お決まりの日々?

モモの節句でございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テレビは医者を嫌ってない」 真々田弘(その2)

(その1)からの続き。

 前記事への早速のコメント、拍手をありがとうございます。続きを上げるのが、これらのご厚意への何よりのお礼と思いましたので、取り急ぎアップします。
 自爆されているように私には思え、突っ込み過多になってしまいました。(その2)に出したこの二項に略した部分はありません。

引用

部を繋げて読んでくださると、原文になります。


「月刊保団連 2010・10 通巻1045号」(14~19ページ)

テレビは医者を嫌ってない
----疑心暗鬼の連鎖を断ち切れば

テレビ報道ディレクター 真々田 弘(ままだ ひろし)


●医療側が言う「医師バッシング」報道。だが、テレビの現場の人間は「そんなことはやっていない」と考えている。私たちのルーチンの報道業務の中の一場面に医療があるのでしかないのだ。医療者と報道現場の人間との間にある壁。情報ギャップ。その本当の意味を理解しないことには溝は埋まらない。よりよい医療を求めている医療者とテレビ現場の人間との間の「誤解による」とも言える疑心暗鬼を埋めるための方法論は、相手を知ることである。



(その2)

取材者の後ろに視聴者・読者がいる
 取材者は、視聴者を読者を意識しながら取材をしている。医療問題を取材しているなら今の取材対象が語ることが視聴者・読者、つまりは患者にとってどのような影響を与えることになるかを、いつも考えている。

☆客である、視聴者・読者に受けるような内容になるようにを、いつも考えている。自分たちの立場である、患者にとって「耳優しい」報道を心がけ、その結果、自分たちはなり得ない立場の医者どもは、どうなっても知るか、と、昨今のマスメディア報道を思い返して感じました。

 「行政のこんな動きがある。医療者はそれでこんなに困っている」では足らないのだ。「行政の動きで患者にはこんな被害が出ますよ。その原因は医療者を絞るからです」となった時に、取材者にとってその話題が取り上げるべき題材になる場合が多いだろう。

☆絶句……。医者は患者をだまして儲けている。「医は仁術」である。医者は患者第一で尽くすべきであるのに、この頃の医者はなっていない、という報道を、マスコミ人も含めた「患者の立場」の欲求(クレクレ)で押しつけてきた印象が私には強い。「義務を忘れた医者たち」と、ベッドがない(受け入れられる準備がない)とは何事だ。廊下にベッドにおいてでも受け入れろと繰り返し「たらいまわし」キャンペーンを行い、ワイドショーでも医者たたきにあけくれたのは誰だったか。

 勤務医の過剰労働は、労働問題として重要だ。だが、ストレートにそれを主張しても、受け手にとっては他人事で終わってしまうかもしれない。

☆さらにその他人が、年収2000万で外車を乗り回している、とイメージ報道や、ドラマでイメージを固められていたら、金もらっているんだから文句言うな、になることは想像に難くない。

それを、「徹夜でへとへとの医師に手術されたいですか」の問いかけに変える。日勤から当直へ、当直から日勤へという異常な勤務で医療ミスの可能性が高まるのだという形に置き換えることで、初めて読者・視聴者は我が事ととしてその問題を考えることになる。

☆我が事として考えるようになったのは「読者・視聴者」ではない、テレビ記者自身が初めて考えるようになったのだ。大淀病院事件のマスコミ各社報道を私は忘れはしない。一人医長で、脳出血を起こした妊婦に付き添って救急車で国立循環器センターに行った医師が、診察があるからと後を任せて帰ろうとした、その時「患者さん家族の立場」でどのような非難報道をしたか。
 医療ブログなどで、いかに過酷な状況であったかの解説を何度も受け、裁判でも被告医師に非はない、と明らかになって初めて、「無理だったんだ」と分かった。で、上から目線で後出しじゃんけん。
 「嫌ならやめろ、代わりはいくらでもいると、医師たたきをしていたら、医療崩壊になってしまった。己の「医者たたき」を「みんな(視聴者・読者)はそう思っていた。だから悪くない」と罪を認めず、医療崩壊したら大変だよと考えられるように発信してこなかった医者が悪い、は、「いじめられる側にも原因があった」の言い訳とどこが違うのか。
 医療崩壊しても、医療関係者はあんまり困らないだろうなーとは当時から言われていたコト。医療者の知り合いには医療者が多いからギブ&テイクが成り立ち専門外の医療も受けられる。マスコミ記者さんたちは腹割って話せるほどの仲の医療者の知り合いが、そうはいないだろうから、あれだけのバッシング記事を書けたのだと思う。そういう記者さんたちは、医療崩壊したら大いに困ると予測がつく。

