お決まりの日々?

モモの節句でございます。

キルミンずぅ

某Oさんがご出演なさると、情報を頂き、お話の途中から見始めた『キルミンずぅ』。
いつだって私の世界を広げてくださるのは、某Oさんなのだ。

某Oさんが演じられた二ツ木さんは、やっていることは非道いんだけど、憎めないのがいい。
かわいい絵柄と、人の良さを感じられる声でつくられたキャラクターだから?
人体実験に、恋敵をミジンコに変えて大笑いとか、むちゃくちゃな人なんだけれど、
子供番組&フィクションの二重のフィルターに納まる状態に着地させたのは、
キャスティングの妙だと思っている。

彼を動かしたのは、主人公の母への恋心。
彼女への思いの丈をつづったラブレターは、差出人の名前を書きそびれて、
それを渡した男と彼女を結びつけてしまったから、主人公の夫は彼に恩を感じている。

物語の中では、「きのこ頭の変なおじさん」とされていて、
それを裏付けるような奇妙な行動や不思議な高笑いをしているけれど、
彼の書いたラブレターで、良心的でまともと表現されている主人公の母の心が、
彼女が渡し手に好意を抱いていたとしても、動いたのだから、
ラブレターの内容は、魅力的なもの、少なくても引くものではなかったはずだ。

誘われたら遊びに行くような関係だから、元からの友人なんだろうけれど、
書き手の思いを知っていながら、友人関係を続けていられるなんて、
善意で人を傷つけられる人なんだろうなあと、二ツ木さんサイドになってしまったから思う。

最強の生物を望んで変わった姿は、変な虫の姿だけれど、それでもやっぱりかわいい。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3274-74f4098e

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。