お決まりの日々?

モモの節句でございます。

昨日の続き

昨日お会いした人生のかなり先輩でもある友人は、とにかく面倒見がいい。
付き合いの浅い私でも、彼女の能力が多岐にわたっている上、
生来のまじめさでそれぞれを他人に教えられるレベルまでに高めていることがわかり、
尊敬している。
自分を棚上げしてえらそうなことを書く、片腹痛さを自分でも分かりつつ、
その中でも素晴らしいと思っている点を挙げてみる。

・誠実である。
・責任感が強い。
・金銭感覚はしっかりしているが、儲けようという気持ちではなく、
 トラブルを起こさないための自衛策でもあるように思える。
・他人から見て、気持ちよいお金の使い方をする。
 (某脱税総理をかばうときのマスコミ常套句ではないが、私腹を肥やす、という感じがない)
・まじめで努力家であるので、習い事も師範レベルまで引き上げる。
・現状に不満を漏らすことはあるが、言った時点ですでに解決策を
 手中に入れており、一部もしくは全てを実行に移していることが多い。
・悪口と聞こえる言葉が無いわけではないが、すっこーんと明るい。
 ○○さんは▲▲が苦手なのでフォローすると上手くことが運ぶよ、と
 私が○○さんと今後スムーズに付き合うためのアイデアを提供するという感じで、
 必ず○○さんの素晴らしいところへの賛辞もついているので嫌な気持ちにならない。
・現状より未来の視点で物事を捉えようとする。
・他人の失敗に寛容であるが、悪意には敏感であり、
 それらに仲間が巻き込まれないように注意を払っている。
・自分の価値観を押し付けない。
・細部も大切にするが、それよりも大局を見ている。
・決断に到るまでの情報や材料は吟味するが、決まってから行動に移すことは早い。
・自分の決断がよくない結果に終わったときも、他者からの情報がふんだらら、
 などと他人のせいにしない。
・又聞きではなく、成書にあたる。
・失敗は反省材料としてトコトン活用し、自分の失敗を友人知人に広めることに
 躊躇しない。
・それは「自分の経験や知識が、誰かの役に立てれば嬉しいのよ」という
 彼女の基本ポリシーにある。
・自分のポリシーを貫くための労を惜しまない。
 足を頭を手を動かしている。
・他人の才能を認め、褒めて伸ばし、援助する能力に長けている。
・結果、彼女の人脈は広くなり、生の情報が集まる。
・情報を求めて、更なるアクセスがあり、
 「ギブ&テイク」の精神で、その人のできる情報や技を提供していくため、
 常に彼女の元には新鮮な情報があることになる。
・他人に優しく自分に厳しい。
・ファンだから、と評価に色を付けず、フラットな目で論ずることができる。
 (いいところは良いと認め、いまいちのところは何故そう見えるのかを 
 冷静な目で見ることができる)

彼女も含め、私が好きだなあと思う人は、他人に対して
「自分が何ができるか、提供できるか」と考える人であり、
そういう人たちの付き合いは、
自分も何かしなきゃと身の回りを見つめる必要も感じさせてくれる分、
怠け者である自分のためにも有難く、また楽である。

私がしんどいなあと感じてしまうのは、
「あなたは私のために何をしてくれるの?」と言外に要求する人なのだなあと、
年末年始の体調不良から学んだ。

「この(素晴らしい)私のために何かいいことをして頂戴」と求める人には、
これだけしたのだから、あなたもお返ししてよね、という気持ちが生まれることがある。

「あなたがよろこんでくれるといいなあと思って、これを用意したわ」
「こんなの作ってみたのだけれど、いかが?」
「美味しいものが手に入ったから、時間があったら食べにおいで」
「面白かったから、良かったら見てみてね。楽しんでくれると嬉しい」
という人には、自分のことを大事にしてもらったという気持ちも含めて嬉しいし、
私もこの人のために何かしたい、動きたいなあと思わせる。

“この私があなたのためを思って「してあげた」んだから”、という気持ちを、
感じさせない人たちであるところも凄い。
私がしたいからしたの、と、あなたに迷惑だったらごめんね、
とそれが困ってしまうような状況にあったときには、
断っても角が立たないゆるさを見せてくれているところも
素晴らしいと思う。

それから、
・人も状況も、変化があることを分かっており、
 自身の思い込みと現状の違いを修正することをためらわない。

出会いは、多くの仲間と華やかな集団になっていた彼女達と、
某ホールでのイベント後の退出時、近くになったこと。
「面白かったですね」と私が話しかけたのか、向こうが声をかけてくれたのかは
忘れたけれど、人見知りの私でも声をかけやすい、コミュニケーションをとりやすい
騒がしさとは対極にある明るさがあったのは覚えている。
よさそうな人オーラがあったのだと思う。

都合のいいときでいいよ、というスタンスも気楽だ。
縁があったのだから、どこかで繋がっているという自信からくるものなのか、
他人を束縛せず、与えることを喜びとする人たち。

私は恵まれているなあと感謝しつつ、
(私の直感って凄いかも)と自画自賛したりもする。

始まりは幸運でも、関係を維持するには努力も必要。
憧れの対象が複数周囲にいてくださるという幸せを損なわないためにも、
出会いの幸運頼りだけでなく、斉藤孝さんの著書にでてくる憧れ力ではないが、
努力が必要なのだなあと思った次第です。

心の中で思っていても、思いは伝わらないのだ。
(色々貯めてます。3月のインテは行きたいなあ)


96期の音楽学校万引き捏造退学訴訟問題は、
情報通ファンや現役ジェンヌのお母様の間でも問題になっていました。
Wさんブログのことは伝わっていなかったので、概要を話しました。
次には音高の対応の酷さをお話しましょうか? 
人の口には戸は立てられませんよ
入試制度が変わり、本科生からの指導も、教室の掃除も、マナーも失われた
音楽学校生徒の今までに無い態度は、学校周囲にいる人々に目撃されています。

寒い中早朝窓を拭いている生徒がいなくなった、
道を歩く姿がだらしない、などなど。

音楽学校生を街中や店で見かけるのが楽しみで
きちっとしていてキレイだったと私に報告してくる父からも、
聞かれなくなりました。100周年まで持つのかしら?



昨日の続き、その2

『ライダー大戦2010』は、二回目もモモ兄(魔よけアイテム)と一緒に見ました。
お正月特典のシールをもらいました。
前回よりちょっと混んでいて、モモ兄とペアシート状態の勇気はなかったのですが、
膝の上にのせたモモさん袋から頭を出して、それを胸骨付近に預け、
自身と中の人の活躍を鑑賞するモモ兄は、固いと文句を言いながらも、
慣れたのか納まっておられました。 

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/2920-18066597

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。