お決まりの日々?

モモの節句でございます。

戦国BASARA ♯12(最終回)

最終回より先に、後番組から先に見ました。後番組も半兵衛役さんの人はやっぱり妖しい役だ。

だって、私視点の主役さんも相方(心の友)も、死亡フラグバリバリじゃないですか!
(心の友=アンにおけるダイアナのイメージ。BASARAで男どもを見ながら連想するのが「赤毛のアン」なのは私の引き出しが少ないせいね)

最終回で、豪快な図体からは、想像しがたい繊細な感性を持つ彼が、右腕とも心の一部でもある(ように感じられる)半兵衛を失って、どうなってしまうのか。慟哭するのか、人が変わってしまったように自爆ルートを突き進むのかと、勝手に心配していました。物語の立ち位置はラスボスなので、彼を倒したとお祭り騒ぎに、陽気に話が進まれるのも、ツライ。などなど思いが重なり、なかなか踏ん切りがつかなかったのですが、見終えてホッとしました。

半兵衛は、秀吉のためには命をかける、と有言実行で散った。
半兵衛の命の火が尽きたことを、感じ取った秀吉が、突然荒々しく、半兵衛と固めた自論を押して、最終決戦。
正宗くんの台詞がいちいち、半兵衛のことに変換されるところが、痛々しい。
半兵衛を失った秀吉は脆く、あの海を割った人とは思えぬあっけなさで、パーリーの邪魔、と倒されてしまった。

この番組における、けーじという人が与えられた役割がどのようなものであったのか、私には分からないのだけれど、それでも、最期に思いを託せる存在があるということは、その人にとっての救いであるから、けーじがいて良かったと思えました。(愛がなくてスマヌ。彼のことは秀吉がらみでないところは私の記憶に残っていないので、何をしたかった人なのかもわかっていません) 

秀吉の死の後は、EDクレジットを被せながらのその後話。
あれだけ大人数だったのに、絶対的なカリスマを失ったら脆いものと戦いが終わったことをつげ、メインキャラクターのそれぞれの仲間のどたばたで終わった。
やっぱり、戦国BASARA2の(裏)主役は彼らだったのねと、心でガッツポーズ。(私の愛はこの辺りに偏在しておりました由)

アホウなヒトタチも、口真似したくなるほどに面白かったけど。

次は映画化ですか! 秀吉様がでるなら(←絶対条件)、見に行こうかな?

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3282-8e8f5d95

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。