お決まりの日々?

モモの節句でございます。

宮崎、頑張れ!

 民主党代表選で、「国民」と言われると、非常に違和感を覚える。
 民主党党員(サポーター)は、国籍条項がないので外国人でもなれる。国政選挙でも応援し、民主党議員たちがお礼と変わらぬ助力を求めて新年会に伺い、外国人参政権のお約束を堅く行った民団の人たち(の党員)も、私にはない投票権を持っているんだよね。(サポーターは、18歳以上で年間2000円でなれちゃうんだからお手軽だ)


 ライフ天神橋店横、西松建設横の民主党大阪ビルの警備が、さらに物々しくなっていた。
 機動隊員には防弾チョッキだけでなく、木刀も必携になったようだし、私がそばを通る時に、護送車が留まっていないことはない。

 宮崎帰りのMYさんに、現場は全く警戒を緩めてないと聞いた。彼女は車で通り過ぎただけなので、詳しいところまではわからない、と前置きして、以前は牛や豚で賑やかだった空間がガラーンをしていた、それでも石灰が丁寧に積まれていたと教えてくれた。
 MYさんはご実家の人たちに、大阪でも話題になっていることを伝えてくれたようだ。
 人知れず頑張るのはすごいけれど、頑張っても理解されないのは辛いことだから、一人でも多くの人に師って欲しいなあと思う。

 昨日、NHK-BS2で、宮崎の養豚農家の話を見た。
(目撃! 日本列島「父と娘 再起の夏~宮崎・口てい疫被害の町で~」)
「堆肥の温度を期日までにあげて、消毒効果を出せと無慈悲に迫る宮崎県」というテイストに私は感じた。
 政府に対する批判はなかったと思う。
 養豚農家の知恵と工夫が実り、見事に目標温度を大幅に上回り、堂々の合格だ。
 ムッチーさんのところでも苦労されていたことが、ブログから伺える。
 しかし、ナレーションの声は賞賛の色を含まない。失敗を願っていたかのように私には聞こえた。
 さすがに赤松前農林水産大臣のように「かわなみ」ではなく、「かわみなみ」と読んでいたが。

 宮崎は強い。
 国が応援を寄越さないどころか、妨害をしているのではないかと、与党や特定の外国からマスコミに多量の鼻薬が嗅がされているのかと、部外者がいらだちを覚えるほどの状況。
 後手後手の対応、助けて欲しければまず選挙協力をしろ、と当時の幹事長に恫喝され、
「ごねている」のは「金が欲しいだけ」と切り捨てられ、窮状を訴え援助金を求めても却下されて、その一方海外にはさらなるお詫びや黄砂対策だ、朝鮮学校無償化と財布の紐はゆるい。
 この非道な様子が報道されないどころか、「宮崎が悪い」という印象の番組を流され続けても、頑張り続けている人たちをなめてはいけない。
 はやぶさプロジェクトで、モチベーションを持ち続ける強さを、困難な状況でもあきらめずに、何かないかと自由な発想がとびかう様子を、まぶしく思ったが、宮崎にもそれがあるのだと思う。
 制限された状況だからこそ、何かが生まれるのだとすれば、こういうことなのかもしれない。

 追いつめられた人は強い、というが、このままではだめだ。努力には、気力には限界がある。
 まじめな人ほど燃え尽きるまで気がつかない。
 彼らが燃え尽きないうちに、がんばって良かったという結果が見えて欲しい。
 党代表がどちらになっても、感染路の解明もしようとせず、大きな県の問題と切り捨て留ような人たちでは、宮崎にいいことをしてくれるとは思えない。宮崎の問題は、朝鮮学校無償化よりも、優先すべきことなのに。

 私にできる応援は何か。
 番組では、口蹄疫の被害を被ったのは、畜産農家だけではない。農家を宮崎産と言えば、仕入れを断られるなど被害を被った。しかし、補償がもらえるのは畜産農家だけだ、と言っていた。
 一消費者として、宮崎県産のものを見つければ優先的に買うことを続けている。
 宮崎フェアと知れば、なるべくその店で買うようにしている。
 宮崎産だから売れない、じゃなくて、宮崎産だから売れるんだ、と一つでも多くの小売店側に思ってもらえれば嬉しい。

 ずっと頑張って来ていて頑張りすぎている人たちは、これ以上頑張れないのだから、ガンバレといわれても、と戸惑いと困惑を覚えられるかもしれない。
 でも、今はこの言葉しか思い浮かばない。
 すごく頑張っているし、結果を出しているのもすごい。

 個人の力は小さいけれど、続けることで力になることもあると思う。
 今回の口蹄疫で分かった宮崎の頑張りとすごさを私は覚えていたいし、政府の対応も忘れない。
 忘れたくたって忘れられないよ、あのにやにや笑いは。

 口蹄疫の疑いが患畜が出た、と携帯配信ニュースで知った。また、あいつらはにやにやしてんだろうなあと、こんな記事になった。

追記:えびの市の感染疑いの牛ですが、検査の結果、口蹄疫感染でないことがわかって、本当によかったです。

  携帯配信ニュースでは「口蹄疫疑いの牛」とあったが、
実際は「口蹄疫感染の疑いが否定できない牛」であった。
この差は大きい。疑いは初報後一日で晴れた。
 宮崎県のイメージを損ねることは、すぐに、誤解を招くように報道するのが、朝日新聞社配信のニュースだと(他のところは知らない)印象を受けた。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3240-4f79e665

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。