お決まりの日々?

モモの節句でございます。

屋久島一日目(一日目)

屋久島では午前中大雨で、到着時の午後の屋久島では雨は止んでいた。
朗らかなご夫婦と、添乗員さん、タクシー運転手さんと、ガジュマル園といなか浜へ。

私はガジュマルの鉢植え「がじゅ」(名前)と9年仲良く住んでいるのだが、
凄い潜在能力に驚かされる。
防風林として植えられたガジュマルは、枝から空根をぐいぐい延ばして、地面と繋がる。
他の樹に巻きついて絞め殺す。枝を根を大胆に延ばして領域を広げる、
「歩く木」と言われるほど落ち着きのないガジュマルと対照的に、
仲間のアコウは自分の幹を太くしていく落ち着いた振る舞いをする。
仲良く合体した樹もあるし、最強ガジュマルから落ちる葉っぱを美味しくいただく
シマオオタニワダもいる。これは長い葉っぱをコスモスのように広げて、
中央部にガジュマルの葉を集めて、養分を吸収するたくましさ。
ガジュマルが生えると、土はガジュマルの根によって埋め尽くされ、
他の植物はやられてしまうのだそうだ。

これは面白い、と「私の庭」に「がじゅ」を地植えしたくなったが、
本州ではこのような面白い現象はおきないのだそうな。
コケもそうだが、屋久島以外では生きられない植物たちがゆかしい。

こんなところにもガジュマル! たくましさに惚れ惚れする。
拝趨工の中にも力強く光を求めるガジュマルさん

このあとは永田浜に移動する。車窓からは口永良部島が見える。
屋久島には幕府の事業所があったが、口永良部島にはないのを利用して、
密貿易をしていたとタクシーの運転手からうかがう。
釣りに適した島で観光客も多い。
口永良部島は屋久島と高校区が同じ。屋久島には高校が一つしかない。
日に一往復フェリー太陽が生活物資を運んでいく。これが島の生命線である。

永田浜では、外国人観光客(欧米人)が、波の近くにいるが、
海に余り近づかないようにと注意を受ける。さらわれてしまうことがあるそうだ。
うみがめの産卵で有名な浜でテレビでもよく映されているが、
実際はお尻を深く砂の中に埋めて産卵するので、
テレビの映像で見られるようなのではない、あれはテレビ用に、母亀の後ろの砂を
人間が掘って取り除いているのだのだそうな。

屋久島うみがめ館にも寄る。
スタッフが不足のため、開館できる曜日が限定されている。
ここでは小亀が見られる。剥製もある。
アカウミガメとアオウミガメの違いは、食べ物の違い。
アカは歯がなく、固い口蓋で貝を割ってたべる。そのため顎が発達して
頭が大きい。アオは顔を岩の隙間に突っ込んで海藻や藻を食べる草食系で、
口先がとがっており歯がある。
亀の頭蓋骨を後方から見ると目の方向に向かって大きな穴が二つあるが、
これは首を持ち上げるための筋肉であり、その間にある小さなくぼみに
小さな脳がある。
狸の剥製がある。狸は本来屋久島にはいない動物であり、これによる害が大きいらしい。
小亀はアカとアオと、二つのハーフがいる。
おなかを見ると白いのがアカ、黒いのがアオ(だったかな?)
アオウミガメが父、アカウミガメが母のハーフはその中間の色をしている。
歯は父譲りであるようだ。
スタッフがつかみ上げると、背泳ぎをするように大きな前足をいやいやと振り回すのが
なんともかわいい。
寝るときは木の葉に擬態する。動きが早いので写真はブレて使い物にならなかったが、
動画にかわいい様子を残すことが出来た。

この後翌日の予定を聞き、レンタル予約したものを受け取り、だが、
下船時から発生していた頭痛がこの頃クライマックス。
私の宿泊先のホテルでタクシーで添乗員さんとタクシーから降りる。
同じツアーのご夫婦はそのままタクシーで彼らの宿泊先に向かう。
ご夫婦と明日の行動予定は同じだが、グループが違うので別行動になる。
セデスGとパリエットを飲んでも気休め程度にしか効かなかったこの症状は脱水だと気づいて、
水をこまめに飲み、夕食の時間まで寝て回復を図る。
波の音が心地よく、すぐに寝入るが何度もおきる。
しかし夕焼けを見逃してしまった。

18:30と夕食の時間が来たのでご飯を食べようとするが、味がしないほどに気持ち悪い。
それでも添乗員さんオススメの首折れさばを、オプションで注文してしまった。
残すのは嫌だが、食べると吐きそうになるのでもったいないけれど残す。

その後寝て、やっとお風呂に入って、部屋に戻るがなかなか汗が引かない。
やっと眠れたのは12時を超えていたと思う。明日は3時半起き。

(二日目に続く)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2819-e337fa4d

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。