お決まりの日々?

モモの節句でございます。

ダブル・オーズ、ゴセイ映画(2)

(1)からの続き。ネタバレがあんまり無いかなと、こちらは反転なしで。


<3Dについて>

 今回が、3D映画初体験だった。
 3Dが作りやすい、元絵が(x、y、z)三次元座標を入力してあると思われる
コンピューターグラフィック部は、見事に浮き出すが、
(x、y)二次元絵から起こした実写部分は、
複数のボードをずらして重ねたような絵になってしまう不自然さがある。

 分かりやすいところで3Dの見せ場を作ろうという制作意図も手伝い、
全体としてアンバランスで、収まりが悪い。
 例えば、メモリが、わざわざ画面中央から真正面まで飛んできて、
対象に吸い込まれる絵も、何度も同じ構図で見せられると、派手な分食傷してしまう。

 映像を見るとき、それがアニメであっても、
3Dの世界に住んでいる私たちは、それに、勝手に脳内でZ軸を追加して、
奥行きを脳内合成、補正しているはずだ。そうでないと極めて不自然な世界となるだろう。
 昨日、ぼやっと見ていた「MAGネット」で、映像作品のクリエイター(監督)が、
コンピューターで作ったCGは綺麗すぎるので、
あえてノイズを入れたり、黄色みを出して、
人間の記憶にあるフィルムムービーのような感じにする。
知っているものだと人間は安心する。安心しないと、すっと物語の世界に入れない、
というような意味のことを言われていたのを思い出した。
 3Dの巨大ロボット戦(ゴセイジャー)のビルや家は、
まるでミニチュアモデルだった。きれいすぎて生活感がないから、
目は異質なものとしてとらえてしまう。どうも納まりが悪い。
 HCPのエンディングダンスやモーションキャプチャーによる、
ゲームキャラクターの動きに、私がふわふわと重力を感じないのに似ている。
 日舞の動きをなぞったつもりでも、重心が下がっていないと落ち着かない。
 タメのようなものを表現するのは難しいと思う。
 表面には現れない、求心的なベクトルを、視覚的に感じさせる方法は、
今の3Gでは無理なのかもしれないなあ。

 それはそうと、3Dだけあって、
脳内3D映像ができやすい情報が、環境が整えられており、
遠見用めがねで見たこともあって、2Dよりくっきり味わえたと言う感じがする。
 でも作り込まれた部分の3Dで視点の切り替えをやられると、
老化したババア脳は、転換に追いつかない。
 3Dはカメラの視点が頻繁に切り替わらない方が、日常に近くて混乱しないなとは思った。

 うねうねなルナが3Dになると、さらに気持ち悪くなっていた。ましてやドーパントに
なればさらにさらに。そして、適合者もうねうねくねくねしていた。
 メモリの特質が嵌っている。頑強なメタルも、火の玉ガールなヒートも、ガンマントリガーも、
親と見せかけたサイクロンも。似ているからこそ錯覚する。上手いつくりだと思った。
ヒート・メタルvsヒート&メタルなんて、もっと見たかった。

 3Dで見ようと、私に思わせたエサである、飛び出すライダーキックの部分は
力を入れて作られていた。
 おそらく、3Dの効果を狙うために、画面中央から、目の前に飛び出すように、
見えるに違いない、と思いながら、それまでの隕石やガイアメモリで間合いを計っていた。
 それだと、あたりそうなところ、まではこないんだなあ。

 両足蹴りだった。
 ダブルさんの足の裏は、丸みがあって綺麗だなあ、やわらかそう、と思えば、
エターナル視点のカメラから180度変わり、
画面は蹴られるエターナルになってしまって残念。
後少しで丸みのある足裏に蹴ってもらえたのに・・・・・・。
あきらめきれずに、劇場にあるポスターに映っていた足裏を撮ってきた。

3Dだと、もうちょっと底面方向に丸くて(凸で)、
やわらかそうで気持ち良さそうな足裏でした。仮面ライダーの肉球?


<その他>
 ゴセイジャーもダブルも、過去に死んだはずの怪物がもう一度、総動員されていて、
東Aに新規作成する予算を出してもらえなかったのかと苦笑いした。
 エターナル、ヒート、メタル、ルナ、トリガー、サイクロンの6体、
仮面ライダージョーカーと色替えエクストリームがあった分、ダブルはましか。
 ダブルが一年弱の活躍で守ってきた人たちの再登場は嬉しかったけれど、
スーツの使いまわしは、あんまり楽しくない。
 それでも、これが最後の打ち上げ花火よと、スターマインを見るような、
ダブルのフォームチェンジ早変わり、ある時はバイクの上で、
ある時は振り向きざま早変わりは、眼福だった。
 仮面ライダー・ジョーカーは見事に、翔太郎オンリーで、
今まで見てきたダブルが、「二人で一人の仮面ライダー」であったことを、
文字通り体現されていた高岩さんのすごさに、驚嘆しながら感激したら、
椅子から飛び上がりそうになった。

 チラシは確保したもののネタバレが嫌で見てなかったので、
オーズの登場に驚いた。脚のラインを邪魔するパーツがついていなくていい。
(Oが三つで、Osなのか?)
 去年の夏の映画も、新ライダーのお披露目を兼ねていたかな? 
あまりにもダブルが楽しすぎて、終わりが・・・・・・だったディケイドのことを忘れているようだ。

 オーズが高岩さんなことがわかってしまっては、地デジ難民の境遇が痛い。
地デジ難民のままでは来年7月11日以降のオーズが見られないのだなあ。困る。
東Aは総務省と手を組んだのかっ!と被害妄想はさておき。

