お決まりの日々?

モモの節句でございます。

なじみの顔

土曜日にその週の6話続けて放送される「カーネーション」を、2~3週分まとめて観ているのだが、
主役さんの顔を岸和田市にある商店街内の職場への通勤中に毎週見ているからか、
すっかり馴染んでしまった。

主人公を応援してしまうドラマっていいな。

私はばあちゃんに弱いので、糸ちゃんの二人のおばあちゃんが好き。
神戸のおばあちゃんは、ちょっち離れ技の感じもあるが、
神戸あっての洋服への興味。必然やから、しゃーない。

おとうちゃんはひどいところもあるけれど、根底にあるのは、
家族への想いと、家長であり続けることへの誇りだと錯覚させられる演技であるし、
無茶苦茶なようで、彼の中には一本筋があるのが見えるから、嫌いになれない。

応援したい娘であり、同時に彼のよりどころである肩書きを脅かす者であり、
ぐちゃぐちゃになって故か、と、解釈されそうな彼の乱暴にしか見えない行動を
一番大事なところは間違わない、幕引きも自分自身でやり遂げる、
一歩引いた場所にいる視聴者は、むしろ好感を持って見てしまう。

一家で唯一の男である、おとうちゃんは家の独裁者のように描かれているけれど、
このドラマを見ると女のしなやかでしたたかな強さのほうが目立つ。

糸ちゃんの若さと生真面目ゆえの正論が、人を傷つけることに、ハッと気づかされる。

老いがシビアに描かれているのが辛い。私は守ってもらってばっかりだったな、


かわいい子役とだんじりにひかれて見出した「カーネーション」だが、
それらの出番が去ったあとも、すっかり馴染まされ、先が楽しみになってしまっている。
このまま最後まで見続けられたらいいな。
(4月に宝塚歌劇から卒業される、岸和田出身のタカラジェンヌさんと
 この番組の放送期間がリンクしているようで、やたらと切ないのだ)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3671-de015689

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。