お決まりの日々?

モモの節句でございます。

『ムービー大戦2010』

行ってきました。

客席に入るところにあった。

入場者特典ももらえてよかった♪ 
絵に「?」と思ったが、これが最終決戦のネタばれとは思わなかったよ。

映画館は空いていたので、ど真ん中をキープ。
「面白そうだな」とついてきたモモ兄とペアシート状態で観ました。
(モモさんはまずついてきますが、いつもは袋の中です。
 今日はホント人、居なかったんですよ~)

始まる前の予告ムービーで、おおおっとなる。
シンケン・ブルーの見事なダイブ。オッシーさんか? 美しい!
そして捕らわれのジイの最強色気。
シンケンジャー最強のジイがつかまってしまうなんて、どんな敵なんだ。
(なんて美意識の高い…、←それは私の趣味ですね、すみません)
ゴーオンジャー&シンケンジャーは、値段も控えめで、来月末から。
それまでに、ムービー大戦2010の二回目を観ておかないと。


さて、肝心の本編。
「完結編」と銘打たれていたディケイドは、予備知識なしで行ったからか散漫な印象。
引きの絵で見せてくれたほうが、躍動する肉体の殺陣の美しさが分かると思うのに、
寄りでとるからめまぐるしい。
子どもには易しいのかもしれないが、動体視力がそれほど良くない私には、
多様されるCGもあって、ちかちかする。

巨大な敵に、こちらも巨大兵器で対抗、とやられると、
それは戦隊モノとどこが違うんだろうと思ってしまう。
等身大の人間が死闘を繰り広げているから、ぐっと来るものがあると思う。
アップのパーツも美しいのだが、全体としてとても素敵なのだから、
そのあたりでも見せて欲しいというのは贅沢なのだろうか。

お話も、巨大な敵にディケイドがプッ飛ばされたぞ、と言う絵を
ベルトのフレームに入れて、Wのお話が始まったので、
私が知らないだけで、『のだめ』とおなじく、
完結編が二つに分かれていて、2は春か、と思ってしまい、
キバーラスーツの出番はあれだけか、勿体なーと感じたぐらいだ。
(冷めてますね)

『ディケイド』ではなつみかんちゃんが清潔感があってかわいいところに満足。
仮面ライダーキバーラに変身するシーンも、ハートマークで素敵。
りりしいワタル(子ども)ももう一度観れたし、TV版のおまけと思えばまあ。
士も自分の居場所ができたので、『完結編』でいいのかもしれない。
(居場所ができても「通りすがりの仮面ライダー」なのね)

士の物語、をこれ以上見たいとも、正直思えない。
『ダブル』のほうが面白かったから。

他の女性キャラ(タックル、蜂女)が気持ち悪かったので、
仮面ライダーキバーラになっても、「光家秘伝、笑いのツボ」をかましてくれる
なつみちゃんがすっきりさわやかで良かった。

ディケイドは、ライダーと闘うことでしかコミュニケーションをとることができない、
という設定なら、その部分を、
「倒したライダーを忘れないために、死んだ後残ったカードを見る」だけの表現に止めず、
ディケイドの必殺技に倒れる間際のライダーが「わかったぞ、ディケイド、お前は…」と
言い残す、彼らの後に残ったカードを、士が大事そうに撫でる、などがあれば、
脚本家の意図とは違えど伝わるものはあっただろうに、
カード回収の際はぞんざい、残ったパーツは忌々しげに投げ捨てる、では、
ライダーへの憎しみが彼の行動原理のようで、
その後どうして倒したライダーと仲良く共闘できるのか分からないのだ。
戦いたいだけのケンカ大好きイマジンさんは別として。
(巨大な錐体が刺さっていたのは士だったか、他の人だったか)

半年間見てきたので、士くんがツンツンデレくんであることはわかるし、
怪盗のくせにいい人で、士を理解しようとしてくれている
おせっかい海東や、
士に居場所がないのなら自分がその居場所になると場を整える
おせっかい夏海ちゃんが、彼を信じているから、何か事情があって
ワルなディケイドになっていると、謎解きを期待してみていたはずなのに、
肝心の部分は、集中力が切れてしまって覚えてない。

だって、ネオショッカーがさらに新しくなって、
洋物ホラーにでてきそうなあかちゃん怪人がでてきて、
あーもーどうにでもなれ、
こんなんじゃ、高岩さんのプロモーションムービーとしても失敗だ、
と、物語から離れてしまっていたのだもの。