医療者の労働問題が、患者の安全と関わる問題となるからだ。そして、医療者にとっての問題が、いつかは患者となるしかない取材者自身の問題となる。

☆「みんな忙しいんだ」「好きで医者になった癖に、あまえるな、仕事だろ」「嫌なら辞めろ」と煽っていたのを、忘れちゃったんですね。覚えてないから責任は取らない。さすが、鳩山前首相と親和性が極めて高かったマス・メディアだなあと呆れます。

 マス・メディアを「医療の本質」に振り向かせるのも同じ理屈だ。マス・メディアという媒介物を通じて、人々に何かを伝えようとするなら、その媒介物の性質を理解しておかねばならない。記者にとって重要なのは、視聴者・読者にとってその情報がどんな意味があるのかが最も重要なことであることは間違いがないのだから。

☆「媒介物」? 媒介=両方の間に入ってとりもつこと・もの。「もの」が重なってます。私はシロートだけど、真々田さんの文章は名文の部類に入らないと思う。リズム感がない。言葉の使い方がきれいじゃない。論理の流れがスムーズじゃない。ぶつぶつと切れる。読みものとしても読みづらかった。そして、見事なダブルスタンダードを、ここにも見る。
・記者は、医療者が何を考えているか、何を伝えたいと思っているか、考える必要はない。シロートでお客さんである読者に受ける部分を切り取ってよし。それがマス・メディアだ。
・医療者は、患者に受けがいいように、記者が望んでいるものは何かを考えて、情報提供しろ。望むように伝わらないのは、医療者の説明の仕方が悪いからで、マス・メディアには非はない。
 マス・メディアは情報伝達のためにあるのではなく、人気取り商売。商売だから、お金をくれる方に利するように操作するのは、当然とわかります。

 だから、マス・メディアを振り向かせる、そして「伝えたい」ことを「伝えさせる」ためには、徹底的に、患者の視点、患者の立場に立つことが重要になってくる。

☆マス・メディアを振り向かせるのはお金ですか? パチンコが社会にいい影響を与えているとは考えにくいのに(ギャンブルで不労所得を期待するより、額に汗して報酬を得る方が健全なのは、共通認識じゃないの)、それを困った事とする空気もマスコミには流れない、マスコミがブーム、あこがれと持ち上げる、韓国でパチンコが規制されていることも報道されないのは、パチンコCMでマスコミ業界が潤っているからですよね。「患者」とくくって、分かるように説明せよというのは、非常に難しい。ベンゼン環を知らない人に、ノーベル化学賞の何がすごいのかを分かってもらうのは、まず無理なように、レベルの差がありすぎる。
 医者が「伝えたい」ことを、マスコミに「伝えさせる」ためには、読者のウケをとれる(=売れる。マスコミにお金が入る)ものにするように頭を作ってくれないと、「誤解」しちゃうよ、シロートなんだから仕方ないでしょ、分かるように言わないあんたらが悪い、という姿勢にプライドを持てるテレビ記者は、特殊な人種なのでしょう。アカデミックな分野の方々と相性が良いとはとても思えません。

医療者という、患者の健康、生命に直接関わる仕事であるだけに、それは決して困難なことだとは思わない。日々、相手をしている患者にとって、どういう問題になるのだろうかということから発想すればいいだけのことだ。

