディケイド)も見に行かなくっちゃ。

夜の部のミニドラマ、ウチダさんの語りででと台本に指定があるロールケーキネタ。
ウチダさんのブログにある、ロールケーキ、
昨日K様のお宝さんにいただきました! 
私も知らずに、ロール・ケーキ・ラブ状態!
夕べも、今朝も、帰宅してからも美味しくいただきました。ご馳走様でしたvv

そのウチダさんは夜公演のキャラクターソングコーナーで、
金のスパンコールのガウンを羽織って登場。
昼公演で夜はもっと凄いと予告をされていたのは、これだったのか!
このガウンは、石川さんに借りられたそうです。
お祭りを全身で表現されていてにぎやかでめでたいけれど、
コスプレ、大変似合っていたのにな、と残念に思っていると、
アンコールのメドレー(夜)はコスプレで見せてくださいました。

本日のいとけんさんは、電子ピアノで演奏しながら歌うスタイル。
キャラクターに近づこうと特訓されていたそうなのですが、
昼公演では失敗したと悔やまれていたのを、
「皆さんのお陰で」とリップサービス付で、夜公演では大成功!
エンディングで、自分がミスするとすかさず、
バンドのキーボード担当メンバー二人がフォローしてくださったと
照れた表情で感謝を述べられていました。

キャラクターに近づこうと頑張る方も、
キャラクタークラッシャーとして、笑いをガンガン奪っていく方も、
やるならトコトン精神が見えて、観客としてはどちらも大歓迎!
個人的には、ええっあのキャラクター(人)がこんなことを!という驚きの方が、
好きかも。関西弁ではしゃぐ白龍、似非外国人風発音をする白龍という
凄いものを見せていただいたからかな?

締めはやはり、SHOWさんが持っていかれました。
昨日昼の大阪開幕は、「終戦記念日」。
横浜をあわせての千秋楽の本日は
「ジュリアスSUMMER、(お誕生日)おめでとう」。
15年前CDドラマで始まったというネオロマ、初回作から深く関わっておられたのに、
ネオロマ系イベントは、他の作品を知らないから、と言う理由で参加されておらず、
今回が初参加。初参加の感想は、「後悔した」。
こんなに楽しいのなら、もっと早く参加しておけばよかったと「後悔」されたのだそうです。
このイベントをキャストが客席の皆が楽しめたのは、
とてもたくさんのスタッフさんの力があってこそ。
楽しかったーだけじゃダメなんだよ、と昨日も今日も、教育的指導をいただきました。
親や学校の先生の言うことは拒絶しても、
好きな人(声優さん)のいう事なら聞けちゃうというところは、
過去の自分を思ってもあるからなあ。
届ける力がある立場だから、少しでも若い世代を育てていこうという
年長者の気概を感じさせられました。
私も含めて子どもみたいな子どものままの「大人」が多いから、
大人の視点を持っておられ、かつ分かるように伝える大人の大きさを
備えておられる方は実に大きく見え、厳しさの中にある美を感じます。

夜公演締めのCall and Responseは、SHOWさんとけんゆうさんで、
同じ台詞「愛してる」を、別の言い方で、高く低く、感情を変えてと、
ここでもご教授いただけたような思いです。
色彩が少しでも増えると、日常生活も変わる。
言い方が違うと伝わる思いも変わってくる。もちろん気持ち先行だけど。
お二人のレッスンで、ちょっと豊かになれた気がする。

でもって、ダジャレ(親父ギャグ)が、キャストとしてもキャラクターとしても
スターマイン20連発のようにガンガン打ち上げられた本公演の
締めのダジャレを、SHOWさんが決められて、ずっこけた覚えがあるのに、
……思い出せない。

ダジャレといえば、白龍が「あなたはワイン?」とレインにボケて終わるコントを
考えたヒトはすごい。
選曲を間違えたかもとCD再生したときに起きた客席の手拍子に
「そこ、手拍子するところじゃ、ない」と白龍としてアドリブで突っ込まれた
キャストの方もすごいよ。

