お決まりの日々?

モモの節句でございます。

トリオジー RED: 追記

考えを文章の形にするというのは、自分を見返すことになると
しみじみ思う。(内容の有無は別として、「文章」という形がポイント)


厳しめの感想は、映画が終わって(携帯で上げたあと)走り書いたメモを、
そのまま起こしたようなものだったけれど、
その時感じて言いたいことを書いたあとで、
トリオジー一作目のRED『ゼロのスタートゥインクル』を思い返してみた。
 
決して面白くない内容ではなかった。
言葉が掛け合わされている、TV版を踏襲したタイトルも好き。
・主役=ゼロノス、
・愛理と侑斗、
 何もなかった(ゼロ)二人の関係の始まりは、過去と変わらぬ星のキラメキ
 =ゼロのスタート、スター・トゥインクル
懐かしい音楽に、2010に新調されたピカピカな歌もイイ。
デネブ一人芝居(芳忠さん7変化)も、味があってイイ。

TVでゼロだった、愛理さんと侑斗(若い方)の未来は、
コハナの存在で示されていたけれど、
靖子にゃんの手によるものが見たかったという、
私の望みは叶えられたはずなのに、どうしてすっきりしないのだろう、
と考え、考え、悩んで、至極単純な理由に行き当たった。

モモさんが格好良くない!
モモさんはモモさんで、出てくるだけで格好はいいし、
情けない姿も可愛らしくて好きなのですが、
モモタロスさんがヒーローとして、生き生きキラキラ発散しながら暴れている姿を、
私は見たかったのでした。

そして、キンタロスさんが優しくない。
キンタロスは、ズバスバひどいことを言っちゃう困ったところのあるイマジンさんで、
この部分の強さも好きなのですが、
怪我をしているモモさんをいたわるどころか、
痛めている腰に、あの重量を丸ごと乗せてしまうという制裁の加え方に、
びっくりしました。
リュウタが年のせい、おじさんだと、痛くて動けないモモタロスの周りを、
飛び回ってをからかうのを、「言うてやるな」と止めるとか、
「モモの字かて、辛いんやで」と理解を示してくれるとか、
怪力を生かして動けないモモタロスをさりげなくサポートしてくれるとか、
そういう人情味溢れるキンタロスさんを、私は見たかったのでした。

(同様に、光り輝く美貌の愛理さんも見たかったという部分と、
 佐藤氏の良太郎の可能性が閉ざされたことについては、
 先ほど書いたので割愛)

欲しかったものが与えられなかった、という理由で、
おもちゃ買って~、と親に欲求しても望み叶わず、
床に転がって手足バタバタして騒いでいる子供よろしく、暴れていただけですな。
(そのようなマネはしたことはないけど)

……というわけで、映画に文句をつけていたのは、
この、至極個人的な、しょうもない理由だったとわかって、すっきり♪

好きと思った作品のことは、ずっと好きでいたいもの。
買わなかったパンフも、買ってこようかなあ。
(ムック本は、三作見終わってから買おうかと思っていたので、
 まだ買わない)

あ、でも。
『劇場版』『シリーズ』『三連作』と煽るなら、
それなりの予算と製作時間は使って欲しいと思ったのは、事実。
水増し仕様はびしばし感じましたから。
好きなものだから、
ちゃんと偉い上の人たちにも評価されて欲しいと願う気持ち、
これもまた、愛ゆえだと思いまするよ♪
(そのココロは、予算寄越せ、
 「金より大事なものがあるんか!」(うろ覚え)ですよね、
 クライマックツアー2010、大阪4回目のてらそまさん?
 他の回はしらないが、この回は、
 世の中金ですよ、と言い切る大人たちがひどく笑えた回でした)


愛ゆえに、もう一度文句いいます。

クライマックスツアー2010『Uの悲劇』で、ンコもらして
(このときの「あぁ~ん」の関さんの声が艶やかで必聴モノ)、
EPISODE REDでは、年ゆえのぎっくり腰に股間ぶつけてピョンピョン、って
そんな情けないところも、ホームレス中学生ならぬイマジンでも、
全然OKなほどに愛すべきカッコイイ人ですが、
本当は、もっと、もっと、も~~っと、人様を黙らせちゃうほどに
文句の付けようのないほどにカッコイイ人なのっ、モモタロスさんは!

BLUEとYELLOWで、
「カッコイイだろ?」とモモタロスさん自身が胸を張れるEPISODEが
ある!ことを期待して、

…………もしかしなくても、私、またしても、
靖子にゃんととーえーさんに釣られてる?

苦笑いしながら、愚痴、終了!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3100-d8155b4a

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。