お決まりの日々?

モモの節句でございます。

「この言葉よ、届けよと念じます」 システムの復元を!

言霊の国の、元首相の所信表明演説を、読み返す機会を得た。

先日、賜った天皇陛下のお言葉もそうであったが、
想いが溢れる演説は、文字よりも映像で見る方が、絶対にいい。

心の中からあふれて言葉の形になったものは、極力、手を使って書くことによって、
行動によっても共振させ、自分の中に取り入れたいと願う。

2008年9月29日に発せられたこの「言葉」の強さを、二年半弱経った、今にこそ、必要と感じる。

 日本は、強くあらねばなりません。強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、一層の飛躍を成し遂げる国であります。
 日本は、明るくなければなりません。幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑む国民だったことを知っています。この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。蘇らせなくてはなりません。
 日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子どもたちの未来に、夢を。
わたしは、これらをもたらし、盤石のものとすることに本務があると深く肝に銘じ、内閣総理大臣の職務に、一身をなげうって邁進する所存であります。
 わたしは、悲観しません。
 わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑問も抱いたことがありません。
時代は、内外の政治と経済において、その変化に奔流の勢いを呈するが如くであります。しかし、わたしは、変化を乗り切って大きく脱皮する日本人の力を、どこまでも信じて疑いません。
 そしてわたしは、決して逃げません。




二年半前の演説に、今回考えさせられることがまだあります。

 不満とは、行動のバネになる。不安とは、人をしてうつむかせ、立ちすくませる。実に忌むべきは、不安であります。国民の暮らしから不安を取り除き、強く、明るい日本を、再び我が物としなくてはなりません。
(中略)日々不安を感じながら暮らさなくてはならないとすれば、こんな憂鬱なことはありません。わたしは、これら不安を我が事として、一日も早く解消するよう努めます。

マスコミが、不安をあおり、被害に立ち向かおうしている被災者の方々、一緒に戦おうと思う被災地外の人々を、「うつ向かせ、立ちすくませて」います。

 日米同盟の強化。これが常に、第一であります。
(中略) 今後日本の外交は、日米同盟から国連に軸足を移すといった発言が、民主党の幹部諸氏から聞こえてまいります。わたしは、日本国と日本国民の安寧にとって、日米同盟は、今日いささかもその重要性を失わないと考えます。事が国家・世界の安全保障に関わる場合、現在の国連は、少数国の方針で左右され得るなど、国運をそのままゆだね得る状況ではありません。  今後日本の外交は、日米同盟から国連に軸足を移すといった発言が、民主党の幹部諸氏から聞こえてまいります。わたしは、日本国と日本国民の安寧にとって、日米同盟は、今日いささかもその重要性を失わないと考えます。

今回の大震災でも、実際「友達だ」とオペレーション名に明らかにして、
助けてくれているのは、日米同盟のアメリカでした。
 国連の影響力の大きさをしめす、絶好の機会であるのに、
その話はテレビでもネットでも、現地からの発信からもほとんどうかがえません。



実家のパソコンから音が出なくなった。
以前のときは、グーグル先生にお尋ねして、オーディオディバイスの設定を変えれば、
音が出たのですが、今回はそれではダメみたい。
本日は時間切れで、システムの復元は次回試すことになった。

パーソナルコンピューターでは、「システムの復元」ができるのに、
政治の世界では「システムの復元」はできないのかしら。
パソコンと同じく、失ってしまった故、欠けたままで行かなきゃいけない苦しさと、
(中川昭一さん!)、
ただでさえ震災復興は大変なのに、
子供手当のためか、原発対策予算を枝野さんが仕分けしたなどの、トンデモ部分も
処理していかないといけないから、難しいと思うけれど、
現行のシステムエラー状態よりは、よっぽどいいと思う。

今、アメリカや自治体、経団連、民間と組んで、自民党がやっていることを、
表舞台にあげるだけで、随分、効率よく進むはず。
谷垣さんに大臣になってよ、というより、
麻生さんに内閣総理大臣を代わってもらえますか、という決議案を出してほしい。



ホウレンソウや牛乳で騒がれている基準値は、今年の3月17日に事故を受けて急きょ決まったもので、
しかも、以前との比較もなく、風評被害をまき散らすためだけに設定したのかと、
半減期などの言葉を聞いたことのあるレベルなら思うバカラシさ。
4日前、友達のドイツの友達が、日本全土が汚染、外国人は海外に逃げ、
海外では原発事故前の日本産粉ミルクの値段が高騰しているのが証拠、心配心配~(※デマ)の母が、
一応理系なので、安全性についてみっちり筆談で教えた成果か、
「嫌われているホウレンソウを買ってきた」と得意気でした。
私も頭の出来はよくないから、人を馬鹿とは言えないけど、頭を使おうとしない人は苦手です。

母友に、読ませたい記事がssd先生のブログにありました。
母には、その人がバカ、「一生飛行機乗るなよ、放射線怖いからね、と伝えて」と頼みましたが、
ssd先生のブログ記事を、プリントアウトして、今度実家に持っていこう。

『ssd's Diary』様より「脳を筋肉にするトレーニング」
川島先生の河北新報記事が紹介されています。

『天漢日乗』様で紹介されていた、
日本医学放射線学会の「放射線被ばくなどに関するQ&A」も分かりやすいです。現在Ver.3 (2011/03/22更新)と更新されているところも素晴らしいのですが、
それだけ、危険危険と騒ぐマスコミ報道に煽られての「お問い合わせ」の形をかりた、
現場業務の妨害プロジェクトが進んでいことの証明でもあり、
ホンっと、電気の無駄遣いでもありますから、百害あって一利なしの無責任報道は電波止めとけ、
と強く主張したい。

原発嫌、と言えるのは、今の文化水準を8割以下まで下げる覚悟のある人だけだ。

Wikipediaによると、「2010年現在、日本における電力量の約23%を原子力が担っている」そうな。
さらに、鳩山イニシアティブだったか、CO2削減25%を世界に公約してしまった現在、
これを火力発電に変えていくのは難しくて、風力は日本に適さないし、
水力は「無駄」の象徴であるダムが必要で、かなり仕分けされたし、
日光ぐらいしかなさそう。そして日本には梅雨があるのだったよ。梅雨の時期はどうすんだ?

GDPがコンマ以下下がると、わーわー騒いでいるのだが、
電力が減れば、それに比例して生産力も落ちるわけで、
電気をあまり使わなかった(24時間営業なんてなかった、
 学校にはエアコンがなく、石油ストーブだった。ペットボトルは一般的でなく、
 ガラス瓶を回収していた、チラシは切ってメモにするなど、ものを徹底的に使いまわす)
「不便な」時代に戻る覚悟がないのに、原子力発電はダメ、というのは、
タダのクレクレくんだ。


デマ、煽りについて注意を喚起する歌が作られていました。素晴らしい。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3453-1e94717f

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。