お決まりの日々?

モモの節句でございます。

当然の結果

県知事がそういう方針だし、当然の結果だな。

女性自身 2月1日号
全国47都道府県 お国自慢“できない”珍ランキング

奈良
救急たらい回し率が高い
消防庁「2009年中の救急搬送におおける医療機関の受け入れ状況など実態調査の結果」

県が隣に大阪があるからいーじゃん、なのか、
2009年の調査で、救急患者を受け入れられない状態ワースト1なのに、
2010年に関西広域連合(関西7府県が、救急医療連携や防災等の府県域を越えた行政課題に取り組むために、地方自治法の規定に基づいて設立された特別地方公共団体:Wikipediaより)の参加も拒否。


奈良県は産科・産婦人科医数も最少である。

奈良大淀病院裁判の記憶は強いし(毎日新聞奈良支社という困ったマスコミが根を生やしている。
 毎日新聞奈良支社に、何かある思われれば、スクープと一面報道でたたかれる。
 他の報道機関にも飛び火する。マスコミの完全な思い込み、事実無根であっても、
 新聞紙面、テレビを使って、大々的にネガティブキャンペーンを張られるうえ、
「被害者」に訴訟を勧める地域である。たとえ裁判で敗訴しても、それらによる被害に対し、
 お詫びは一切しない、訂正記事も出さないという印象)、
産科医の時間外給与支払いは、知事自らが労働基準法を無視して踏み倒そうとするわ
(『新小児科医のつぶやき』様 2010-11-242010-11-25)で、
産科・産婦人科医からの覚えがよろしいはずがない。

栃木
妊娠分娩および産じょくによる死亡率が高い
『総務省統計局」統計で見る都道府県のすがた2010

栃木、といえば、琴子の母様が、第一子を亡くされたのが、栃木にある「自然分娩」な助産院でした。
そういったところがまだ頑張っていて、死亡率を上げているのかしら、と考えがよぎりました。


今週の『女性自身』の巻頭カラー3ページは、佐藤健氏でした。
肌色な佐藤氏はあんまり嬉しくないな~。


本文トップは、
雅子さま(47)“復活”支える新女官は東大卒のスーパー翻訳家!

訳書が3冊、しかも共著が二冊の“スーパー翻訳家”木本彰子さん(61)が、
東宮女官として新しく採用されたそうです。

・“いつもの”10時半ごろより大幅に遅い12時20分ごろに、護衛の車とともに学習院前に到着。
・だが、愛子さま(9)は車に“籠城”、15分出てこられなかった。
・しかし2時間後には打って変わって上機嫌で出てこられ、雅子さまと車で帰られた。
・学校には抵抗感があるが、翌日のスケートは楽しまれた
と、一般的な「登校拒否児」とはちょっと違うように、
『週刊女性』の記事からは映る状態の、愛子さまのためには、
児童心理学がご専門の女官のほうが必要なように見えるのになあ。
(東宮御所と学習院初等科との距離は、徒歩10分なのにお車通学なのね)

しかも共著のパートナーで、『女性自身』の記事にもコメントを寄せている
広中和歌子前参議院議員(公明党→新進党→民主党)さんは、
ご本人も、旦那さん(広中平祐さん)も娘さんも池田大作さんと親交厚く、
広中さんの実弟が木本さんの亡くなった旦那さん。

知人が巻き込まれている関係で、創価学会信者のつながりのえげつない強さを
感じさせられている私には、
スーパー翻訳家、木本彰子さんは、創価学会(より)の人に思われます。

この木本さんを、東宮女官庁就任を前提に採用するのは、
雅子さまの強い意向だそうだけれど(女性自身記事)、
皇室になじめないために、異例の長期の「適応障害」を起こされている
雅子さまは、ご自身を皇室に近づけるようになさるのではなく、
皇室をご自分のお好みのように変えるのだと、意思表示をされているように、
私はこの記事から受け取りました。

“新しい公務とは?”“愛子の教育をどうするべきか?”など、さまざまな悩みをかかえていらっしゃる雅子さまに、同窓生で海外生活経験もあるお話し相手が身近にできることは、素晴らしいことだと思います。

と、皇室ジャーナリスト松崎敏弥さんがコメントしているが、
“新しい公務”が日本の皇室に必要と考えているのは、おそらく雅子さまとその周囲の方々だけだろう。
世界一長く続いた伝統を守ってほしいと願っている日本国民がほとんどではないかと思う。
内親王のご教育は、まず不登校問題の改善から。それには畑違いの翻訳家より、専門家が適任。
雅子さまは海外生活経験がある女性でないと、お話相手と認めないのだとおっしゃるのであれば、
そのような人物を探してお願いすればいいのに、と不思議です。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3377-03cfff9c

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。