お決まりの日々?

モモの節句でございます。

3/25~4/1

「でないと、君に忘れられてしまう」
マギー・シンプソンのこの台詞のかっちりしっかり滑舌が気持ちいいと再確認。

そうです、土日を利用して、東京宝塚劇場に行ってきました。
宝塚大劇場で14回見て、東京では今回3回観る事ができました。

『エドワード8世』の台詞が変わったり増えたり! 
周りの人たちの関係にも変化が見られ、面白い。行ってみるものですな~~。
評判が良くても決して現状に満足しない、アグレシッヴな向上心を熱く感じました。
主演さんたちはますますラヴラヴで、離れたくないという気持ちがダイレクトに響きます。
ウォリスが身を引くシーンでは、覚悟を決めて別れを告げたはずのウォリスも、
走り去るときにはどんどん募ってきてしまう想いが過ぎるほどにあふれていて、
そりゃあ、王位も捨てるわな、と納得のわかりやすさになっていました。
そして、その王位が彼にとってどれだけ大切なもので、現実を変える力としてかけていたかという思いも
みっしり重みがある実感として伝わるだけに、
彼の愛情の大きさが、純粋さとウォリスを包み込んだ大きさが、非常に魅力的に見え、
なんて素敵なあて書きなんだと瞠目させられました。
芝居は良いのですが…(オケが。ホルンのソロはいいのですが、チャルメラトランペットと、
 主旋律担当パートは負けないように頑張って聞かせてください、とにわかクラシックファンは思います)

『Misty Starion』は、お気に入りポイント(いっぱいある)を逃すまいと、必死で。
目が疲れるけど、充実してます。
劇場近くの相田みつお館の現在の企画展が
「しあわせは いつも じぶんの こころが きめる」で、
ショーの「マイ・ウェイ」の歌詞とがっちりリンクしているようで。
優待券に印刷されている「いのち いっぱい じぶんの 花を」も、
宝塚歌劇の男役という命いっぱい、彼女自身の花を咲かせている姿に重なり、
なんつう粋なことをやってくれるんや、と熱くなりました。

愛しの主演さんはちょいお疲れが見えますが、それでも芝居が進むとぐいぐいと輝きが増し、
全力で客席にストレートど真ん中を連投されます。そりゃ痩せるわと納得させられる
身体の薄さでありました。しかし体重が減った分、重力からはますます解放されたのでしょうか、
ダンスはキレキレで、重力が仕事を放棄しているかのよう。
(芝居やショーでも登場されるときはドスドスと音を立てての勇ましい男役歩きなのに、
 ダンスのステップは無音という素晴らしさ)

現地でご一緒した方のお一人は、宝塚で5回、東京で22回見る予定の方で、
もう一方は、さえこさんのエリザベート以来見ていなくて、
久しぶりに宝塚歌劇に戻ってきたという方。
先の方とはツボについてじっくり語りあい、
後の方はお芝居は満足され、ショーでは泣かれていて、とても良かったのでDVDを買って帰ると
私のショーのお勧めを尋ねられました。またチケットを取るとも。
『Dance Romanesque』お買い上げありがとうございます!
(だてに「英国一のセールスマン」のファンをしておりません←すみません、調子に乗りました)


さて、
また一週間ぶりのブログ更新です。


先週は、美味しく沢山食べて飲んだ翌日、二日酔いっぽい身体で検診に赴きました。
「朝ごはん食べてないんですね(こんな時間なのに)」「はい」という状態。

身長が伸びていたのは、寝起きで、
いつもの重たいかばんはシャーロットちゃん(自転車の本名)預かりだったからでしょう。
このまま順調に伸びていけば、宝塚歌劇の男役になれそうです(なれません)。
足はもともと大きめなので、本来伸びるはずの身長が、
電子辞書などのなかった学生時代、英和、和英辞典に、
当時の趣味の物理の本や「大数」(今ではさっぱりわかりません)、
理系のはずなのに、なぜか古語辞典と類語辞典までたすきがけのかばんに入れて、
電車賃をケチろうと歩き回っていたことで、骨の間が圧縮されていたのかもしれません。

