お決まりの日々?

モモの節句でございます。

HCP×トンスル話、続き

前の に追記でつけていたのだけれど、画像を拾ったので、新記事に移動。

今日の内容自体は、楽しめました。
それだけにディテールの不快さに、惜しい、と思う。


本日初お目見えの、キュアサンシャインの変身シーンったら、どこの金田組よ!という絵で、
手を打って喜んでしまった。

男装の麗人は、病弱な兄の代わりと強制されたのではなく、自発的に、
自分の気持ち的に良かれと思って男装をやっている、可愛いもの好き、という設定も、
途中視聴組にも分からせてくれる構成も、しっかりしている。

彼女の象徴がひまわり、というのも、
ムッチーさんのブログ、7月17日の「幸福のひまわりの種」に載せられていた
涙がにじんだお話を思い出して、温かくなる。

「幸運のひまわりの種」が、
ムッチーさんたち、口蹄疫と戦い続けている宮崎の畜産農家を、
応援している東京の方から届きました。

添えられていたお手紙の一部より。全文は、ムッチーさんのブログにあります。

ひとつは、ムッチーさんのお守りに、
ひとつは、牛さん達の眠るお墓の近くにまいてあげてください。

必ず芽が出るというものではないですが、温暖な宮崎のことです。
もしかすると大きな綺麗なひまわりが咲くかもしれません。
牛さん達がひまわりになってムッチーさんの家に
帰ってきてくれたらいいですね。
そしてもし大きな花が咲いて、また、
「幸福のひまわりの種」が出来たら、
それを宮崎の畜産農家の方々にも分けてあげてください。

どうか宮崎の方々にひまわりのような笑顔が戻る日が早く訪れますように。





以下、苦言。

脱糞シーンはあり、としても、
ぬいぐるみに脱糞させた「こころのたね」をおもちゃにセットして、
香水だと自分の胸元に振りかけている幼女がでてくるCMには
やはり、奇妙な気持ちにさせられる。

ぬいぐるみのような形状の妖精の脱糞シーンはOPで、タイトルが出た少し後にも、
早送りで映る。ここでは肛門はわからないけれど、
切り替え映像の残像で、記憶に残させる手法か?
毎回二回、OPと本編で見せて、印象付けさせるようで、何か意図が隠されているのではと、
気持ちが悪いことをを考えてしまう。

本編では、しっかりと光る肛門から、ココロのたね、なるウンチが出る描写がある。

おもちゃの宣伝では、幼女がぬいぐるみ型おもちゃの尻尾を持ち上げ、
尻部の穴から、ココロのたね、を出させる。(バンダイ公式サイトで画像で確認できます)

本編では、妖精がココロのたね状に変形して、パートナーの少女の持つ
変身ホルダーにセットされ、香水噴霧の形で、プリキュアの力を与えるのだが、
おもちゃCMでは、視聴者は、妖精のお尻から出たウンチを、
変身アイテムのおもちゃにセットして、自分の胸元に
「香水」と振り掛けて遊ぶことが推奨されている。
元がウンコだと思うと、香る水といわれても、臭そう。

ココロのたねを貯めておくポットの形も、おもちゃ画像で見ると洋式便器に見えてしまう。
せめて蓋の形状が、手前から持ち上げるのではなく、回転式ならよかったのに。

ウンチがでてくるのは、別にかまわない。
トイレット博士もいたし、アラレちゃんでもウンチくんが出てきていた。
それを、特効薬や香水にするなど、二次的に大事なものと扱わなければ、気持ち悪さはない。

アラレちゃんでも、ウンチくんを手にするアラレから、皆が嫌がって逃げる描写があった。
ウンチくんは見た目はそれだが、その形の生物であり、
他の子が生理的嫌悪感を抱くウンチくんとアラレが遊ぶのは、
「ロボットだから常識がない」という設定につながる。

ネットで画像を拾ったときに、当たったのだけれど、
ソフトバンクのCMで、白い犬の肛門から日本人と黒人が出てくるネタ孫社長の言い分)には、
敏感な人たちが、この問題に対しては、目くじら立てるなというのが、なんとも不思議。

プリキュアの妖精は、尻尾の形状や、「おはようスパンク」をイメージさせる平面顔から、
猫でもなく、ハムスターや鼠でもなく、犬型に思える。
ここでも白い犬の糞か……、とげんなりした。

選挙速報番組の時に流れた、白戸次郎の宣伝(白州次郎とかけてる?)は大変不快だった。速報は、リアルタイムで見ている視聴者が多いことを利用して、嘘の選挙速報で視聴者をひきつけるやり方は、まぎらわしくて嫌だ。借りモンじゃなくて、己の魅力で勝負しろや!HCPの画像はBPOに苦情が来る前のもの。

番組の勢いは良いと思う。
金田伊功さんや島本和彦さんを思わせるキャラクターの描写もなんとも楽しい。
魚眼レンズや広角レンズでみた世界を、さらにデフォルメした
アニメならではの動きに、やられたなーと思う。

今となっては金田組を「かねだ・ぐみ」と読むのがアタリマエほど、
特撮に目が慣れてしまったし、見るアニメの量もめっきり減ってしまったので、
新鮮で、そして昔を思い出して、楽しくなった。当時、「バース」の話のよさは
ちっとも分からなかったけれど、動きにはワクワクさせられたことを覚えている。
(昭和の香りに弱いのか。年だなあ)

それだけに、それだけに、最後に大便を催さんでも~、大便を大切な特効薬と、
トイレ型収納ケースに集めんでもええやろ、他の描写ないのか、
たとえば、妖精の胸からハートが飛び出す(キュアサンシャインの変身グッズは、
 そのようにして出していた、また脱糞かと覚悟したので安心した)とか、
頭に花が咲いて、そこから親指姫のように、種が生まれるとか)と、残念に思うのです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3182-62906060

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。