冷めた気持ちでも、いいものはいい。
士くんと夏海ちゃんの足長コンビは、歩かせるとコンパスが際立って実に絵になる。
二人が歩いている、
ということは士が夏海が追いつける速さにあわせているということで、
その意味でも嬉しい。士のバイクに乗せてもらっている図も好き。
仮面ライダーキバーラになれたので、今までのように、
戦いが始まれば、彼らの邪魔にならないように陰に隠れ、つかまらないように
する必要もなく、積極的に参戦できているのも嬉しい。
本編1話と最終話の、白いドレスを思わせる、キバーラ衣装も綺麗だ。
白いスーツはいい! 
(と握りこぶししていたら、Wで白スーツが出てきて、分かってる!!と
 喜んでしまった)
スーパークライマックスフォーム、と言われるとスマートで、
ちょう・クライマックスフォーム、から漂う間抜け成分が乏しくて残念。

士くんの行動原理は分からなかったが、
夏海ちゃんと海東とユウスケは分かりやすいから、良かった。
(ディケイドでかなり引き上げてもらった前作なんて、主要キャラの行動原理が
 誰一人分かりやしなくて、イライラしぱなしだった。ラスボスの気持ちは分かったが)

絵的に気持ち悪かったのは、蜂女の下品な衣装と、タックル役さんの鼻。
不自然な鼻と私が思う芸能人は多いけれど、彼女の鼻根は高すぎるような気がする。
それが気になって、つい目で追ってしまう、……それが狙いか!!(違う)


『W』は観ていない本編がたまっていたので、心配していたのだが、
基本を知っていたらすんなり入ることができる、0話的内容で、
話としてきちんとできていた親切で良い作品だったと思う。
顔出し次郎さんに高岩さん成分も補給できて満足。
イベントなどの映像で拝見する次郎さんのお顔はとっても優しいのに、
劇中ではとても悪そうで素敵です。
ドーンと物語の軸になる翔太郎の父に、吉川さんをもってきた、
配役も見事!

『W』は単体でとても見ごたえのある物語だったので、
『ディケイド』と絡ませなくても、と思ったが、
事件を解決した翔太郎は、父親からダメだしをされたハーフボイルドじゃない、
ハードボイルドが似合う目になった、
「いい目をしている」「似合っているぜ、その帽子」
と「別の世界」の父に褒めてもらえたのが、子どもにもわかりやすくて、
上手くコラボを使ってまとめたなあと思えた。
フィリップの名前の由来も分かった。
翔太郎の父は、フィリップの目覚めの父でもあるのだなあ。
子どもっぽい探偵だなあと思っていたのも、父の遺志を継いで頑張っているからと
理屈がつけば、物語に入る障害も除かれる。

翔太郎が、よみがえりに安楽を求めず、父の死を認め、
「俺の心の中にいる父が本物だ」と言い切った強さに、
心も救われた依頼人は明日へ生きる決意をした。

父に指摘された「勝手に決断した罪」と「決断しなかった罪」を、
心に戒めとして大事に、これからも二人、
それぞれの事件から学びとり互いの存在に良い影響を受けながら成長し、
二人で一人の仮面ライダー、ダブルとして闘っていくのだなあ。
最終回で二人が二人になるのかなあと、このエピソードを見て
期待してしまう。成長モノは、観ている側の心に、
柔軟体操でグーッと伸びるような気持ちよさと、希望を与えてくれるので好き。

主人公の成長もあり、本編であるテレビ番組への興味も湧き、と
とても丁寧に作られたスキのない作品だったと思う。
探偵事務所所長が、ミニスカートというガーリッシュないでたちで、
変身して意識を失っているフィリップ君を担ぎ上げて移動している、
たくましい絵も好きだ。彼女が居なければ、ダブルも思いっきり闘えない。
守られてばかりじゃ面白くない。確かな存在感が素敵だ。

二回目は、貯めてある『W』本編を見て、公式も見てから行こう。
そういえば、パンフも買ってなかった。DVD付に高岩さん方が(ちらりと永徳さん以外は)
映っていないと知って、意欲が目減りしてしまったのだった。

東映さんに、メイキング特典でDVDがドドンと売れると分かってしまったらしい。
限定のパンフより、欲しい人はドンドン買うが良い商法で、単価も高い方がいいですよね(笑顔)

ネット版 仮面ライダーディケイド オールライダー超(スーパー)スピンオフ [DVD]ネット版 仮面ライダーディケイド オールライダー超(スーパー)スピンオフ [DVD]
(2009/12/11)
特撮(映像)

商品詳細を見る
超スピンオフは買いました。
情報を知った瞬間、amazonでポチってました。
こういう人たちが、釣られるんですよね~~(笑顔。あれ、戻らないぞ)

後ろ蹴り(高い!)の美しさを堪能しに、二回目も行くぜ行くぜ行くぜ!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2897-de9289fc

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。