(酒ネタ×「Feel Summer Love」→「ビール・サワー・ラム」の
 酒尽くしもあったなあ)


他作品で個人的に馴染みのなかった声優さんは、
それゆえ発見が多くなるので偏ってしまったけれど、
すでにお姿を知っている認識できている声優さんにも、
さすがと、楽しませていただきました。
(声で認識できる声優さんはお二人だけという壊れた声優絶対音感なので)

ひろきさんは、客席と呼吸を合わせて、ノリを引き出すのがとても上手。
ひろきさんが出てくるだけで、客席の温度が上がるのが分かる。
パンチのある歌声で、ガンガン客席の気持ちを燃やす。

とりうみさんで印象が強いのは、
ラッキー千石とアリ(『電王』のアリキリちゃん、大好き)で、
あのアリちゃんがこんなことを!(失礼すぎる。ファンの皆様すみません)
という驚きと、確かな技術にさすがだと感嘆しながら聞き入りました。

中原さんは、トロアというイメージが強くて、トロアは相当に変な子だと
伊達様から変な美形が好物になってしまった私は気に入っていたのですが、
今回の四公演でトークを聞くたびに、声の人は天然?と思わされました。
不思議ちゃんで何が出てくるか分からない魅力があります。
昨日昼は、大阪入りをした金曜日に、川べりを歩きながら自分のキャラソンを
歌っているとこうもりがいたので、ラッキーと思った(意訳)というエンディングトークをされ、
夜公演でもこうもりでいじられていたし、
今日昼のエンディングトークは、朝起きたら雨が降っていて、
天もネオロマライブ2009サマーが終わるのを悲しんでいる、涙雨だと思って、
大丈夫、追加公演があるからね、天に向かってと言えば晴れた、的なことを言われ、
観客もキャストも唖然。
下手端におられた司会をされていた方が追加公演はありませんと否定され、
キャストからも9月に15周年記念ライブがあるからと、フォローされ。
得がたい魅力で、人気が有るのもわかります。

谷山さんは、昨日書いたことと変わりなく、別格の上手さ。
本日昼のエンディングで昨日ネオロマ史上に残る問題行為をとお詫びをされていて、
それは私は、乙女や姫(と言う設定)である客席に、
Call and Responseで、エ□系台詞を強要したことか、と思ったのだけれど、
二日酔いで登場、両隣のキャストが冗談で酒くさーと距離を開けたことなのかしら?
(私に質問してくださった昨日不参加のお嬢様方に、最初の方を
 「んとね、濡れちゃった系?」とお伝えして、 「ああ~」と納得されたご様子でしたが、
 二日酔いの方だったらごめんなさい。
 このお嬢様方、昼公演終了時「やってられるかー」とショートカットを試みた
 私の後に続いて来られた方なのですが、「やってられるかー」まで
 真似してくださるノリの良さ、そしてお礼まで言ってくださる礼儀正しい方々でした。
 客席のマナーが(えむのときと比べると)良いとK様がおっしゃっていましたが、
 スタッフさんやキャストからの「お願い」という教育効果あってのことかしら??)


さて我らが花柄の君様は今日も花柄満開、
豆子師匠にメールでいただいたとおり、
四連発花火状態のお衣装も、日替わりで楽しませていただきました。 
SHOWさんとベルトとチェーンが色違いだよと、
ご本人ブログにお写真で見せてくださっていたが、
チョイスが似ておられるのか、なんとなく今日の衣装も似通っているような??

衣装替えも多くて、今日のオープニングでは
オープニングではピンク地の花柄シャツに白いパンツだったのに、
歌コーナー(前半)では白い光沢のあるシャツにブルージーンズ、
などなど、二日間、四公演を見られて良かったなあと思っています。

15日 歌:ナーサティア『砂塵の城に立つ』。
 昼:キャラドラ(白龍・土浦梁太郎)
 夜:キャラメッセージ(ナーサティア)

16日 歌:白龍『天泣の涯てに』
 昼:キャラドラ(白龍・月森 蓮・レイン)
 夜:キャラメッセージ(ナーサティア)