 サイクロン・ジョーカーになるとき、フィリップが倒れると、
彼に誤解させるためとはいえ、マリアがすっ飛んできて支えるのに、
ファング・ジョーカー変身時に翔太郎が倒れるときは誰も手を出さない。
 罠にはまった捕らわれのフィリップを救出した後の変身、
この映画で二回目になるサイクロン・ジョーカーへの変身でフィリップが倒れるとき、
彼は、いっそうかけがえのない存在となったパートナーの右肩に手を伸ばして、
パートナーを支えにするように倒れる。手を乗せられた翔太郎は、
驚いたように右を見たまま、仮面ライダーの姿になる。
 そしてやはり、一年間の経験か、フィリップ君の倒れ方は、
翔太郎のド・・・スンと違って、ふわんと華麗なのだった。

 エターナルになる男は(名前を忘れてしまった。パンフも買っていないので、
 便宜上「エタ男」としてみたが、別の問題が発生していた。
 対になる非人と、文字通り一緒だからいいか)、フィリップに「やあ、兄弟」という。
フィリップが死者であるのに生き続ける(=エターナル)自分と同じ、
化け物だからだという。
すぐさま翔太郎が「フィリップは化け物じゃない」とフィリップを全力肯定する。
 古来から現代まで、化け物=異形といえば、「鶴の恩返し」や「雪女」、
「奥様は魔女」、「コードギアス」など、男性ではなく、女性であることが多い。
 さらに、悪者にとらわれた恋人を助け出す場合も、助け出される方が女性が多い。
 そのへんからもにゃっていた。
フィリップ君が捕らわれて、エクストリームモデル機器に拘束された時、
ダブルのヒロインは、フィリップから翔太郎になったと見せかけて、
また原点に、フィリップ君に戻っちゃったのか、と思わせられた。
 しかし、この捕らわれ人は、お姫様ではなく戦ってきた男であるから、
しおらしく救い出されるのを待ってなどいなかった。

 翔太郎のピンチに、力を振り絞り、
彼を拘束している機械のプログラミング自体を書き換え、
命令を停止させるという離れ業をやってのける。

 それもこれも、翔太郎(とフィリップから姿は見えないけれど照井)が助けに来たと、
希望を抱き、自分が何かしないと、大切なパートナーである翔太郎もやられてしまう、
と思ったからなんだろうなあ。
風都に思い入れがあ翔太郎と違い、フィリップには街の記憶もないし、
姉は変わってしまったしで、翔太郎こそが彼の居場所になのだろう。
(あなたこそ我が家(HOME))。翔太郎のシアワセ者めっ!

 翔太郎に「(ここは俺に任せて)上(=フィリップのいるところ)に行け」と、
変身できない生身でドーパントを引き受ける照井の、
「大丈夫なのか?」に対する台詞が、彼の定番台詞「俺に質問するな」なのも効いていた。
「俺、参上!」じゃないけれど、「ゾクゾクするね」「さあ、お前の罪を数えろ」など、
ダブルにも定番台詞があるのがいい。
 彼の変身が、「変。身っ!」と力込めまくった重さで、
主役達と違っているのも悲壮な覚悟を、彼の過去をその度に感じさせていい。

 最後の戦いのシーンで流れるのが、
一年弱テレビ視聴者が聞き続けてきた主題歌であるのもいいなあ。
ゴセイジャーも半年聞き続けていたそれだったけれど、
このシーンは(取って付けた感や大人の事情を感じさせる劇場主題歌でなく)
主題歌じゃないとダメなんだ。

まとまらないけれど、終わり。

*Comment

エタ男(笑) 

小さい、というか若いころはフィリップだったのに
大きくなるとエタ男に~
って、たまりょサマ!

今回のラスボスはV系バンドのSOPHIA(ソフィア)
のボーカルさんですよ~
↓これなら一般の人もご存じかしら?
http://www.youtube.com/watch?v=reY0KyXTVU0&feature=related


たまりょサマの仰る通り、フィリップくんの倒れ方は上手ですね。
固い地面の上なのに、綺麗に倒れる所がイイ!


地デジ、総務省の言うような普及率なのかどうか怪しいと思っている私の家も、地デジ非対応TVです。
1年伸びるという噂もチラホラ聞こえてきてますので、様子見です。
  • posted by 豆子 
  • URL 
  • 2010.08/11 21:14分 
  • [Edit]

すみません(汗) 

例年通り、客寄せパンダ的なビッグネームの方を、持ってきているのだと思いましたが、
恥ずかしながらそちら方面には実に疎くて、
うーん、役名なんだったっけ? でもCMで覚えた役者名で、酷いこと書いちゃうと、アンチ的で良くないわ、エターナルになる男、エタ男でいいか、あら呼びやすい、でも解放同盟的にやばいことになってないか、と思い至ったわけで、他意はございません、すみません。

そして、プロモーションビデオを見ても、誰?状態で、ホントすみません。
アンテナが短くて届いていなかったみたいです・・・・・・。

テレビ(アンテナ)の話。
私の部屋は、オールアナロ熊です。アパートは地デジ化したそうですが、持っている機器がアナロ熊オンリー。一年でも二年でも、寿命が延びるのは歓迎です。そして多分、買ったとしても録画機器で、テレビは買わないだろうと思います。
  • posted by たまりょ 
  • URL 
  • 2010.08/12 00:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3211-c76aa171

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。