お決まりの日々?

モモの節句でございます。

お宅訪問、ありがとうございました。

二月に一回は、宝塚観劇などでお会いしている先輩のおうちに久しぶりに行きました。

ハイハイしていた子どもが、立って走り回ってカメラを持ってはしゃいでいるっ!

子どもに「たまりょちゃん」と呼ばれる快感。お友達みたいに接してくれてありがとう。
先輩がそのように教えてくれたみたいで、その教材であるアルバムを自分で持ってきて
見せてくれました。
先輩の両親が見えたときには、彼らが彼女のために購入したおもちゃを
全部持ってくるのだとか。
先輩とお話がはずんで、彼女の方に注意がいかなくなったな、と思えば、
DVDを見てくると向こうのお部屋に行く。

大人の空気を敏感に察知できるんだなあ。大人だけじゃなくて、
同じ年頃の子どもたちにたいしてもそうなのでしょう。
先輩は保育園などを利用して共働きをされているのだけれど、
集団生活の中で、彼女はそれとなく、他人とともに時間をすごすスキルを、
身に付けているのだなあと思いました。

職場に子どもをつれてくるお客様もいますが、中には驚くような子もいます。

彼女ははしゃいでもいいときは思い切り飛び回りはしゃぐ(ので、カメラが追いつかない)。
健全に育っているのだろうなあと、うらやましく思いました。
楽しいだけじゃないことも分かるけどね。

結婚してできること、できにくくなったこと、
子どもができて広がった世界、行きづらくなった世界。
何かを得るためには、何かを失うというのは、真実だと思ったけれど、
まるっきり失うのではなく、気持ちを残しておけば未来につなげることは
できそうという希望もいただきました。
美術館は、子どもがおおきくなったあとに、夫婦で出かければいいけれど、
動物園、水族館、テーマパークは今がいいよね!

私は何をやっているんでしょうね~と、子どもの変化を目の当たりにすると思います。
彼女は人生の美しい時期に向かって希望を持って育っていく、
私は山という山もないうちに下り道。
結婚が全てと思わないけれど、一方的にドキドキをもらう立場じゃなくて、
与えることも出来る立場でもありたいと思ってしまいます。

最後になりましたが、すっかりご馳走になった上、長居させてくださり、
ありがとうございました。
桜の時期、お花見に伺わせてくださいね。

あの「花畑牧場のキャラメル」もいただきました。子どもさんは口に入れたものの
好みじゃなかったようで出していたけれど、私は美味しくないとは言わないけれど
高いなーというのが感想。

文中の先輩は、これまでも何度も出させてもらった先輩ですが、
どなたかわかってしまいそうという指摘を受けましたので、今回は「先輩」とだけ
記します。

候補
・麻子さんファンの先輩→A先輩
・歌劇ファンの先輩→K先輩

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2769-2fa804b5

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。