以前、入院したときに測ったときより伸びていたので、
ホントのところは測り方が違っただけなのでしょう。でもちょっと嬉しかったり。
体重は正直に増えていました。これは嬉しくない。
帰りにセミ・オーダーのスーツを受け取りに行ったのですが、
前回よりもちょっと大きく作って良かった。
服に身体を合わせてのぱつぱつよりも、
余裕があるほうがラインがやせて見えるとの感覚で。
市販品が合わないからセミオーダーしているのであって、
前に作ったスーツの型に、今の私を合わせる必要はないのです。
悲しいかな、重力と年齢に、瞬間瞬間に引きよせられる力の時間の積みかさねで体型は変わっていきます。

スーツは前回、初めて作ったのが使えたので、同じ店に頼みましたが、
キャンペーンのお知らせに気付かなかった私が悪いとはいえ、
ちょっとだけ高くついた買い物になりました。
お店としては、ちょっと今の利益が増えたのでしょうが、
「ただいまキャンペーン中で、もうひとつ加工を増やしたほうが、単品加工よりも安くなるのですよ」、
ともし、一言そえてくださっていたとしたら……?
「わあ、親切にありがとうございます。ラッキー。良い買い物ができたわ♪」
と、知人に紹介したくなったでしょうに。
商品だけでなく、店への信頼ができたことでしょう。
もし、この店を紹介するとしても、
「店内くまなく見て、店頭のチラシももらってチェックして、見逃しがないようにね」
と注意をつけないとがっかりされてしまうかも、と油断がなりません。

今回スーツを2着増えた私が、次に作るのは先になりそうですが
服、というものは、着て、出歩くもの。
いいものに仕上がったらそれを見て
「どこの?」と聞いてくれる誰かが現れるかも知れないわけで、
商売の機会を逃したのではないかと思ったのは負け惜しみかなと苦笑。
ダイレクトメールや看板だけがセールスじゃない。
服はそれを着て歩いているすべての客が、セールスマン、いい意味でも、ネガティブな意味合いでも。
私が着ることで、スーツの印象が悪くなると、店側が判断したという、シビアな結果なのでしょうな。

好意を持ってくださらない方に対しては、それなりの反応を?
百貨店の期間限定セールではなく、常に構えている店というスタイルは、
(少し割高でも)利用者としてはありがたいわけですが。
今回のことで、ひとつどころに決めず、別のところが見つかったら試してみたい、という
気持ちが生まれました。

他人の振りみて我が振りなおせ。
仕事は、他の方からお金を頂くもの。
気持ちよく支払ってもらえるよう、気をつけることにします。
失敗からしか私は学べません。それでも取りこぼしが多くて同じ失敗を繰り返すのだけれどね。


さて、少し気持ちに霧(もや)がかかったスーツで、東京に行ってきました。
行って、観劇して、嬉しい霧まみれになって(←失礼)、
現地でお会いした方と仲良くしていただきました。
強風と雨の中、
三つ持っていったカバンが小(破損)、特大(破損)、中(ファスナー折れ)と
次々に壊れていくトラブルにも何とか対応でき、ひどい目にはあいませんでした。ラッキー。

壊れたうち二つは、かなり前に母から譲り受けた、
軽くて使いやすいという旅行かばんとおそろいのポシェット。
大切にしまっていたら、時間の経過で劣化していたようで、使用しているうちに裂けてきたのでした。
見た目はきれいだったのですが。
「良いものだから大切に取っておく」が、勿体無いことだと再び知らされました。

再びというのは、三月下旬にも、せっかく買ったのだからしまいこまずに
日常で使おうとしたカバンのエナメルが、見た目は変わらずとも、
どんどんとはげていって、使えない代物になり、
別のかばんの持ち手のビニール(?)がボロボロにとなっていった、ということがあったから。
エナメルの方は捨てました。持ち手のみが見苦しくなったほうは、本体部分は布だったので、
ぬいぐるみ外科(本職希望)の腕で、パッチワーク用の布を購入して修復して使ってます。

