お決まりの日々?

モモの節句でございます。

「一万人の…

MBSにサントリー、
反日のにおいがプンプンする、回避したいタッグではありますが、
東日本大震災に対する佐渡裕さんの取り組みに感激しましたし、
長年の母よりの要請もありましたゆえ、今年は参加申し込みをし、
幸いにも抽選にあたることができました。
今年からは参加費用がアップしたのに、応募数は相変わらずで、参加あたわず泣く人が多かったと、
合唱指導の先生がレッスン時に教えてくださいました。
規模が一万人だから、1000円アップでも1000万円か~と概算していたら、
本番のお隣様、10年続けてます~さんから伺ったところによると、3000円アップとか。
公式プログラムは3000円。これも5000部以上の単位で刷っていることを思えば1500円相当と、
かなりの割高感に、送料が880円の公式CDやDVDと売りモンも多く、
普段の練習や、佐渡さんの特別レッスンでのサントリーの連呼から、
かなりの資金がサントリーから供されているのが伺われるのですが、どんな会計になっとるのでしょ、
とうがった考え方をしてしまうのは、私が日本海は日本海だと日本人として、世界規模で見ると
正当な歴史感を持っているゆえだと思います。
CDやDVDは参加の記録に買われるのかな。コンサートはその時間を共有できたということが一番だと
私は思うし、部分的とはいえTV放送があるので、後々懐かしむためのDVDはいらんと思っていたけれど、
MBS特別編集で不思議なことになっているのならば、それを回避したいと言う気持ちが働くのかもしれん。

言葉に、内容に力があるならば、余計なものは足さない! 作り物になる。
too muchになると足した部分が厭味になり浮き上がり、もともとの味を損ねると、
朗読レッスンを思い出して、もったいなく思った。

「一万人…」にただならぬ情熱を燃やしている母は、今年は例年とちがい、花束贈呈がなかったと言う。
義捐金箱はロビーにおいてあったが、参加費用から被災地へということも聞かず、
会計はどうなっているのか。アンケートで公式サイトへのアクセス頻度を尋ねる項目があり、
参加当落の発表以来見ていなかったので、ググってあたりましたが、会計報告などは見つけられなかった。
公開絵日記なんぞあったんかい。乗り遅れておりました、が
きっとレッスン会場で一本釣りした仲良くなったデジタルものにも大変強い友が、チェックしているはずなのでいいや。
(好きな声優さんは違う方なのに、ちきこちゃんのつぶやきも見ているような方ですから)

前置きはともかく。
素人に、6回(もしくは12回)のレッスンで、楽譜に書いてあるように音を出すことを教え、
マイクを使わない歌の発声をさわりだけでも学ばせ、
特別レッスンで、指揮者がどのような音楽を作りたいかということをしみこませる土台をつくり、
佐渡さんのリハーサルを含め3回の指導で、
本番の舞台に素人を乗せてしまう、
というシステムに感激しました。

合唱なんて久しぶり~の私もちゃっかりその恩恵にあずかり、
(一万人…は前の指揮者のときに参加したことがある)
こういうムード(音楽的には、どう贔屓目に見ても技量が足らないので書きにくい)を作らせて、
プロ集団のオーケストラの上に乗せて、
「一万人の第九」というプログラムを作りたいのだなあ、というお気持ちを
勝手に察する喜びに与れました。
これは客席側では、少なくても私にはわからないことだったと思います。

オーケストラはプロ、そして第九はお手の物とはいっても、
3つ+一般参加という、普段の交流が多いとは思えない集団をまとめあげ、
そのうえに、素人にわかるように、わかりやすいのりやすい指示を出せる。
佐渡さんの技術のすごさに感激しました。
指揮者が見えやすい立ち位置をもらえ、
浅いとはいえ宝塚ファンのはしくれ、「佐渡さんが私に(メロディを)くれと促している」と
いう錯覚を、他の9999人の皆さまと同じく起こしながら、
自分がオーケストラの一員になった気持ちで、楽器になれました。

参加できてよかったです。
昔の経験より、合唱は苦手と避ける傾向にありました。
「声半分でいい。飛び出る」と言われたことが過去にありましたが、
なにせ規模が一万人ですから、少々飛び出たところで、周りにかき消されます
第九の音域は、私の最高域から5音下なので、フォルテを求められても苦しくない。
ここはもっともっとと求められるところでもありますから、気分よく放出してよし。

また、私のコンプレックスである表現力の乏しさは独唱では問題ですが、
一万人規模だしね。

客席から見ていたオーケストラメンバーと、同じ舞台の上に立ち、
彼らの音を両足から伝わる振動でも感じながら、
同じ指揮者を見て、
「作品」を作り上げることに参加できるという、素人にはありえない喜びを感じられるのも、
「一万人の第九」なればこそ。

佐渡さんという、一流のすそ先に触れることができたと、錯覚できたことに心が大きく躍動しました。すばらしかった。

先ほど見た公開絵日記との温度差に苦笑しながら、
それでも私の「一万人の第九」はコレで良かったと思い、
カラオケの少ないレパートリーが増えたことも喜び(夏に原曲よりキーを落とした
「アルジェの男」主題歌を無理やり聞かされたからかの、母リクエストで「LOVE STORY」。
 自分で歌うより霧矢さんによるものを聞きたいです)、
残り一ヶ月を切った、2011年を仕舞っていこうと思います。

*Comment

講演会 

昨日、前から3番目でお話伺いました!とってもおもしろくてためになって、勉強になりました。うつチェック、あたしは3つでした(笑)よい結果で意外でございました。ありがとうございました。また高知に来てほしいです(^O^)/
恋ですか・・・・
  • posted by はちきん 
  • URL 
  • 2011.12/06 15:33分 
  • [Edit]

12月5日の講演会 

はちきんさま

他の方とお間違えのようです。
高知には数年行っておりませんし、12月5日の講演会も知りません。

正しいブログにたどりつけられるよう、願っております。
  • posted by たまりょ 
  • URL 
  • 2011.12/09 01:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3677-035120c3

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。