お決まりの日々?

モモの節句でございます。

政治家の言葉の不思議

「言った覚えが無い」
と言っても、
そんなことは考えもしていない、とは言えないのだなあと思ったのは、
名前を覚える間もなかった、経済産業大臣の就任一週間での退陣で。
(大臣になった。視察で問題発言。辞任。の三行で終わった)

エンガチョと、小学生レベルの嫌がらせをやる経済産業大臣も困るけれど、
軍隊を素人が統制するから「シビリアンコントロール」という防衛大臣は、
国土を奪おうと漁船に見せた軍艦を日本の領海内に侵入させたり、
日本固有の領土を不法占拠している連中を調子づかせるので、即刻やめてほしい。

「私は教育の素人」と胸を張る校長先生が就任した学校に、
子どもの教育を任せたい親がどこにいるか、という問題。

以前から不思議に思っているのは、
「外国人とは知らなかった」。
「そのような団体とは知らなかった」
外国人との関係を濃厚に思わせる肩書でも、
日本人でも過度に(というのは私の主観)外国人に肩入れするものがいるのだから、
確かめなければ、もらう側は「シラナカッター」なのかもしれない。
そんなツメのあまい、危機管理の意識が無いゆるゆるの人は、
食うか食われるかの外交問題には、日本国益のために絶対に関わってほしくない、
不適当な人材だと思うけど、それはまた別の話。

【ニコニコ動画】【政治初心者向け】北朝鮮マネーロンダリング疑惑
菅さんが、税金からの政党助成金を億単位であげる形でも支援したかった北朝鮮へ、
首相としての最後の日、最後の御奉公とばかり、
(北)朝鮮学校無償化、さかのぼってお金をお支払いしますをぶちまけていったのは、記憶に新しい。
なるほど、金が動くところ、見返りがあるところに、政策が動く。

こういう人物がいるから、
公僕には、多少の誘惑があっても揺るがないだけの給金を与えるべきだ。
(袖の下をもらって立場を危うくするなら、
 真面目に働いて正当な給料をもらう方がマシ、と計算ができるだけの)
さらには、もともとの生まれがしっかりし、
国益に沿った主義主張をしてきた、美学ある人たちが選ばれなければならないと思う。

確かめずに買った方が悪い、じゃなくて、自分の仕事として誇りを持つ職人タイプの方ね。


前なんとかさんの献金については、受ける側も分かっていたようで、
渡す側の好意を大事にした、というような弁明があった。

法律を犯して、これに関しては、親日罪があるような国の方々だから、
日本の法律なんてクソクラエ
(というと、伝統的食糞文化の国では(健康)食品を食べるのだから問題ではないのか。
文化の違いは難しい……、あくまで日本語のニュアンスで)で問題ないのかもしれないが、
もらう側の政治家は、日本の法律に縛られている、表向きは、日本の政治家なんだから、
応援する気持ちは、相手の立場を考えて、差しさわりのないやり方で表現しなければダメでしょ。
例えば、「ありがとう」「がんばってください」のお手紙を書く、とか。
受け取る側が日本人なら特殊な感性の持ち主でなければ、日本の自衛官と同じく、気持ちで喜べると思う。
(ここまでは、あくまで、「シラナカッター」が本当であったという仮定のもとでの話で、
 実際は、もらう側がクレクレ言ったとか、渡す側が、これで在日外国人に都合がいい政治を
 お願いしますよ、と鼻薬を嗅がせたのか、実際のやりとりは、もちろん私にはわかりません)

これだけ続くと、渡す側が
「自分が外国人だったなんてシラナカッター」でない限り、
相手の迷惑も考えす、マイ・ルールで気持ちを押し付ける、
極めて自己中心的国民性なのか、という印象になる。

それぞれ関係は良好のようで、
利に反する活動をする政治家を陥れるために、日本人だと国籍を偽って献金をした、
というストーリーは当てはまりにくいし。


同じ不正献金問題でも、
ライバル党の場合は、汚い、糾弾して議員を辞めさせよう、と煽ったマスコミが、
現与党の政治家は「いい人」で「有能」だから、要職でカムバックもオッケーと、
非難の対象にもならないのも不思議。
やはりこれも、
北朝鮮や在日外国人で多い国籍の方々で通名がみとめられている人たちと同じ構造で、
見返りがあるゆえの擁護なのだろう。


