お決まりの日々?

モモの節句でございます。

『江』 ♯17~21

先輩「トヨエツが出ないから、もう『江』は見ないの?」
先日、宝塚大劇場での幕間での会話。

いえいえ、録画はしていますので見ますよ。上野樹里さんは好きだし。
しかし、三成と茶々の出会いから三成の最期まで1時間40分(?)にまとめた『美しき生涯』を見た後だと、
45分が長いのなんの。
思い人に生き写しの女性に執着して強引に妻にし、
彼女と腹心の部下の子供を自分の子供と思いこんで疑いもしないバカと
秀吉が描かれる『美しき生涯』がいい作品とは思わないけれど、
今年の大河のおかげで、アレよりはマシ、と評価が上がって得しているのは、
夢華サンと比べれば、絶対マシ、夢華サンじゃなくてよかった~と評価が上がる
宝塚歌劇のトップ娘役さん達と似ている。


さて『江』。
市は、天からの声?のナレーション説明でいたが、信長は、
初・江のお相手のイケメン隊登場!で、出番を失ったみたいです。

♯17~21は三姉妹の恋の話。

♯17
盗み聴きが得意な江。
秀吉は「妙案を出せ」と命じ、彼女の即答、
「大事なものを差し出せ」から、オーバー40妹を離縁させて家康に嫁がせ、母を人質にだして、
家康に大阪に来させて、家臣たちの前で頭を下げさせることに成功する。
信長からもらった陣羽織は奪われたけど。

♯18
秀吉のあやしい家系図が見つかったと、ハイテンションで報告する三成に、
白ける秀吉家族。
宝塚歌劇で見た、大空裕飛さんの三成が恋しい。

食ってばっかりの初が、京極高次に一目ぼれして、腰が抜ける。
一方江は、彼女を倣ってきっぱり秀吉に意見してみました!な秀吉の二男(養子)秀勝に、
自分に近いものを感じて魅かれる。
前話で、江に足を引っ掛けられて顔面から畳に突っ込んだ秀吉だが、
三成を使いに茶々を呼び出し、会っているところを江猫に見つかり、また頬を引っ掻かれる。

♯19~21
九州で武功を納め大名になった高次と初は再会する。
そこで、思い人が「菓子が嫌い」と聞いた初は菓子を食うのをやめた。
信長の姪だから、政略結婚させられる、好きな人と一緒になれない、と嘆く初の初恋を叶えようと、
茶々は自分の身を差し出すからと、秀吉に初と高次の縁組を頼む。

好きな人と結婚できた初は、のろけの手紙を頻繁に寄こして、江をあきれさせる。

「(恋人になってほしいと)言ってみただけだ」
と茶々の気持ちを大事にしている風の秀吉(50歳)に、茶々は「嘘の中に真がある」とぐらり。
彼の新しい若い側室にビンタを喰らわせたりと、忙しい。

「今日を限りに茶々のことはあきらめる」という秀吉に、「あきらめるな」と言い、
京都(聚楽第)と大阪城と会えない淋しさがスパイスになり、
自分に幸せになってほしいと父母が喜ぶような縁談を持ってきたことにも打たれて、
二人は恋仲になった。

二人の睦まじい様子に、江は、両親と柴田の父の仇であるサルの側室になるとは、
と怒り、茶々と目を合わさないほどであったが、
秀吉の子を宿した茶々に夫を奪われたという苦しみのなかにある、おねに慰められ、
茶々と江が仲たがいしていると知らされ、やってきたハッピーな新婚さんの初にとりなされ、
同じ心を持っているかも秀勝に「心の中では許している」と指摘され、
怒らせていた肩から力を抜き、茶々に妊娠を喜ぶ言葉を述べた。

姉二人はそれぞれの相手とラブラブになったので、
次は主人公、江の恋バナよ!

戦国の世でも、いつの時代も、女の関心は殿方のみ!
殿方が目指すものは時代によって違っても、
女の幸せはいつの時代も恋、女は恋によって生きるもの、うふふ。




…………。
…………。
掃除などをしながら見ていました。家事が良く進みました。
「あほか」と口をつく言葉と同時に、不要物をゴミ袋に入れていくと、あらすっきり。
調理のためにテレビ前から離れて、音も聞こえなくても、
惚れたはれたを繰り返しているので、巻き戻さなくても話が分かる。

ながーく引っ張った秀吉と茶々の恋バナをまとめた、岸谷さんと宮沢さんは
すごいと素直に思った。

信長の名前は、陣羽織や、武将らの影響から考えると、浅井三姉妹の縁談は秀吉の力になる、
というところで出てきたけれど、映像や声は出たっけ?
まあいいや。
HDDから消去して、HDDもすっきり。

お掃除のBGVとして使える番組かも? 次も貯めて見よう。
(HDDレコーダーさんが、「ゴミ箱に送る」「次の回を見る」を続けて選択できる賢い方なので、
 手間いらず♪)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3542-aa6682bd

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。