お決まりの日々?

モモの節句でございます。

四大陸見てます……

タダで見せてもらっているのだから、ありがたいと思うべきなのかもしれないが、
相変わらずフジのフィギュアスケート番組の作りは気持ち悪い。不治の病なのだろう。
世界選手権もフジか。また女子の解説で塩臭と思うと、ぞぞ気が走る。

金曜プレステージの男子SP番組にも、
今年姿を消していた、五輪金メッキメダル女王の映像を意地でも入れてくる。

ヨーロッパ選手権でインタビュアーに、現地関係者が答えた名前は、MAO ASADAだった。
私も彼女の演技に泣いてしまうが、良い演技は綺麗な魂への感動は人種も国境も超える。

男子SP番組の作りも大概だったが、
女子SPのオープニングの気持ち悪さは、他に類を見ないものだ。
『大奥』の番組宣伝が入るのも、女のドロドロを強調する。
勝ち負けに異常にこだわるさまが気持ち悪い。

一部の選手をのぞいた他の多くの選手が勝ちたいのは、
昨日までの自分だと私は感じる。
どこかの国の誰かさんみたいに、特定の誰か、じゃない。

その時の自分のベストを尽くして、
それでも、
ライバル、すなわち好敵手と認める素晴らしい選手の方があっぱれ見事であったと
納得できたら(他にややこしい要素がついていなければ)、
出てきた結果が「負け」であっても悔しくないはずだ。
持ち株の19.999%が外国人によって押さえられている(便利だからなどの理由で、
 国籍を日本に変更した人たちを含めるとかなりの数になるのではないか)テレビ局だから、
その方々の価値観に合わせたものになっているのだろうな。

選手は、自分の納得する演技が、点数で認められると嬉しいが、
競い合える相手がいることを幸せと感じている選手は、
不当に高くて、ライバルとの競い合い、高めあいに、
支障をきたすかもしれないような得点が付いた時には、
おかしいな、という表情をする。

アイツだけには負けたくない、
じゃなくて、
すごいと認めるあの人より良い演技をしたい、その結果としての勝利が欲しい。

不戦勝だったり、ライバルが大くずれでの勝利だと嬉しくないんだよ。
だって彼女たちは、彼らは、競技者だから。
そして、フィギュアスケートを、他に代わりがないほどにこの上なく熱烈に愛しているから。

挑戦する人が纏う美しさがある。
挑戦し続ける人は、内側から出るもので、発光して見える。
それを後光が差してみえた、光っていた、と表現する人もいるかと思う。
(ご公務をなさる皇后陛下が発光されていた、とか、紀子さまに後光が、という表現を、
 個人ブログなどで見かけることがある)

彼女ら彼らの演技そのものが、これ以上なく凝縮されたドラマだ。
見れば十二分に心に響く。
余分なビデオは要らない。
テレビ局やアナウンサーや「感動ドラマ」をくっつけた分、
演技者が文字通り身を、軟骨を、選手生命を削って表現した、真のドラマの感動が薄れる。

最終グループ前に入った過去Videoにあるアナウンサーもどきの絶叫は、時間がたっている分
輪を掛けて邪魔に思う。
三連続!って解説の方がジャンプの種類を行った後、叫ぶことに何の意味がある?
子供でも三回ジャンプが続いたのは見てもわかる。
塩原アナウンサーは、ラジオがご専門なのか、ご自分がなさっているお仕事が、
映像媒体であるということを忘れられたようだ。
解説が現況しなかった部分を補うための実況は有用であるが、実況が解説を邪魔している状態。
演技に引き込まれている視聴者の邪魔をしたいのだろうと邪推する。
また、音声を消せば、それほどこちらにこない演技に、
解説がひっきりなしに「○○(←つなぎなど)もいいですね~~」を続ける奇妙さが加わり、
ますます冷める。
演技に入る前にべらべら御自説(?)を並びたてられるのも、
真剣な演技だから、真剣に受け取ろうと思う視聴者にとっては、集中の妨げ以外の何物でもない。
つい「五月蝿い」と相槌のように返してしまう、自分の声も煩いので、
二回目以降は音を極力絞り、音楽は口で再生することにして、大分ストレスは軽減した。
(ライブでもない放送は、録画して後で見ることにしているのは、
 そのような「(視聴者として)白けた」演技の後に入る実況と解説の脚本読みを、
 倍速で送れる利点があるからだ。煩い実況も上記の方法で除去できるし)

ツマラナイ脚色で、本物をツクリモノにする。
「失敗続きだ」と印象付けるVideoを演技前に流して、今回もダメだろうと先入観を持たせる。
誰が得をするのか。

どうしても持ち上げなくてはならない人・物が、
先入観なしのニュートラルな視点では、蹴落としたい対象にはとても及ばないために、
やっているようだ。ありのままを放送すると、
A選手の演技では感動したのに、B選手のはそうではなかったね、
点数はB選手の方がずっとよかったけど、と洗脳対象の視聴者に疑問を持たれてしまう。