☆私は、ここまで、それもその世界で成功しているであろうマスコミ人の想像力が乏しいものだと思いませんでした。以下、長くなるので後にまわします。

 目の前にいる記者は、読者・視聴者のための窓口にすぎない。記者のために答えるのではなく、視聴者のために、患者のためにと意識しながら伝えていくということだ。

☆当然ですよね。個人的に記者に気に入られたいから、取材を受ける医療者は、いたとしてもごく稀だと思う。変な妄想。

「伝わる」ように「伝える」という知恵が必要なのだ。

☆「医者は知恵が足らないんだよ!」ん~。多くの医療者は、シロートであることが、最初の数十秒の受け答えで分かるであろう記者さんに対して、外来で患者さんにするような、平易な言葉での説明を心がけておられると思いますよ。自分の言葉が、その記者によって曲解され、それがマスメディアの力で強力に流布されることを望まれないでしょうから。
 相手が何を伝えたいのか、その分野について勉強して、上手に質問して聞きだし、読者との知識の上での橋渡しをしていくのが、プロのインタビュアーだと思うのですが(山根さんの「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」、分かりやすかったわ~)、テレビ記者さんにはプロはおらず、何を伝えたいのか分からないのは、相手が悪いから、誤解を招いたと言われるのも不愉快だ、正しく伝わる努力をしなかった相手が悪いになるようです。
 誰でもわかるように病気の話ができるのであれば、医学部はいらない。中学校の保健体育の時間で十分。そうじゃないから難しい。医学に限らず、簡単からは程遠い領域だからこそ、専門家が必要とされる。専門家の話は、その知識のないものには分かりにくい。だから、そこには話し手個人を信じられるか否かの、別の定規で判断する処世術がある。
 もちろん、分かりやすさも必要だが、分かりやすさを第一に、そぎ落とすとウソになる部分がでてきてしまう。これ以上簡単にすると、別の問題が生じるから、専門家として許容できない、というラインは確実にある。
 少なくても私が接した医療者は、「自分の家族なら」「私があなたの立場であったなら」の説明をしてくれた。それでも「その方がもうかるからでしょ」とか「その方が先生は楽だもんね」と理解されないことがあると言っていた。この理解のされなさは一つのパターンで、医療に限ったことではない。ものを買う時、信頼できる相手だと、良いものだから勧めてくれると思えるが、そうでもない相手なら、瑕疵があるからだましているのではないか、と疑うだろう。
 ましてや受け手が「医師は自己保身のために、医療ミスを隠蔽しているのではないか」と、疑いの目でねめつけているマスコミ人であればどうだろうか。そのマスコミ人に「医者は患者を金もうけの道具にしか思っていない。医療ミスは当然隠す」とイメージを植え付けられた人であれば?
 だから、そういう受け手は、もはや必要でないと考える人たちが、マスコミをはずして、個人で発信していくのは自然の流れなのだ。
 宮崎での口蹄疫、マスコミは何を報道したか? 報道されないから、県知事や畜産農家さん、江藤議員達は、ブログやツイッターで動画サイトで発信した。
 sengoku38さんも、動画を記録したメディアを「知ラナカッター」とマスコミが黙殺した(参考)から、自身で発信した。
 テレビが無編集で放送することを拒んだ、総選挙前の麻生vs鳩山党首討論の、報道された部分と全編を見比べれば、いかにマスコミが世論を導こうとしたかを、知ることができる。


マス・メディアを味方につける
 インターネットの広がりの中で数多くの現場の医療者たちが「医師ブログ」という形で、日々の仕事を、思いを発信している。今まで知ることができなかった現場の苦悩が、ダイレクトに伝えられるようになった。

 しかし未だに、多くの医療者は、マス・メディアに対して否定的である。否定を、取材を受けないという形で表現することも多い。

☆「取材を受けない」という「NO」の表現は、マス・メディアにとって非常に都合が悪いことが分かります。シロートだから説明してくれる専門家がいないと困るのでしょうなあ。

 しかし、そこからは、何も生まれない。
 メディアを批判することは重要なことなのだが、否定し、遠ざけてしまえば、新たに生まれてくるものはないのだ。

☆マス・メディアが、今持っている力を失いそうな期待は、多いにあります。

それどころか、伝えることを仕事としているメディアの人間を敵に回すことにもなりかねない。
 閉鎖的なものほど、猜疑心を生むのだから。

☆今度は恫喝。でも、ちょっと前までが、最大級に敵だったように思います。「テレビ、おかしいね」とメディアの異常さに、気付いてきた人が増えてきていませんか。知りたいことは、「WEBで検索」もテレビCMなどのおかげで身近になりました。私たちが情報を得る手段はテレビや新聞だけではなくなりました。「検索バカ」という言葉が生まれたぐらいに、インターネットで検索は当たり前になってきました。
 そして、病院のホームページや医師ブログは、オープンな作りになっています。著者のいう「猜疑心」は生まれにくそうです。

 マス・メディアは、特別な人間の集合体ではない。医師をことさら敵にしようなどとは考えてもいない。

☆医者を敵にしたい「患者」さんはいないと思います。

考えようによっては、医療を、医師を、何よりの大切なものだと思っている純粋な人間の集団である。

☆「メシ」の種として、専門領域の解説要員として? 自分で「純粋」というほど、それから遠いものはいないのではないか。「俺、純粋だから」という男、「そーよねー」と心酔できる女が(男女は逆でもよい)、どのようなタイプであるかを思い浮かべてみるといい。

 ただ、現場の記者が、とりわけテレビでは、医療についての十分な知識を持っていない場合が多いということなのだ。

☆知識がないと認めるなら、その部分だけでも謙虚な姿勢を見せてほしい。「実態を伝えることが仕事」とミジンコレベルでも思うのなら、なぜ、医療者を含めた取材対象がこれほどマスコミに怒りを抱いているのか、知ろうと思ってほしい。うんざりするほどにネットの中に見つけることができるから、ネットに対するバッシング記事を飛ばすのではないかと、思ってはいるが。

彼らを排除すれば、あるいは彼らに不十分な情報を発信すれば誤解が生まれ不十分な記事や番組となる。

☆ここでも、悪いのは医者と著者はしている。毎日のように更新されている医療ブログを見るに、ブログ主は、テレビの記者を排除し、「十分な」情報量で、たとえ「誤解が生まれ」ても訂正に持っていけるような、発信手段である個人ブログという手段に、安堵を覚えているように映る。

