お決まりの日々?

モモの節句でございます。

4月は吊釜

吊釜に旅箪笥。

山道の桜を抜けての行き道とセットになって、
4月だよ、と教えてくれる。

3月までは灯油ヒーターがあったお茶室も、外の風を感じられるようになっており、
水屋横の窓からの光が怖いほどまぶしい。
怖いのは、日光過敏のせいもあるけれど、季節の変化に付いていけない、
置いてけぼりを喰らっている現実に直面しているからなのだと思う。

今日のお軸は、かぶら。

お花もかぶら。馬酔木と椿。


玄関先には、池にぽとりと落ちて浮かんだ椿の花が、風で集められたような趣向。

右横の、ポストの懐かしい赤さと、白椿の中に散在した目を引く赤が
共振しているようで、やわらかく映る。

今日感じた季節を自分の中に入れ、追いつき、貯めてしまっている3月のことを、
片づけていこうと思う。

吊釜でのお手前、炭手前は、4月にしかない。
炭手前で、
一つ終えれば鎖を一つ上げ、もう一つ上げ、戻す段にも順を追って一つ下げ、さらに下げる
鎖の扱いも懐かしい。
「手順」と書くが、字の通りで、手が順序を覚えていることに驚く。
頭先行の素直でない私に、何度もお稽古を付けてくださった結果なのだと、感謝する。


三月から新しく職場に加わって下さった新人さんの一人は、とても素直な方だ。
素直な上に真面目。

先日、仕事が始まるまでは不安で一杯だったが、
いい方ばかりで嬉しい。良い職場だったので安心して仕事に来れる、頑張る、
と感謝の手紙を頂いた。
前の職場のやり方を持ち込まず、丁寧にひとつづつ着実に覚えていこうとされる
姿勢を美しいと感じた。

私も「素直に」お茶に(お茶に限らないが)取り組んでいれば、
考える前に手が動く、という静かな状態への入り口に、到れたのではないかと思う。

能力がないことを認めようとしない。
肩肘張って自己主張して、「出来る」自分を演出しようとして、
空回りしてきたことに、20年近くたってやっと気づけたのだろう。


メインの職場では、トップが次代に変わった。
前トップは相談役のような形でいてくださり、支えとなっているが、
これからは決定するのは次の代になる。

その人と働く時間ができ、速さの技術の大切さと確かさを感じた。

私の仕事は、どちらかと言わずとも効率が悪い。
二年目に突入したサブ職場でも、数字データで見える稼ぎは、悪い。
のにかかわらず、二年目に突入したサブ職場の時給が増えていた。
キャリアとしての採用だったので、研修期間もない変わりに、
昇給の話もなかった。

私の仕事は遅いのだが、丁寧だと言われる。
お茶のお稽古でもそうだが、もっと丁寧な人を私は知っていて、
それらの方々に「雑い」と御注意頂いているので意外ではあるが、
(丁寧は、面倒くさいし、縛りが多いので、疎ましい)
なんとなく体裁が整うぐらいの丁寧さはあるのだろう。

サブ職場での昇給の理由は、来社アンケートかもしれないと思い到った。
ネットや広告ではなく、家族や知人からの紹介など口コミと明記されていることが増えた。

丁寧さからは信頼が生まれるのかもしれない。
私が宝石卸業の方を信頼しているのも、彼の不必要なまでの丁寧さによるところもある。
丁寧には知識と技術(と時間)が要る。
知識と技術には相応の料金が発生する業界を羨ましく思うが、その分シビアなんだろうなあ。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3493-551a56b5

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。