お決まりの日々?

モモの節句でございます。

国の補償、を行った場合の数字が欲しい

野菜(や海産物)の、政府からの出荷停止命令に伴う、
生産者が受ける不利益には、法律により国が補償をせねばならない。

健康を第一に考えれば、少しでも危険があるものは取らないに越したことはないだろう。

同様に、
健康を第一に考えれば、
アルコールも適量にすべきだし、たばこはやめるべき、
酸化した油と炭水化物の塊のようなスナック菓子は食べるべきでないし、
砂糖、人工甘味料に人工香料で出来ている清涼飲料水は論外、
食品添加物も食べてはだめ。睡眠不足や不節制、食べすぎも止めるべき。
ストレスも身体に悪い。
もちろん、老化に皮膚がんにと、百害あって一利なしの紫外線は、完全絶対防御をする!
性感染症が起こる可能性から、性風俗は撤廃しなければならない。
(日本国内の某国人による性風俗店の調査をした結果、約半数の女性が、
 子宮頸がんの原因ウイルスを保持していたことが分かった)
車に乗ると、交通事故の可能性があるから自動車は使わない。
電車も、福知山線のような事故を起こすかもしれないから、乗ってはダメ。
家から出ると危険だから、出てはいけない。

少しでも危険があるものは避けたい、というのは、そういうことだと思う。

核爆弾の実験を、各国が競うようにやっていた時代もある。
光化学スモッグがすごかった時代もある。それは食べて大丈夫なものだったのかしらん?

さて、その出荷停止と、それに随伴する廃業、
再び生活の糧を得られ、納税できるようになるまでの「国からの保障」を考えると、
福島県産の野菜を食べないことによる、国民一人当たりの負担金額はいくらになるのだろうかと思う。
計算した数字が欲しい。

乳幼児に食べさせたくない、という気持ちはわかる。
でも私など、人生半分すぎただろうな~(祖父母はおおむね長生きだったが、
 私の生活は健康から遠いから、早く死ぬであろう)と実感しているものは、
例えば、30年後に癌になる確率が~といわれても、充分好発年齢だし、と思うだろう。
(万年寝不足で、食事の時間は不規則。スナック菓子も買う。お酒も咽が治れば飲む。
 食品添加物てんこもりのインスタント食品も、時々は食べる、そんな不健康さだしな)

「政府が補償」といっても、与党議員のポケットマネーから補てんされるわけではない。
「国が補償」の財源は、納税者からの税金。
家族を、住むところを、仕事を失った被災者から取り立てるわけにはいかないから、
納税できる人の税金は高くなる。

廃棄される野菜の量が半分になれば、その分、税金の負担は減るんだよね、
協力するよ、と、私と同じような年代の人たちが、
子供には食べさせたくないけど、福島のお野菜を買って食べることを選択するかもしれない。

もし、廃棄される量が半分になるのなら、補償と合わせて(廃棄するにもお金がかかる)、
一家族当たり、年間いくらの負担になるか、数字を出してほしい。

全部廃棄したら、年間いくら。
半分なら、年間いくら。
来年になれば、農家の方々が元通りお野菜を作れて、出荷できる、という保証はないので、
それが何年続くか分からない。

数字が示されたら、
もちろん、精魂込めて作った作物が毒物のように扱われる農家への補償をケチることは
あってはならないのだけれど、
そのうえで、
税金が減るのなら、ちょっと危ないかもしれない、
でも農家の方が丹精込めて作られた美味しい野菜を食べたいと思う人もいるだろう。私はそうだ。

きっとその野菜を買った時は、日々義捐金(前記事参照)の額も、ちょっと増やしてしまうだろうな。


危険危険、と何度もアナウンスされると、
どういう基準を明確にしない基準値の○○倍、という、
数字の部分だけが強調された結果、独り歩きまでして、不安を煽っているような気がする。


天皇皇后両陛下は、寄せてくださるお心を、またもや目で見える形の思いやりにしてくださった。
被災地へのお見舞い金に、ビデオメッセージ、お風呂解放(と秋篠宮家妃、姫君によるタオル詰め)、御料牧場の食材の御提供。

そして、避難所のご訪問。
東日本大震災:都内の避難所を両陛下30日訪問

 天皇、皇后両陛下が30日、東日本大震災の被災者が生活する東京都内の避難所を訪問する方針が固まった。
今回の震災で両陛下が避難所を訪れるのは初めて。
都によると27日現在、都が開設する避難所は3カ所で、
岩手、宮城、福島などからの被災者は計約580人。
区などが窓口になっている避難所を合わせると、都内では16カ所に約1000人が避難している。
両陛下が訪問する避難所は1カ所で、約1時間の見込み。【真鍋光之】

毎日新聞 2011年3月28日 東京朝刊

制約や、警備のこともあり、思いをすぐに行動に移せるお立場ではない
天皇陛下ですから、すぐにお見舞いに行きたいとおっしゃられて、
やっと30日にご実行可能となられたのだと思います。
東京で短時間なら、警備に割かれる人員もそれほどではないでしょう。

30日の御訪問に伴う人の動きから対策を立てられ、なるべく早くの被災地訪問、
今頑張っている方々、耐えておられる方への、励ましと祈りを実現させようと、
お考えなのでしょう。

朝から嬉しくて泣けてしまった。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3463-8a8129ff

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。