 だが、記者が医療を守りたいという思いを持つ善意の「空」であるとするなら、発信側が記者の目的=読者・視聴者への大切な情報の供給=を理解し、適切な情報発信をすれば、それがそのまま反映されてゆく可能性が高いということでもある。

☆この前提を信じさせるに足る報道をしてきた、著者が思っているであろうことに驚愕する。「医療を守りたい」「善意」「「空」」「大切な情報の供給」・・・・・・、空虚な言葉の羅列に冷え冷えとした虚無感に襲われる。

 医療崩壊という言葉が広がる今、読者・視聴者は間違いなく医療の現実について知りたがっている。だから、記者も知りたいと、伝えたいと思っているのだ。
 医療者側が、その知りたいという思いをいかに受け止め、「伝わる」ように「伝える」のかが問われている。

☆真々田さんの文章はこれで終わりです。最後まで「イシャガー」でした。
 (少なくても)医療報道について、マスコミは終わってる。
 知りたいと思う読者がアクセスでき、「伝わらなかった」「ここが分からなかった」と、読者がコメントの形で残せる医師ブログは最高の媒体だと、真々田さんが「医師向けに」書かれた文章から感じました。
 医師に取材拒否されると、テレビ屋さんは、大変困ることもわかりました。


 医療の現実を、シロートだから理解できないのは当然と開き直って、彼らにとって美味しかった部分だけをつまみ食いした偏向報道ではない形で、発信してくださる医師ブログの存在がありがたいです。
 今後もどうかよろしくお願いします。
 
 医師ブログ主のような専門知識を私は持ちえませんが、大淀病院事件裁判の傍聴をしました。裁判についても、妊婦の脳内出血についても、奈良の医療事情についても、シロートです。知らない、だから、少しでも分かりたいと医師ブログなどで紹介されていた論文やデータなどを、陣痛促進剤についても含めて読みました。傍聴メモを元に、専門家の方々が解説をしてくださいました。私が読んだものはすべてWEBにあります。なのに、この件に関しては、大新聞の記者さんよりも、私の方が「医療の現実」に対して理解していたように感じます。裁判自体についても、「伝えることを仕事としている」記者さんよりも、この方面でもシロートの私の方が誤解の少ない書き方が出来たのではないかと自負しています。

 著者は、医療者はマスコミにすり寄れ、さもなくば、と脅しているようですが、(かつて視聴者、読者であった)医療者だけでなく、現在の「視聴者・読者」にまで見捨てられそうなのはどちらなのか、疑問です。


 最後に、「月刊保団連 2010年10月号」に載せられていた真々田弘さん紹介の文章を引用します。

●テレビ報道ディレクター
1956年、東京生まれ。フリーランスのテレビ報道番組ディレクター/プロデューサー。医療から政治、経済、戦争まで取材ジャンル問わず、テレビ朝日「サンデープロジェクト」、TBS「報道特集」、NHK「BSドキュメンタリー」など多数の報道番組を手掛ける。著書に「誰が医療を守るのか~ 『崩壊』の現場とポリオの記録から」(新日本出版社)

誰が医療を守るのか―「崩壊」の現場とポリオの記録から誰が医療を守るのか―「崩壊」の現場とポリオの記録から
(2010/07)
真々田 弘

商品詳細を見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
半世紀を挟む現場取材から探った再生の展望。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
真々田 弘
1956年、東京都生まれ。1980年日本電波ニュース社に入社。1989年以降、テレビの報道・ドキュメンタリー番組のプロデューサー/ディレクター。テレビ朝日「ザ・スクープ」「サンデー・プロジェクト」「報道ステーション」、TBS「報道特集」、NTV「NEWS ZERO」、NHK「BSドキュメンタリー」「知るを楽しむ」など、取材・演出番組多数。現在、フリーランス(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


 テレビ報道で成功した、しかも半世紀も医療現場を取材してきた人であっても、この認識なのは、「マスコミの常識は世間の非常識」と言われる特権階級の人らしいと思わされました。
 マスコミが医療破壊に加担した、という認識は一切お持ちでないようです。だからこそ、今も現役でいられるのかもしれません。

 著者は1956年生まれで、著書の説明には「半世紀を挟む現場取材」とあります。本の出版は2010年7月、著者は53歳か54歳。
 つまり、4歳ごろから、医療の現場取材を始め、継続されてきたのですね。それほどにすごい優秀な方だったのに、今では「台所でネギ刻んでるおカアちゃん、ならぬおばさん、現代マスコミ風にいえば女子」である私にまで、突っ込みどころをたっぷり与えてくれるような文章の書き手になられてしまわれただなんて、本当にもったいないです。
 それとも、マスコミ体質に染まって、マスコミが大好きな中国様の「中国5000年の歴史」を倣った「半世紀を挟む現場取材」だったのかな。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3368-53869639

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。