お決まりの日々?

モモの節句でございます。

緩衝(BlogPet)

きのうはみるきぃと緩衝材も設定するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「まりうさぎ」が書きました。


愛華さんのお誕生日に、宝塚大劇場に行って、
愛華ミケランジェロの弟子になりたかった石工ニッコロさんたちを
見てきました。
(愛華みれさん、お誕生日おめでとうございます!)

あれから8年たちました
人は第一印象が肝心、というけれど、
その後も彼女達の芝居を見てきているのに、
どうしてゆーひさんと言えば、ケロさんファンの弟(『血と砂』)
らんとむさんと言えばニッコロ(『ミケランジェロ』)と
2001年の作品が出てくるのだろうか。
(『血と砂』はビデオ視聴のみなのに。何度みたかわからないほどに、
 見たからか)

当時研20などといわれていたらんとむさんは、
ますます完成度と風格が増されて、先生とお呼びしたい域に達しておられましたが、
その人の上に立ってアタリマエと思わせる存在感を生かした役で、
ゆーひさんは、『血砂』で陰のある熱さは存分に感じられたけれど、
W主役の両方とも歌が上手とはいえなかったというのに、なんと堂々した声!
そして彼女のファンが喜ぶ(と私が思う)持ち味を存分に出した役で、
実に素敵でした。

前公演がゆーひさんの同期の麻子さんのさよなら公演で、
ラストデイで同期として花束を渡されたのがゆーひさんで、
麻子さんのさよなら公演に引き続いて、ゆーひさんのお披露目公演がと
思うと、なんともいえない気持ちになりました。
(二人ともどうか幸せで!)

東京でのお披露目公演を麻子さんやあひちゃんは観に行かれるのかなあ。

公演の感想は、思うことがあって脱線は免れません。
小池先生が、与党の政策にSOSを出す意味で、
『カサブランカ』をぶつけて来たのなら、凄いと思います。
(キムシンには、彼の政治的主張を強く感じるが、
 小池先生には今までそのように感じたことはないので)偶然だとしても、
私の中では必然のようにぴたりとはまり、それゆえ一層怖さを感じました。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2864-cd189395

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。