お決まりの日々?

モモの節句でございます。

一万人の第九

今年は10何年ぶりに参加します。
母に誘われてもずーっとスルーしていたのですが、
来年もあるかもしれないけど、後悔残したくないからね。
(母は今のところ元気です)

……という気持ちでいたのですが、ちょっと面倒になってきました。
ふーーという話。
言えるだけ贅沢、ということは理解したうえでの、甘えみたいなものだけれどね。


母は歌のレッスンが好きだ。
初めは、ママさんコーラスであったか。
そこでできた友人との関係が良かったのか、音楽家のレッスンに通うようになり、
娘が卒業した後も20年以上続いている、
どころか、年々レッスンの数が増えているような気がする。

歌うのは健康に良いから、時間帯さえ気にしてくれれば構わないと思う。

私と母は体格は違うが、電話の声はかなり似ていて、親戚にも間違われることがある。
歌声も似ている。
が、父親譲りか胸郭が発達している私は、肺活量が男性並みにあり、
一時期腹筋が割れていたぐらいの強さと、
騒音が発生する職場に身を置いているので、鈍ったとはいえ、耳の良さと、
彼女よりも若いこともあり、音域の広さが違っていたりするのが羨ましいようす。

でもって、私に乗っかりたいのか、同じ先生の同じクラスを受けたい受けたい、
と勧誘されるのだが、大抵仕事がある。
第一、以前個人レッスンだったが母の先生の教えを受けたとき、
自分のレッスンの時に間が持たなかったのか、延々と私の話をしていたらしくて、
重くなってやめた。三人ほど教えを受けたが、どの人も同じだった。
それは娘を思う母心ゆえ、かもしれないが、
私はそら、衣装だ、先生へのお礼金だ、
お金と気持ちがかかる発表会からは無縁でいたいとお願いしているのに、
先生と私が発表会に出ることを前提に、曲目を決めているという面倒くささ。
それも今回はこれで、次はこれで、と先の予定まで立てている。

自分の参加する生徒が増えれば、ノルマが解消できる先生はそりゃあ、
熱心にお話に乗って下さるでしょう。実以上に褒めるでしょう。話も作るでしょう。
(とっくに就職していたが、音大受験を勧めるとかな)

先生からも「発表会どうしますか」と言ってこられるし、
発表会になるとつめて通わないといけないのは分かるけれど、
これ以上は時間的に難しいので、レッスン自体をやめた。
母が個人的に気に食わない人の、娘同士の代理戦争みたいになるのも嫌だ。
気に食わない人「うちの娘ったら絶対音感があるんですのよ、
 ですから音大に入れましたのおほほ~~♪」
母「なによ。うちの子だって!」
ああ、あほらしい!

さてそんな母が毎年楽しみにしている一つが「一万人の第九」への参加で、
私も昔、「いっしょに歌いたーーい」という母の願いを受け入れ、
学生時代に母の入っているグループに籍を置いて、2回ほど出場したことがある。

今年はそのグループが、グループとしての人数に足りなくて、
個人グループとして応募したとかで、「一緒に一緒に」と誘われた。

ホームページを見て、行けそうなレッスンスケジュールがあったので応募。
当選発表が先日あり、母も私も、レッスングループは違えど、歌えることになった。

母「来年は一緒のグループにする~~。パートは何で応募したの?」
私「ソプラノ」
母「じゃあおかーさんも来年、ソプラノにする~~」

母は何でもお揃いが好きなようで、たまにならいいのだけれどびっちりと付いてこられると、
私はうっとおしいな、と感じてしまう。

私「……じゃあ、私はテナーにする」
母「えーアルトじゃないの?」
私「テノールの方がメロディーラインから外れるアルトより、歌いやすいから」
母「そうよね、アルト難しいの。おかーさんも今年ソプラノ歌っちゃおうかな。
 出ないところは出さなきゃいいし」
私「……アルトで申し込んだんだから、今年もそのパートで歌いなさい」
母「だって歌えないもん」
私「教えるから歌いなさい」
母「教えてくれるなら♪」

……。
ずーっと、コーラスグループでの参加で、アルトパートを歌ってきたじゃないですか、あなたは。
1万人もいるから歌わなくてもいい、んじゃないんだよ。

母の名誉のために言っておきますが、「歌えない」とゆーのは口だけで、
ちゃんと歌っているはずです。
参加初めのころは確かに歌えてなかったので、一緒に音とりをしました。
その後ほぼ毎年、二桁年参加しているのだから、歌えないはずがない。

レッスンも本番もパート毎の席のはずだし、ご友人にプロ級の方がいるのだから、
その方の横にくっついて釣られて歌っていればいいのだ。

来年参加するとして、本当に母がレッスン日を合わせてきたら、私はテノールで歌おっと。
男性の方が数が少ないから当選確率もあがりそうだし。(バスまでは出ません)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3576-93224f62

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。