お決まりの日々?

モモの節句でございます。

人権侵害救済法案@読売新聞夕刊

朝の涼しい時間に国会中継を、動画で見てます。
ニューズはアレだし、テレビ放送もアレだし。
もっぱら、トリコさん(二台目HDDレコーダーさん、地デジ対応)がバクバクいっちゃって
くれているものを途中まで見て、消しちゃったり、早送ったり。
本腰入れて見たいものは、後回し。容量を確保すること優先、といった感じです。

ジョシュアさん(一台目、アナログのみ)さんも、デジアナ変換で、
地デジがまともに映らないMBS放送の『青のエクソシスト』を録ってくれているのですが、
いつの間にか「コピー付加」のコピワンものに。
CPRM対応DVD-Rでも移動できないという話も、検索で出てきました。
DVD-RWでは録画(移動)出来るらしいようだけれど、面倒なことを。

不思議箱があってよかった、と心から思いました。涼しくなったら繋ぎ換えよう。
その前に、まずは室内のアンテナ線を取り替えてみる(メーカーの技術者さんからは、
 それで行けると言われたけれど)。
『青エク』ぐらいしか見るものが無いMBSはともかく、NHK-Eにまでブロックノイズが入るのは厳しいわ。


国会中継で問題になっていることと、報道されている内容との違いに、
実家でつけられているTV番組で呆れていたけれど、新聞も同様。

先日、ネギを買った時に、スーパーが置いてくれていた古新聞に驚いたので、
ネギを巻いて持ち帰りました。破れているのは、セロファンテープでとめたからです。
クリックで読めるサイズまで拡大

人権擁護委員は地方参政権を持つ人に限定し、外国人は就けない


ええ、現状では、外国人には地方参政権は与えられていないことになっています。

しかし、現与党である、民主党の結党以来の悲願が、外国人参政権。
ポスト菅の「馬鹿野郎」4人組の一人、小沢一郎さんも、
韓国民団と約束をしたり、韓国に行ってお約束をしてきたり、
岡田幹事長も、愛のテーマという鳩山兄さんなどなど、反対している人の名前をあげた方が
断然早いわ、という民主党が党を挙げて、推進している外国人参政権。

それを並べれば、どうなるか。小学生でもわかるでしょうが。

まずは、人権侵害救済法案を成立させる。
つぎに、外国人参政権を成立させて、外国人の人権擁護委員を誕生させる。

日本人が日本人に差別された、は成立しにくくても、
外国人が日本人には、簡単。
人権とは無関係の、別の理由、例えば能力不足や、勤務態度の良しあし、
道徳の在り方で区別されたことであっても、
「外国人だから差別された」と、
外国人の人権擁護委員が判断すれば、しょっ引かれる。

「差別」を利権まで引き上げたやり方をさらに発展させることができるのは、想像がつく。


「人権侵害救済法案」がない現状でも、
「フジテレビは日本のテレビ局なのに、番組構成がおかしい」
と一出演者がツイッターでつぶやいただけで、
事務所を解雇される、家族の仕事に触りが出る、
バラエティ番組や雑誌をあげて、バッシング記事を書かれる、
結果、謝罪させられる。

電力会社のやらせメールの内部告発は賞賛され、
医療事故とマスコミが決めた問題については、
「内部告発」が腐った医療界への鉄槌と持ち上げられるのに、
マスコミに対しては、特定国に関しては、抹殺ですから、
この「人権救済法案」の「人権」が、特定の人たち対する「救済」である、
実際には言論弾圧であることは、明白。

諸外国の飲食店などに見られる、「韓国人お断り」「中国人お断り」という張り紙。
これを日本で行うと、「人権侵害」としょっ引かれるのですな。

韓国・中国でにぎやかな反日運動は、日本人の人権を極めて侵害していると
思うのですが、そちらに対しては抗議はしないけれど、
日本国内で南北朝鮮や中国(など)を批判すると、「人権侵害」になる。

こんな法案を、被災地復興よりも優先させている、どころか、
被災地復興を隠れ蓑に、ドンドンと進めている現状が気持ち悪い。


フジサンケイグループなのに産経新聞は、
全部とは言わないけれど、この件などについては他社と違いを出している。

【主張】
人権救済法案 言論統制の危険が大きい2011.8.3 02:58 より

 しかし、法務省の外局に設置される人権委員会は、国家行政組織法3条に基づく「三条委員会」として設置される。公正取引委員会などと同じ強大な権限を持つ

 人権委の委員は国会同意人事とするなど、独立、中立性に配慮しているかにもみえる。だが国会同意人事は政治の思惑に左右されがちであり、本当に適切な委員を任命できるかは疑問だ。

 都道府県に置く人権擁護委員については、地方参政権を有する者から選ぶとした。民主党は結党時の基本政策で定住外国人への地方参政権付与をうたっており、外国人が人権擁護委員に選ばれる可能性がある。きわめて問題だ

