お決まりの日々?

モモの節句でございます。

関西文化の日 二日目

いくつかの候補が在ったけれど、今日も建物的に馴染みがある
通勤道にある「大阪歴史博物館」にしました。

閉館後に撮影。入館料600円
昨日の夜更かしがたたって、閉館一時間半前ぐらいになったのを後悔した。
面白いのだ。こちらも一日がかりで見たい。
眼鏡もパソコンモニターをみたり書類整理をするようの度数のもの
(0.7~0.8位であわせてある)をかけで行ってしまったが、
より視力が出るコンタクトか、遠くを見る用の眼鏡を持参すればよかった。

今の住まいを決めるときに、大阪の中心だから、と決めたのに、
その歴史的背景は、なんとなく感じるだけで、今日までは知ることもなかった。
私の足の下に、何があったのか。
それを思うと、縄文杉の7200年(4000年という説もあるが)には遠く及ばないが、
縄文時代から日本人が生きた歴史があるのだった。
このあたりはそのころから海でも湖でもなかったので、遺跡や土器などの遺留品が
発掘されている。

昔から、ガラス球を作ってネックレスにしたり、金で耳輪をつくるなど、
おしゃれで気持ちを高めたり、おしゃれできる身分であるとわからせる武器にしているのも
面白かった。

今も製薬会社が立ち並ぶ町がある。
江戸時代の薬、といえば、漢方薬だから、
日本漢方にアレンジされていった経過がとれる。
この頃はダブルブラインドテストも行い、欧米でも評価されている、
ツムラをはじめとする日本の漢方製剤が、
「ムダ」と保険適応からはずされるとは、怖ろしいことだと思う。

私がレイノー症状から解放されたのも、漢方薬のお陰である。
ツムラの人に、
漢方薬の材料で中国などで作らないとならないものは、
現地でツムラ専用の生薬畑(?)を確保し、土から管理して、
もちろん出来上がった生薬の成分も検査して、
毒性のあるものなどが決して混じらないように、とても厳しいチェックをしている
と聞いた覚えがある。そうでないと汚染されていてとても……と、
その人は言葉を濁した。

近くにいすぎてわからなかったけれど、
大阪も充分に魅力的な場所だと、駆け足で回っただけで強烈に訴えかけられた。
通勤時に、観光バスから降りた海外旅行者や修学旅行生が道に溢れて
困ることもあるし、大阪城公園内は外国語がそこかしこで響くが、
それだけのことはある。

昨日も大阪城天守閣の展示品やそこから生駒山などを望んで感じたが、
テレビドラマで見る「単なる田舎者」でない、施政者としての秀吉の姿があった。
物事を一面的に見ていては平面でしか理解できない。
秀吉以前も以後も、昔の人は熱いなあ、自身の存在と存続をかけて
立ち向かい、苦しい状況に食らいついて上っていこうとしている、と感じて、
今も熱い人はいるなあと気づいた。
何かを成すには、熱さが必要不可欠とは言えないだろうが、
大体においているのだろうと。
ぬるいのは嫌だ、だから日々闘わないと生きていけない生活になりたいか、
と問われれば、いまの「ボケ」がつくほど平和がいい。

今も遺跡の発掘は続いていて、地価の高い土地に残されている遺跡は
そのままに管理されているが、この価値がわからない、どころか、
この文化を憎たらしく思うような人たちが大勢移住してきたら、
真っ先に潰され、埋め立てられ、マンションなどが建つのであろう。
ぞっとする。

1月からは特別展でチベット展をするらしい。
大阪歴史博物館は、犬HKと建物を共有しているぐらいに、
中国礼賛NHK色が強い場所だから、期待はしていない。

が、充分に面白いものであったので、また行ってみたいと思う。
もっと自分の住んでいる場所をルーツを知りたい。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2837-674ff53a

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。