お決まりの日々?

モモの節句でございます。

「最小不幸社会」という言葉に成長力を感じることができない

「最小不幸社会」。それはドコカの、頑張っていない(かもしれない)人も含めた、ダレカの「不幸」を最小にするために、頑張っている人たちの「幸福」を削ろうとする社会だ。そして「不幸」とされる層が、ドコカから流入してきたら、彼らにも等しく同じ権利を与える。そのために減らされた頑張っている人たちの「幸福」は、さらに目減りする。
 lim(t→∞)[(最小不幸社会における幸福)‐最小不幸社会における不幸)]=0

 「幸福」と搾取される側に残されるものが、「不幸」だからと分配してもらえる側に毛が生えた程度にしかならないどころか、すでにワーキングプア層と、保護受給層で逆転がみられている。その労働のために費やした時間や体力など、それにより生じた疾病に対する医療費などを換算すると、さらに時間的にも、QOL的にもお得である、と搾取される側から受け手にシフトする人が増えれば、頑張っている人の「幸福」は、さらに減らされる。
 今以上に報われない社会。

そして、幸いは、福は、「幸福を分配する権力層」が独占掌握する。

 どこぞの赤いお国の様ですな。

 個人の努力で得たものとはいい難いお金、たとえば宝くじに当たったー!も、その幸福がけしからん、最小不幸のために、不幸層に分配しろ、となるのでしょう。パチンコや競馬などのギャンブルも。
 それとも、マスコミがたたきまくる医者の高給は許さざること、医者は僻地でも24時間、年収500万(?)で十分とおっしゃいまする医者の、技術と長時間労働と引きかえの報酬は許せなくても、パチンコは許せるとか?
 最小不幸社会は、幸福を妬み、幸福になっている輩はいないかと監視し、とりあげようとする社会だという感じが私はします。

 私は、働いても支配層や「不幸」層に持っていかれるような、夢を見られない社会より、アメリカン・ドリームという言葉に代表されるような、ドキドキワクワクさせられる社会の方が好きだし、健全だと思いmuscleよ。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3158-8cd0418c

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。