お決まりの日々?

モモの節句でございます。

月大劇『ジプシー男爵』/『Rhapsodic Moon』 2回目

 ちわっす! 今日のセディナ貸切公演を観てきました。

 今日も芝居で泣く。
 そのせいか、今日も頭痛がして、幕間に頭痛薬を飲む。今日は胃薬も一緒に飲んだので、大丈夫だろう。
これでショーにも集中できる!

 昨日見逃したところを、今日の見やすいお席(U先輩が当ててくれました)で、観劇用眼鏡とオペラも使って確かめると、やはり昨日気になっていた人は、越リュウとそのかだった。

「キャラバン」のシーン、一人、踊りが大きく回転が速いため衣装の裾が大きく広がっていたのは、やはりそのか。
 同じシーンの後半でそのかを後方にして、回る霧矢さんは、そのかが主演を立てようと加減したのかもしれないが、彼女よりも早く回る。

 かっこいいと落ちそうになったのは越リュウ。場の主演がマスクで出てくる悪い人たちのシーンでも、悪役らしいのが、越リュウとそのか。

 舞台端(上手)に後ろ姿で立っていても、スタイルの良さで美形に見えるのが、もりえ。モデルか9頭身かという彼女のスタイルは、芝居でも楽しめた。コスチュームが映えること!

 今日はよく見えたおかげで、気になったところに一点集中しているうちに、見逃してしまったところもあった。
 ぼんやりの方が見えやすいものもあるよなあ、全体のパワーバランスとか。
 今の月組は、主演(カップル)に重きがありすぎて、座長公演になっとるぞ。


 幕間にU先輩がぽつりとおっしゃった一言が突き刺さった。
「霧矢さんのファンじゃないと、この公演は通えない」
 終演後は「ショーがよかった」。

 帰り道、隣で見ていた二人の視線の先が、全く違っていたことが判明した。
U先輩は、美貌のW二番手を追っていたので、同じ場面で主演さん、越リュウ、そのかはほとんど目に入っていなかったご様子です。
 幼少のみぎりからタカラヅカ歌劇ファンの先輩は、ビジュアル重視。
 劇場と言えば、フェスティバルホールかリサイタルホールなどを指し、クラッシックコンサートかオペラ(母の趣味。ただしミーハーなので有名なものだけ)だった私では、価値観が違っていたのでした。
 歌ウマさんだったら、演奏がすばらしければ、(声が素晴らしければ)、美男美女に見えてしまう私と違って、U先輩はありのままを見ちゃう方です。
 そういえば、昨日の公演後「ル・サンク」(舞台写真集)をめくって、もっと綺麗にありのままを撮ってくれたらいいのに、専属カメラマンなんでしょ!と食指が動かなかったのは、私の目の方が、表現力マジックにかけられていたのか!(かなり失礼かも、すみません)

 ショーよりも芝居に泣いた、ショーより芝居がいい、通える!と思った私は、霧矢さんのファン以外の何者でもないようです。

 主題歌や使われた歌を覚えられるのは、良くも悪くも印象深かったということだと思うけれど、
「ジプシー男爵」の歌は何となく歌えるので、気にいったのだと思います。

 U先輩はまりもちゃんが可愛くなったと褒めてました。ゆら姐を恋する10代乙女にみせちゃった霧矢さんですから、相手役となるとその技は一層と、ファンの欲目はつきぬのです。(ライトファンでも!)

 トップさんになったというのは、退団カウントダウンが始まったということ。
 轟さんが大劇降臨してくだされば、一作伸びる?とか、脳内であがいてしまう。
 U先輩とは、劇団の若返り対策が遅すぎて&急すぎて、舞台がアンバランスという話もしました。
「いくつなんだろう?」
「私と○○さん(←OGジェンヌさん)が同じ学年だから、△歳ぐらい? ええっ!?」
と何にもならぬ、心配をするのが、ファンの常。
 元気に見えるのは、彼女を中心とする月組の舞台に沸く客席から、組子の盛り上がりから、噴き上がった祭りのようなエネルギーを食べているからだと思います。これが彼女の主食かも。

 でも祭りの後は疲れるんだよなあ。(世に心配の種はつきせじ)
 

 

覚書

 壮さんが納税協会だったかのポスターにはまっていて、これ以上のキャストは無い、見る目ある!と大受けしていたとき、壮さんはVISAの看板にはなれない、と私があげた理由をU先輩が今も覚えていると言ってくださった。
 きっちりすっきり明るい納税な爽やかポスターからは、借金なんてしません、クレジットカード? 借金でしょう? お買い物はいつもにこにこ現金払いですと断言しそうな感じがするとでも言ったのかな? 
 その当時クレジットカードには借金という印象が私には今以上にあって、
借金で買い物しそうにない雰囲気が、ポスターの爽やかリーマン姿の彼女にはあったのでした。
過去形? 今でもはまりそう。他にない雰囲気をもった、貴重なジェンヌさんだと思います。


追記

 ショー、後からじわじわ来ます。
 最初から最後までクライマックス状態で、詰め込みすぎだから、……こんらん。
 脳みそが消化できはじめた頃に、ああああっと思うのか。
 嵐(notジャニーズタレント)のように踊り狂う様々な団体が、次々と現れては、踊り去っていく。
 そして、何かに、最近同じく圧倒された、情報量の多い、何か、にかぶった。

 だんじりのパレードだ。
 ビルの二階から見ていた私の目の前を、次から次から、ものすごい気迫でエネルギッシュに、目いっぱいアピールして飛び跳ねながら通り過ぎていった、あの一連の流れに、このショーは似ている。だんじり組か。人が死にそうな勢いで怖ろしいな。

 舞台で死ねたら最高、という役者さんがいるが、彼女も同じ思いの人か。祭りで死ぬのは喜びというだんじり(やリオのカーニバル)メンタリティーの人なんだろうなあ。ハラハラ。

 ファンというのは、幸せなものですな。
 トップコンビをはじめ、月組総員でパキパキ踊ってくれてありがとう。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3279-36ada077

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。