お決まりの日々?

モモの節句でございます。

雲の中の金環日食

日食眼鏡も日蝕ソングも準備万端、で迎えた朝は曇りでした。

東のほうが明けているところ、といえば橋の上。
近所の公園で、厚い雲に残念な様子の小学生達に混ざろうかと思ったけれど、
使い慣れた橋に向かう。
東西に流れる大川は、上流、下流ともにスコーンと抜けており、観測しやすそうだ。

同じ考えの方が多くいると見え、中敷、中州に人が集っていて、どんどんと増えていく。

強い風は上空にも吹いていて、厚い雲の下のほうは動くけれど、
その上のものは悠然として動かない。

漏れてくる光から太陽の位置を推測する。
ピークの時間が近づいてくるのに、雲は切れない。

それでもあきらめずに太陽のほうを向く。
日食眼鏡では真っ暗になってしまうので肉眼で、ちらりちらりと様子を伺う。

今、細い環が、と思えば、
見間違えじゃない、周りから声が上がる。
時間にして数秒にして雲に覆われるが、その後も、ちら、ちら、と
雲シャッターの隙間から、環を、環の一部の姿を覗かせてくれた。

日食眼鏡は全く役に立たない。真っ暗になってしまう。

その後も切れない雲で、
ピークの時間だけ、間ができていたのが奇跡だった。

吹きすさぶ風にぶるぶるしながら、不思議な現象を共有できた周りの人が、
どんどんと抜けて行き、私も公園に移ることにした。
小学生は、学校に向かったのかほとんどいない公園には、
保護者と子供達が数人残っていて、そこでもまだ雲は厚い。

大分と気温が上がってき、うす曇だった空が明るくなったように思ったら
まぶしい光が落ちてきた。
やっと日食眼鏡の出番が! 日食眼鏡を通して、月の影が動いていく様子を観ることができた。

雲が晴れたのか、
雲を突き抜けるほど、食のピークを抜けて光が強くなってきたのか、
それはわからないけれど、
1番光が弱いときである環だとわかる瞬間に、観ることができて良かったと思った。

「見えた!」と上がった声に、一斉に人が動く様子を感じながら見るのも、楽しいよね。


アストロアーツの投稿写真ギャラリーで、
何度も楽しめる、金環日蝕。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3756-15ca0d6e

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。