お決まりの日々?

モモの節句でございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの身軽生活

 秋の新番組が始まり、秋の特番もあって、HDD-DVDレコーダーさんが大変。忙しく働いて、私も忙しく見て、消せるものは消している。

 2004年2月購入の2003年秋モデルのバイオさんは、ファンエラーに負けずに頑張ってくれているけれど、Cドライブ容量が二桁MBと表示された時にはわが目を疑った。ギャーと叫んですぐにファイルの移動を始めたから、確かな数字は覚えていないのだけれど、60MBなかったと思う。
 文書ファイルや音楽ファイルや画像、といった自分で作ったファイルは、ほとんどDドライブに移したし、テンポラリーファイルもDドライブに設定したので、残るはプログラムファイルと更新ファイル。自分では処理できないので、PCさんに任せて圧縮してもらい、空き容量3GB確保。でもまたすぐ埋まっちゃうんだよ。総量18.6GBって少なすぎるやろ(購入当時はこれでも多いほうだった)。なのに3日たった今日は既に残り1.36GB。1.5GB強は、また更新ファイルに喰われちゃったのか?(追記:10月20日には残り600MB切っていた。持たなさすぎだ)

 5年住んだら引越し、と先日、人生の先輩方にうかがった。私も、引越しはしなくても、溜め込んでしまったものの大掃除の時期に来たように思う。
 この思いが強くなったのは、友人が身軽に引越しをしていくさまを、彼女のブログで知ったこともある。その前の住まいには泊めてもらったこともあるけれど、可愛くすっきり綺麗で、そのときのテーマに沿ったインテリアを楽しんでいるという感じをうけた。私のほうが持ちモノは多いのに、持たない彼女の方が幸せそうだった。
 彼女は実に物減らし上手で、思い入れのある品(EMUとか!)も、私に譲ってくれた。ただ捨てるのではなくて、ちゃんと欲しい人のところにまわしてくれるのがありがたいよね。
 桃餅姫も、本やゲームの賞味期限を感じておられるようで、良い状態のまま、マニアさん向け中古販売店に持っていかれる。すごい。

 比べると私の部屋は、物置みたい。
 いつでも引越しができる身軽さの、浮き足立つようなワクワク感が欲しい。住環境を変えよう、と思い立って、二つ本を読んだ。

片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術
(2007/04)
池田 暁子

商品詳細を見る
 週刊文春での連載の初回が、汚部屋の話で、父と爆笑。その頁の欄外に紹介があったので、読んでみようと思った。

 本屋店頭で読んで気になった。
新・片づけ術「断捨離」新・片づけ術「断捨離」
(2009/12/17)
やました ひでこ

商品詳細を見る

 よし、やろう。
 「だんしゃり」という言葉の響きも強い、とやましたさんは書いていた。
 見た目からも「だんじり」に似ている。あの勢い良く流れる「だんじり」。物が勢い良く流れていく気がする。
 「しゃり」という言葉から浮かんだのは、「アン・シャーリー」だった。『戦国BASARA弐』の秀吉と半兵衛が、アンとダイアナに見えていた辺り、アン的なものが頭のスペースに溢れているような気がする。カントリー調もいいかも? (熊井明子さんの本に憧れてポプリ作っていたぐらいだから、親和性は高いのかもしれない)

 熟読した二冊だが、共に買ってない。本を捨てることに抵抗があるので、流行り廃りが激しいハウツー本はなるべく図書館で借りて、気になるところだけ、まとめノートに写す、手で!
 だいたい、ハウツー本は、厚さの割りに内容が薄い。見開き二ページで大事なところは5行なかったりする。
 削っても意味の繋がるコトバが、ページ数を水増しするために入っているような気がする。そのくせ、同じような内容の方が、次々発刊されたりする。
 返却期限のある図書館の本だから、後回しにできないと気持ちが入る。
 手で写すのは結構大変。でも、手で書くと頭に入る気がするし、あんまり書きたくないから、短くまとめられて、後で見返すときも早いようにも思う。
 いい本でも、どうしても気になる、作者さんの癖というのがある場合がある。そういうのが外せるのが手書きのいいところ。
 昔は、テキストファイルに打ち込んでいたのだけれど、手書きの方が頭に書き込む、という感じがして、時間はかかるけどいい。副産物として、漢字が書けるようになる。キーボードー入力に慣れると、読めても書けない漢字が増えてしまって、ドリルでもやろうかと危機感を抱いていたが大丈夫。日常使う漢字は、日常読むテキストの中にあるので、書き写すことによって自然と手が思い出してくれる。漢字の成り立ちに気づいて、美しいなと手が止まることもある。

 手を動かして頭に叩き込めは次は実践あるのみ。継続は力。ゆっくりでもちょっとづつ続けていれば、いずれ、ハッと動き出す。やましたさんの言葉を借りれば、加速度がつくこともあると信じる。

 書き写しながら、秋の新番組も見た。ノートのいいところは、複数冊平行して書くのに、戸惑いがないところ。ノートのタイプが違うので、間違えることもないし♪ 複数画面を開けば、PCでも同じか。まあ、気分的に、ということで。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3296-75e40e27

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。