そのため「良い演技に感動させない」のを目的として、「ドラマ」全体のレベルを下げる。
その上で、持ち上げたい対象をべた褒めする。視聴者に誤認識させる。
私がワイドショーや“報道”ワイドショーのコメンテイターらが苦手なのは、
自分の価値観で良いと思うものと、彼らが良しとするものが、
正反対に位置する位に乖離しているゆえ、脳が混乱して気持ち悪くなるからではないかと、
四大陸の放送を見て、気付いた。

選手が作り上げる世界(よく「○○選手の世界観」と解説に入るが、それをぶち壊しているのが、
 番組構成である)やその中で表現されているドラマの中に引き込ませるのではなく、
視聴者の感情を揺り動かすのではなく、
「正しいことをいうテレビ」にうなづかせるために、白けさせているような気持ちすらする。

特にその「世界観」を著しくぶち壊しているのが、
おやじギャグ連発の美しさの片鱗も感じさせないおっさんポエム。

塩OFFボタン「有料」があれば、ぜひ買いたい。
5分=100円で、実況部分の音声をカットする機能の付加は、
放送がすべて地デジ化すれば、可能だろう。
追加料金払うんで、よろしく~。

そして、やっとたどり着いた、
女子フリースケーティング最終滑走者。
他国の選手の演技も楽しみなのだけれど
(未来ちゃんは何を言っても可愛いし、フラットさんステキ、ファヌーフさんも好き)、
私に一番感動をくれる女子フィギュアスケーターは、
真央さんだから。

真央さん、今夜も幸せな涙をありがとう。
トリプルアクセルの後のスケーティングから涙があふれ、
フィニッシュでは変な声がでるほどに、幸せでした。
シットスピンの時の真央さんの背中の美しさにも、呑まれます。

プルシェンコ選手や、スルツカヤ選手、
そして浅田真央選手と同時期に生きることができて、彼らの活躍を追うことができて、
幸せだと感じます。

滑り終えた後のお話も良かった。
課題が見つかった、さらに上を、今日の自分を超えていく、という美しいエネルギーは、
宝物です。まっこと本当に綺麗。うかれちゃうほどに素晴らしい。

あのフジが、君が代を流し、日本国旗を映したことにも驚きました。
スポンサーへのお問い合わせが、効いたとみえます。

*Comment

浅田真央さん、本当に素敵!! 

今回のスケートの大会はフリーだけビデオに録って観ました。
「のりうつる~!! 」とか「シックスセンス」とか呪いの言葉のようなアナウンスを聞きたくなくて、リモコンを握って映像を飛ばしまくって観たので、疲れました。


浅田真央さんの演技、よかったです。
神々しい美しさで、別次元です。

審判やマスコミや明らかに能力不足の選手(約一名)から、これでもかと、いじめられ続けても、向上を続ける彼女はすごいです。

ところで、私の体調のことを、いろいろ心配してくださって、ありがとうございました。
暖かい春がそこまで来ていると思うと、少し楽になってきました。
一月後半から二月にかけては、元々、苦手なのですが、昨年末にがたっと体調を崩したのが、その後まで響いたみたいです。
…鬼さん、そういえば、かわいいのもいますね。
  • posted by カステラミルク 
  • URL 
  • 2011.02/24 11:02分 
  • [Edit]

春の訪れ 

今日も暖かくて、春が近いのだなあと、体感してきました。
友達は、花粉で目が赤い~と苦しんでおりましたが。スギ花粉も春のものだから、間違いではないですが……。

寒のもどりもありそうですが、二月もあとわずか、確実に春に向かっています。
先週通った道に、今日は梅が見事に咲いていて、素晴らしい香りに、うっとりとしました。

カステラミルクさまは、もともと苦手にされているシーズンを、今回は体調不良で迎えられたのですから、
さぞお辛いことと思います。
ゆっくりしっかり、回復されていかれますように。

春の女神のように優美な浅田選手の演技に、カステラミルクさまも魅了されたのですね。
世界選手権で、結果をどういじくられようとも、彼女の演技の素晴らしさに偽りはないので、リモコンでアナウンスを飛ばしながら見ることにします。


P.S. 鬼さん、可愛いと言ってくださり、ありがとうございます。(私が、兄と呼ばせて頂いている赤い鬼さんのことですよね!)
 素敵なので、すぐに好物のプリンを買ってあげたくなってしまいます。
  • posted by たまりょ 
  • URL 
  • 2011.02/25 00:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3414-1668f08f

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。