お決まりの日々?

モモの節句でございます。

いちか!!!(花『ファントム』2011、覚書その1)

花大劇『ファントム』を見てきました。

作品には色々言いたいことはあるのだけれど、
(再々演するなら、麻子さんとかなみちゃん、きりやん、ゆーひ君の月組時代に
 やってほしかった!)
あと一回見ることになっているこの公演、
ワンダフル一花のおかげで、楽しみにできる!

役の人生を楽しんで生きている感じがする、一花ブラボー!!
ちっこい身体で、誰よりも態度でっかくかき回し振り回す。
釣り上げて描いた眉を一段と上げ、ちっちゃい顔のちっちゃく真っ赤なお口をとがらせ、
可愛い顎をあげてのブータレフェイスや、
あらん、かっこいいじゃない、とカルメンリハーサルでしなをつくってみたり、
突き飛ばされてぷんぷんしたり、
悪だくみが上手くいくことを想像してはまちゃっての高笑いを、
あらんばれちゃうわ、と自制するなど、
一花のひときわ小さな顔から繰り出される顔芸の大きさ、豊かさから目が離せません。

いちか、いちかっ!

根性ワルでヒドイ人の役なんだけれど、
陰湿でなく、漫画チックにしちゃったので、現実味に薄く、
見ていてゲーーって思うこともないの。
(主演娘役の立ち居振る舞いに、とある別の有名漫画を思い出して盛り下がったが)

フィナーレの一花はいつものキュートな一花。
シャンシャン持っての階段降りで、カルロッタ扮装をしていたけれど、
メイクは可憐な娘役のままで、お得感があるのも一興。いちかマイラブ。

私が花組で特に愛でているえりたんは、持ち味と相反する役で、
二番手のはずなのに周囲に埋没しており、おおお、どうしたんだえりたん、と心底心配させられました。
フィナーレの鮮やかなピンク衣装でキラキラキラキラ飛ばしまくっているえりたんに、
「ああ、いつものえりたんだ」と安心しました。
持ち味といったら、キューティー一花に性悪カルロッタという役も合わないのだが、
そこは彼女の役者魂と、自分にないからこそ、思いっきりやれるわ、と、
とことん典型像を追及して、いぢわる役をこれ以上ないほど楽しんじゃうぞ!
の前向きな気持ちが炸裂しているかのような輝きで
さすがのいちかさまさまでございました。いちか様に心配は無用!

発表された全ツメンバーにいちかの名前が無い、ということは、えりたんの『カナリア』組か!
よし、見よう。初演『カナリア』における一花の悪魔ちゃんはべらぼーにキュートだった、
いちかがみどり嬢が演じた女スリをやってくれると最高なのだが。

いちかは職業、女優で、
えりたんは職業、えりたんなのだから、ないものを求めても仕方がない。

えりたん演じるキャリエールが、クリスティーヌに、
エリックはいかにしてオペラ座の怪人に成りしか、話を、
全部お前のせいなのに、全然悩んでないやろ、ないい人低音ボイスを響かせてするところや、
実はお父さんって気づいてたんだよ、おおエリック(がしっ)の親子の抱き合い@銀橋で、
えりたんは(低い声は)いいのに、と使われ方を残念に思ったのだ。
地味な衣装も手伝って、トコトン地味だった。

えりたんはえりたんな役、ハッタリ上等、目力勝負でキラッキラ!、
だけど時々(?)へたれるのをさせるとハマるのに。ああ、もったいない。

この二人が好きすぎて、最後銀橋にメインキャストが並んだあと、はけるシーンで、
いちかとえりたんに目を動かされ、視線が舞台奥へ行き、
お披露目のトップさんが銀橋渡るところを見逃していました。心残りだ~。


骨太で勤勉そうな「幽霊」(ファントム)に、
百姓の出らしい図太さ風味のハゥトゥサクシードな「天使」、
影の薄い支配人と、王子様じゃなかったパトロンの話は、そのうちノートから移すかもです。

えりたんの(演じる役の)職業は、えりたんなら、
みわっちさんの(同)職業は、お貴族様~♪、
らんとむさんの(同)職業は、額に汗して働く正しい労働者!!
だと、今回の公演を見て、今までの思いが強くなりました。

きりやんのエリックはちょっと…と思うのと同じくらい(※)に、
らんとむさんの持ち味とエリックも乖離している。

そんな合わない役をここまで引っ張ってきたらんとむさんに
(、加えて現時点でのえりたんとの力量の差に)
目頭が熱くなりましたが、
もともとがひでー話の『ファントム』の世界をごまかすほどのマジックはなく、
今まで誤魔化されていたつっこみところが、新しく出てきたのも新鮮でした。


※ 初演、再演のカルロッタはタキさんだったよね。
タキさんほどの歌唱力と押し出しの強さが無いと、カルロッタは難しいんじゃ、と
思っていたけれど、さすがの一花、オーラ大輪大開花! 一花様を見に通えるわ! すごい。
ところで、タキさんの退団公演ってなんだったっけ。ああ、ミーマイかという話で。
「(タキさん)いい役だったね」という友人に
「そうだね、きりやん(の役)と結婚する役だもんね。最高の役だよ」と私が即答した直後の、
(花組公演を見たのに、また霧矢さんの話になってる)という友人の表情が、忘れられません。
その前の、麻子さんファントムの話でも、きりやんの髭役(おじさん役)……いいよね、と
魂飛ばしたし。いつもすみません。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3573-ade8fde4

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。