 過去には、学校の国旗国歌の指導や生徒指導が、人権侵害だとして訴えられた例さえある。この法案の問題点は、人権侵害の定義があいまいで、強い権限を持つ救済機関が一体どんな言動を規制するのか不明なことだ。この問題点はそのままだ。基本方針には制度発足後5年で見直す規定もある。人権委員会の調査権がさらに強められる懸念はぬぐえない。

(強調はブログ主による修飾)


【自由が危ない】
止まらぬ言論統制の動き 「人権侵害救済法案」「リーク防止法制」の準備は着々
2011.8.12 00:31  より

 菅直人首相がようやく辞任を表明したが、憲法21条が保障する「表現の自由」や「国民の知る権利」を侵害する言論統制の動きは止まらない。民主党は次期政権となっても人権侵害救済法案に続き、秘密保全法制(リーク防止法制)の成立を狙い、着々と準備を進める公算が大きいからだ。ぶらさがりを一方的に拒否した首相の報道対応を次期首相が継承するならば、その独善的な姿勢も引き継いだとみて間違いない。(内藤慎二)

 法務省は今月2日、人権侵害の被害者救済を図る新たな人権救済機関設置の基本方針を発表した。これを基に法案作りを本格化させるが、人権侵害の定義もあいまいなまま強力な権限が人権救済機関に付与されており、運用次第で言論弾圧は可能となる内容だ。

 基本方針には「制度発足後5年の実績を踏まえて必要な見直しをする」とも明記されており、政権の意向でさらに権限強化が図られる恐れもある。

 また、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の映像流出をきっかけに発足した政府の「秘密保全法制の在り方に関する有識者会議」(座長・縣公一郎早稲田大教授)は8日、厳罰を盛り込んだ秘密保全法制を整備すべきとの報告書をまとめた。

 法制の骨子は「法制化は取材の自由を不当に制限することにならない」と記しているが、報告書を基に強力な「リーク防止法制」が制定されれば取材は著しく規制されるに違いない。そもそも映像流出は、菅内閣の情報隠蔽体質に対する海上保安官の職を賭した抗議だった。リーク防止法制が政権に不都合な情報を隠すために利用される危険性は十分ある。

 6月にはネット犯罪を取り締まるためコンピューターウイルスの作成・配布罪の新設などを盛り込み刑法などが改正された。差し押さえ対象が外部サーバーにも拡大される結果、ネット上の犯罪抑止が期待される一方、捜査機関による職権乱用も懸念される

 菅政権では、防衛省が昨年11月、自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる事務次官通達を出すなど安易に言論統制する傾向が強かった。

(文字強調はブログ主による修飾)


再生可能エネルギーを推すのは、どこにお金を向かわせるため?
「母国」に日本人は犯罪者と宣言している人の意見を、どうして政府は珍重するの?
太陽光発電のパネルを作っている国はどこ?
原子力発電で儲けようとしている国はどこ?
もともと日本固有の領土である上、エネルギー資源の点でも、大切な
竹島を不法に占拠させた現状に対し、何もしない政府はどちらの味方?
尖閣諸島だけでなく、沖縄にも手を伸ばしている国に対しても、態度がおかしい。
移民政策は失敗だった、という、諸外国の不幸を見て、
1000万人移民とか外国人参政権とか、さらに推し進めようとしている確信犯は?

お盆のころには仮設住宅、に、遅い!と批判を受けたていたのが遠い昔のことのよう。
まだ進まないのは、野党の抵抗のせいですか?

原子力アレルギーを煽って、節電節電といった結果、国民の健康はどうなりましたか?

なぜ史上最大に厚い2011年版『防衛白書』には、
自衛隊の被災地救援と米軍の「トモダチ作戦」の概要がわからない書き方にし、
中国の侵略である尖閣諸島沖の漁船衝突事故は、「所轄外だから」と分析を載せない?
(同じく、読売新聞8月2日夕刊 第二面より)

私には2年前の記憶があるので、麻生バッシングを忘れていません。
もちろん、民主党の公約も、埋蔵金のお話も、覚えています。
まるで夢のようなお話でした。
北朝鮮が地上の楽園と思っていた人たちと同じ考えの方が、
マスに向けて印象操作した方々のほとんどであったような印象を持っています。

ブレる、という言葉がここまで幅をもっていたことを、初めて知りました。

元・民主党支持者、菅さんは世襲じゃないから信頼できると強く応援していた人が、
「やめないなんてオカシイ。民意はどうなったんだ」と、
仕事でマヒした頭でテレビ画面に向かって、声をあげています。
世襲じゃないから信頼できる? マスコミのイメージ戦略ですな。
一度でも彼の国会答弁を聞けば、そんなイメージはダストシュートにたたきこまれます。

当時は人権救済法案が無かったから、民意を作ろうとするマスコミの報道に、
おかしいと感じたられたら、自分で調べることができました。

人権救済法案なるものが実行され、言論統制を受けたら、
私も彼らと同じに、マスコミが報道することがすべて、となり、
外国人の株主が、スポンサーを合わせると50%を超えるようなマスコミと
利権を一致する権力者にいいように操られて、
自宅でタオルを口に当てて吠えるだけになるのかと、ぞっとします。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3590-d79c7a65

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。