昨日の反省を踏まえ、チケットは不透明の袋ではなく、メッシュのポーチに入れ、
オペラは、野球観戦用購入した、重量級(古いものだからね)も、
昨日忘れた、遙か祭2008で購入したペンライト、
昨日は寒くてたまらなかったので、ショールと魔法瓶に入れたホットドリンクを持参。
足袋も履いて防寒対策ばっちり。……逆に熱かったわ~。

とても楽しそうな某Oさんの笑顔を、昼公演はオペラ要らずの席だったし、
夜は重いけどハイパーなオペラグラスで昨日以上にたっぷりたっぷり、
素敵なお声とともに堪能させていただきました。
アンジェリークのキャラ設定は、他ジャンルがメインな同人作家さんが、
ルヴァ様がお好きで、個人誌を読ませてもらったので、なんとなーーく分かるのですが、
ネオアンジェやコルダはさっぱりわからない状態(なので、
 師匠の好きなキャラもわからなくてメールでお尋ねしました)、
ネオロマライブも初参加で、お別れの曲はいつもの、に客席が反応していても
昨日昼の時点ではさっぱり、だったのですが、
そこは演じ手として出演されているライブですから、
公演で見せてもらっているうちに、回を重ねるごとに、
見たこともない作品のキャラクター像が、その輪郭がはっきりしてきて、
分かればいっそう楽しい。
元来のお祭り体質も手伝い、ちゃっかり乗らせていただきました。
(へたっぴだけど身体を動かすことは好き)

某Oさんがご出演されている姿を見るだけで、トークで、演技で、歌で
お声を聞かせていただけるだけで楽しめる、という確証はありましたが、
期待していた以上にとても楽しかったし、
どなたが演じているのか調べようともしなかったので、
意識レベルでは認識できなかったネオロマ声優さんの魅力を、
ちょっと、でも着実に一歩分知ることが出来たように思えました。
次のライブにも、是非行きたいな。

「大阪、サイコー」@千秋楽公演での二回目のアンコールでの退場時。
是非また来て下さい!
(最後に上手に退場したSHOWさんは投げキッスをしていかれて、
 宝塚歌劇のスターさんみたいと思いました)

最後になりましたが、
チケット確保をはじめ多方面で支えてくださった豆子師匠、
両日ともお付き合いくださいましたK様、本当にありがとうございました。
個人的に残念なことがあったばかりなので、K様に話を聞いていただけて、
そしてロールケーキ(笑)だけでなく、希望もしっかりいただき、
楽しいだけでなく、楽な気持ちにもなることができました。
参加されていた、私もお会いしたことのある某Oさんファンの方々、
声優絶対音感がないだけでなく、人を探すことも苦手な私は、
ちっとも気づけなかったのですが、K様は気づいておられたみたい。
次の機会には、ご挨拶だけでもさせていただけるとイイナと思っております。

楽しかった空間を、時間を構成していた全ての皆様、お疲れ様でした、
そしてありがとうございました。
個人的メールは明日にでも。

*Comment

花柄祭!! 

フルスロットルで満喫できたみたいでヨカッタ♪
知らないキャラでも楽しんじゃえ!という、たまりょサマと、楽しんで帰れよ~というキャストの方々とのコラボで、より良い一時が過ごせたのだと思います。
癒しになりました?
(バッチリという声が聞こえてきます/笑)
DVD発売が楽しみですvvv

  • posted by 豆子 
  • URL 
  • 2009.08/23 19:42分 
  • [Edit]

ありがとうございました 

  豆子師匠のお陰で楽しい時間をすごせました。
同じアホなら踊らにゃ損損の関西人気質ゆえでしょうか? 知らなかった曲もありましたが、昼夜同じ歌だったことが幸いして、夜にはすっかり馴染みの曲、恒例のお別れの曲に到っては、踊るは飛ぶわで馴 染んできました。
ありがとうございました。

 次の機会にも、ぜひ参加したいと思います。またご協力よろしくお願いします(←コレコレ)
  • posted by たまりょ 
  • URL 
  • 2009.08/24 18:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2712-ee390017

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。