お決まりの日々?

モモの節句でございます。

外国人住民基本法



・民主党現職議員(円より子)が用意している。
 参議院にすでに請願済み。(PDFファイル
・不法入国でも、不法滞在でも、犯罪者であっても、日本を敵対視していても、
 5年以上日本にい続ければ、申請さえすれば例外なく「永住外国人」として、
 日本国籍を与える。
・永住外国人の配偶者は3年間日本にいれば、永住外国人となる。
・日本人固有のあらゆる権利も、等しく認められる(第8条)
 国政の選挙権はもちろん、被選挙権、公務員になることも可能。
 生活保護など各種保護も、日本人と全く等しく受けることができる。
・ 元の国籍が剥奪されることはないし、その国籍に基づく選挙権など、
 国民固有の権利も守られる。
 (在日韓国人は、韓国での参政権が認められたので、日韓両方で投票することが出来る)
・いかなる理由があっても剥奪されることのない権利である。
・外国人が「差別」されていないか、審議する機関を設ける。

自分の(生まれ育ち)現在住まう国を愛していないどころか、ぶっ壊したいと思っている人、
大切にしたいと思うどころか、ないがしろにしたい、潰してやりたいと思っている人でも、
日本の国政、地方の政治に、日本人と同じように参加できる法律は、
とても危険だと思います。

私が知る外国は多くはないですが、アメリカやイギリスの短期留学のときに
出会った外国人学生は、自分の国が、多少の問題があっても一番だと、
誇らしげに語りました。なぜ日本では愛国心をさわってはいけないもののように
取り扱うのか。
小沢さんが歴史的パートナーだと誉めそやす中国も、
(小沢さんは、「キリスト教とイスラム教は排他的な宗教」と落とし、
 仏教は「度量が大きい」と持ち上げもした。海外配信もしっかりされている。
 マスコミはカップラーメンの値段を間違えたことに大騒ぎするのに、これは騒がないのは何故だ?)
鳩山夫妻が愛してやまない韓国も、その国の国民が自国を大事に思うからこそ、
長野の聖火リレーでは、日本にいる中国人を大挙させて、中国の国旗を降らせ、
韓国は民族の誇りをキーワードに、反日活動に熱心でありますが、
どうして日本だけが、いじめられっこのように小さくなっていなくてはいけないのか。

日本人だというと、「日本の技術は凄いね」「日本が好きだからサインして」と
喜んでくれる外国の方と集中的に仲良くしてはいけないのか。
どうして、嫌いだ、と国旗に落書きしてアピールする国に、すりよらなくてはいけないのか、
援助をしなくてはいけないのか。


プルシェンコ選手がロシア杯で復活して、
フィギュアスケートのシングルといえば、ジャンプが華であることを証明するように、
クールにバンバン飛んでくれたのが、とても気持ちよかった。
世界が求めるフィギュアスケートとは、こういうものさ、
もちろん新採点でも僕がトップだけどね、と王者降臨してくれたのが
嬉しかった。
情感やストーリーを軽視するわけではない。それに対しては芸術点がある。
男女の情感を表現するには、アイスダンスという適した場がある。
フィギュアスケート・ペアとアイスダンスは違うものだ。
フィギュアスケートにはジャンプやスピンといった技術要素も大事だろう。
ジャンプも芸術であり、難易度が高いといわれるジャンプが見事に決まったときに、
見ている側に衝動を起こす。
(宝塚歌劇でも、男役トップスター単独よりも、娘役と一緒に演技する方が、
 情愛の面はでやすい)



演技の間中は、彼の作り出す世界に見入っていた観客は、
クライマックス部でハッと気づいたように盛り上がりはじめ、高速スピンに
あおられるように拍手をする。
終了後しばらくして波のように感動が押し寄せたのかてんやわんやの大喝采。
このような演技に高得点がでるような、一般的な、理解されやすい配点にしてほしい。

復活のロシア杯では、薄ら笑いで非難箇所を探そうとするカナダの解説者の眼前で、
とてつもない演技でもって黙らせてしまう。
それを裏付ける確かな技術。よりよいものを求めるあくなき探究心。
インスピレーションは受けても、
そのもの以上のものに仕上げてしまう。まさに変態と呼ぶにふさわしい。
手塚治虫先生もそうだし、シャープをはじめとする日本の技術者もそうだと思う。

浅田真央さんのポテンシャルは非常に高いものだと思う。
偏向報道や嫌がらせに負けず、彼女の持てる力を解放して欲しいと願う。

(シャープさんをはじめとする頑張っている会社の、サムソン訴訟を
 応援しています。私にできることは消費者として製品を選んで買うことだけど、
 誇りを持って買って行きます)


来年こそは、「ポッキーの日」の話題に乗りましょう!
 二年後の2011年は11ぞろいで、ポッキー的な何かがあるのかな?楽しみ~。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2832-a8e7c0a9

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。