すごくきれいなかばんだったので、2度ぐらい使ってしまいこんで、
おしゃれした時に使おうと大事においていた結果、
使えない代物に退化していたなんて、本当に勿体無いこと。モノにも命があるのですなあ。
使うのが楽しいと喜んで持ち歩いた結果、捨てるところまで行けたら、
かばんも私も幸福でした。

いつか使うかも、とかばんの備蓄買いもやめておきます。
近場によさげなかばん屋さんを見つけました。
だから、旅の話が出たときに、余裕をもって見に行けばいい。

……東京、20日後に行くんやった。
今回の東京行きでお知り合いになった方に、
千秋楽の日にご飯かお茶しましょうね~とお誘いも頂き、
一番問題になるチケットは、頼りになる大先輩が、
私が東京で霧霧している間にセレクトしてくれていました。
行けたらいいな、行きたいけど、と私が迷っているうちに、
周りが固まってきて、気持ちをポンと載せられる。
とてもありがたいことです。

旅行かばんを買う出費も考えないと。う~む。大は小を兼ねるでトランクで行く?
(トランクも何年もケースになっていたのだけれど、上にのっても大丈夫な 
 タフなひと(人ではありません)なので大丈夫でしょう)

今回のことで、私には、軽くて便利なものは向かないと思いました。
腕力はないが背筋はあるからな、重くても丈夫な頼れるひと(人じゃないけど)が
好みです。書類かばんは牛皮の日本製をオーダーしといてよかった。
仕上がりは3ヶ月先だけど。同時に頼んだ財布は希望色は半年待ちだったけど、
色違いの現品がありそれを求めました。
実に勝手良く、使っても気持ちいい。
私がニヤニヤ使っているのを見て、
弟が「俺も次の財布はそれにしよう、紹介してな」と釣れました。
(喜ばれる商品を作ると顧客が増える、という実例)
前の子(日本製の折りたたみ財布)も小さくて愛しているので、
クリーニングして置いておくつもり。
変わったコインの保管などで活躍してくれることと思います。


今回の一泊二日は、
日曜の仕事では私がにこにこ笑顔を振りまいて、
土日の東京宝塚劇場では、にこにこ笑顔にしてもらいました。
土曜日の夜、桜を見る予定だったのが、荒天のため中止になったので、
週刊誌で見たピザトーストを食べ。 
かばんハプニングあり、予定通りには進まず、
三の丸尚蔵館に行く時間があったのに、上手く処理できなかったと、
思いが残るところはあるけれど、いい二日間でした。

次の東京行き。
もともと一泊二日を考えていたのだけれど、翌日の用事に、
既成のツアープランでは間に合わないので、
飛行機利用か、宿と新幹線を別に取るか、日帰りで行くか……。
(日帰りだったら旅行かばんは要らないな)

その前に、
「にんにくには気をつけてくださいね」と釘を刺された検診の
残りの血液検査の結果は、今週に聞きに行きます。
今回の職場が出してくれた贅沢旅行でも、どっぷり疲れた体力のなさ。
基礎体力をつけておかないと、旅も楽しめないなあと思い、
とりあえず、ホテルで腕立て伏せをしてみました。続けます。


世界選手権2012のブルースに、『エドワード8世』を主演さんを強く思いました。
決して派手ではない。しかし、つめの先まで神経が行き届いており、
パーフェクトな完成度で、目を引き付けられる、離せなくなる。
パーフェクトなのに、ご本人はストイックに、更に良いものを求めて鍛錬を続けられる。
ユーロスポーツの解説で「genius」と連呼されてました。二人ともgeniusなartistだと思います。
上半分の顔立ちもちょっと似てる、かも?

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3735-5ef3ece0

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。