花の道に列を成す、宝塚歌劇ファンの姿は、「異様な光景」に映るかもしれない。
でも彼ら・彼女らは、自分の好きな人に迷惑をかける行動はダメだと、やたらと厳しい。
「異様」と形容した、父の目には、軍隊に映るらしい。
そこでは、好きなスターに迷惑をかける、出しゃばりさんが、突出しないように、
暗黙の了解で調整しているようでもある。
私にもよくわかっていないシステムだが、
もし、あの、私設ファンクラブが、
相手の立場を危うくすることを顧みず、自分の応援の気持ちだと、
外国人献金を押し付けるような人たちで構成されていたら、
また受ける側も、それを良しとしていたならば、
あの不思議な慣習は、とうの昔に廃れていただろうな、と思う。

あの人たちは、「○○さんがトップにならないんてオカシイ!」などと
劇団に向かって意見することは、
劇団内で、○○さんの立場を悪くすると知っているから、
粛々と、チケットを買う、ファンの数が多いですと列に並んでアピールするなど、
劇団が認める方法で応援している。
宝塚歌劇でまかり通っている法律がおかしい、といっても、
ファンには変える権限は、大株主にでもならない限りはないのだもの。

日本の国の政治に関われないと法律で規定されている外国人が、
自分たちを政治にかかわらせないなんてオカシイ(外国人参政権)、
朝鮮学校も無償化しろ、と
日本の法律で禁止されている「外国人からの献金」という形で表現するのは、
法律的にも、全く間違っていると思うし、
受ける側がもらう側の立場を分かっていたならば、それは、
内乱罪・内乱幇助罪(は、暴動が伴っていないからダメなのか?)
のような法律で取り締まってほしい。

そもそも、そういうクレームは、
「劇団○○では▽△なのに、宝塚歌劇でそうでないのはオカシイ」
というぐらいに変だ。

早急に通すべきは、人権侵害救済法案じゃない。

尖閣諸島での中国漁船、現在はどう見ても軍船がやってきているのを見過ごしているのは、
軍事的に他国に利をなしているから、外患援助罪にならないのか。
日本の領土に外国人が勝手に居座っている竹島問題も、
東京の、たとえば一区が占拠されたのと同じように考えてほしい。
フジテレビがすでにその状態だったか。

前からの大きな問題には手をつけず、目先のことを考えているうちに、
問題が日本を侵食しているような感じを受けるから、
日本をこういう風にしたい、という理念を感じられない。
(日本を植民地にしたい、という強い思いで、目先の花火を打ち上げ、
 それに皆の目が言っている間に、「計画通り」と進めているような恐ろしさを感じる)

人権侵害擁護法案が通ると、
「いじめられた」と小学三年生が親に言ったと、親側の代理人が会見に立ち、、
それが正しいと、一方的に問答無用で、学習院を公開の場で非難、弁明の余地を与えない、
(子供の発言は非公開、彼女の家のもの以外は、聞ける立場にない)
結果、毎日夫婦どちらかが必ず付き添い見張る、
社会見学には、突然、それも遅刻でバスに乗れず、マイカーでの部分参加をゴリ押しで了承させる、
来週の子どもの自主性を育てるための二泊三日の校外学習にも、親がついていくというが、
宿泊場所も決まっていない、
子どもがかわいそうと、自宅や「私たちの」別荘で、
学校のお友達や外戚を税金で招いて、パーティを繰り返す、など、
「いじめによる不登校」(“いじめ”が本当にあったかは不明)を掲げ、
迷惑行為受け入れを強要している勘違い権力者と同じ構造が、
一私立小学校レベルじゃない大きな問題で、日本国内で多発すると思うと、恐ろしい。

小学三年生(当時)→ 在日外国人
権力を有する親  → 地方参政権を有する調査員
学習院      → 日本人



亡き祖母の口癖は
「(神様は)みてござる」、「Always Smile」、そして「ありがとう」だったことを、
「Always Smile」をモットーとされる素晴らしい女性、憧れの方の誕生日に、
突如、祖母との温かくやわらかな質感のある思い出が噴き出すのとともに、
思い出しました。お誕生日おめでとうございます。
水面下の白鳥のような見えない努力を続けてこそ、「Always Smile」を形として出せる。

今日は、
9.11から10年、
3.11から6か月。

世界が「Always Smile」になるための努力を、
世界を構成する個人個人が「Always Smile」を心に、強く、重ねていけますように。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3630-457b0163

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。