お決まりの日々?

モモの節句でございます。

久しぶりの朗読レッスン

朗読会が近づいてきました。
そろそろ準備しなきゃ、間に合わないよね、と、今日に時間を作りー、
……昨日の夜10時に、職場の人が発熱して明日休む、代わりに来れる?という
電話が来ました。別の人が行ってくれることになり、
私は久しぶりのお稽古に行くことができました。

「素直じゃない」からなのか、なかなか入り込めないお話だった。
「この中から選びなさい」と勧められた本は、残酷な話ばかりで、
そこからケチがついていた。
当時は結構つらかったので、趣味の世界だけでも、幸せなものを読みたかったのだ。
いくつか読みたいものを持っていったけれど、私の力不足で、
お話の魅力が伝わらず、「ダメ」だった。

薦められた本の中で、小さなロケットの話をまだ「読もうかな」という気になれたのは、
工学探査機はやぶさ関係の本や動画を見まくっていたおかげで、
イメージがしやすかった、という点にあるのだけれど、
ロケットに対する知識が(興味のレベルでも)あることが、仇となった。

「小さい」と書いてあっても、
何年も宇宙空間を稲妻のように飛び続けられる動力装置を持ち、
それを動かす燃料タンクを備えている。
大気圏に突入して大した損傷がない描写から、シールドも厚いはず、
さらに人が乗れるようなサイズ、となると、
私の頭の中では、ロケットとしては「小さくかわいらしい」のだけれど、
それが飛行場に立っていたら、人は見あげる格好になるよね、になってしまう。
先生は、「食卓テーブルに載るぐらいの大きさ。人ぐらいのサイズ」とおっしゃり、
「違う」「切り離して考えて」
と何度ご注意を頂いても、なかなか小さくできなかった。

でも、しばらくテキストから離れて、
(はやぶさ関係にはどっぷり漬かっていたけれど)
やっと吹っ切れたという感じ。
(ペンシルロケットだってあるんだしな)

結果お話としての「小さい」イメージになっていたようで、
その部分はOKを頂けた。

先は長いが、発表会までの時間は短い。
人には波長があって、きっと先生のそれと私のは、今あんまり合ってない。
だから、納得できません、と言っても、遠すぎて理解できない。
そういう時は、分かる部分から吸収して、そこを足がかりに、
広げていくのがいいように思う。
どうしても、納得できなかった「小さいロケット」が、
今は不思議とすんなり、そんなものだったのか、と理解できたように。

ちょっと前の私は、やる気のような色気が、空回りして、
こうでなければおかしい、とかたくなだったように思う。
先生も大変だっただろうなあ、と反省した。
固くしていたら、吸収はできない。
見はなさなかった先生に、感謝の気持ちです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3398-bf957de7

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。