お決まりの日々?

モモの節句でございます。

作り手の意見

1260330378a.jpg

なるほど。
一般大衆への大新聞の情報操作はこのように行われて来たのですね。
戦前も現在も、マスメディアが望む方向の意見は持ちあげ、
インタビュー原稿のコラージュやデータ捏造も嬉々として行う。
批判し糾弾するために、虚偽の証拠を持ちだす、自作自演する。

それを読む読者は、そのような「他人の意見」に毎日接するうちに、
「自分の意見」だと思い込まされてしまう。
すなわち「自分の意見」が「他人」によって「つくられる」。
(カルトの洗脳と同じパターンですな。同じことばかりを繰り返し言われる、
 対抗する意見は入れさせない。対抗する勢力は悪(魔)だと教える)

これは広告です。文字通り、広く告げたいことです。
今後も新聞社にとって都合のいい話は、他からの評価も高い、期待できると持ち上げ、
知らせると新聞社が応援、支持する勢力に不利益になる事実は、
報道しない自由を駆使するのでしょう。
現に、現与党がマニフェストにないのに進めている政策群に対して行われた
12月3日、雨の中300人が国会前に座り込んだデモは、
11月28日、1000人を超えた山手線デモは報道されていない。
街頭インタビューを国民の声として
「麻生はダメ。漢字読み間違えるバカだから」を「No」だと取り上げるなら、
デモという強い意思を示した「No」は何故無かったことにするのか。

日本人に与えられた権利を外国人に差し上げたい、とおっしゃる総理は、
ご自身に与えられた贈与にかかる税金は、日本国に納める気はないみたいですね。
自身の周りで大きなお金が動いているのに、「知らなかった」なんて
危機管理能力に著しく欠けます。
マスコミは、定額給付金を受け取るかどうかについて、意見を変更した
前首相を「ぶれたぶれた、またぶれた」と騒いでいたけれど、
「トラスト ミー」と普天間問題で意見を二転三転され、とうとう
相手方から話し合いを延期されてしまった現首相のことは
「ぶれた」とは言わない。

前首相がお金持ちなのは、「庶民感覚が分からないからダメ」
「苦労をしてないお坊ちゃまだからダメ」。

現首相が、前首相を越えて遙かにお金持ちで、脱税していても
「支持されているからいい」「許せる」「お金持ちだから仕方がない」
「親からのお金だから問題ない」(脱税は、国に納めるお金をちょろまかしたのですが)
「お金に苦労していないから、信頼できる」「お坊ちゃまだから品がある」。

このような「他人の意見」によって、これからもメディアは
読者に「自分の意見」をつくらせていきます。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2877-8d944139

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。