お決まりの日々?

モモの節句でございます。

視聴メモ『Fate/Zero』『保健体育』、他

○『Fate/Zero』を、最終回25話まで観た。
凄惨な絵が多くて、しんどかった。このような話は得意ではないが、
宝塚歌劇的になじみがあった「ランスロット」が、それもバーサーカーで出てきたのは
非常な耳福でございました。これだけで作品を好評価できる!!!!(声優ファンばかでございます)

○その後だからか、『30歳の保健体育』は気持ちに優しかった。
BS12での録画で、自主規声が少なめバージョンの方を続けて見た。
特に♯12で、神様達の去り際の、
主人公をおちょくって楽しんでいるようなクールな大五郎に、あったかいところがチラリと、
でもしっかりと感じさせられるのに、パーフェクトキャスティングと思いました。
強いミント飴のように、しっかり甘いのに、メントールのスースーのきつさに気付けない、
でも気付いたら、ちゃんときっちり甘さに浸れる。
作品もまじめに作られているとわかる。


カテゴリー以外もみた。

○『江』の残っていた分。
まだ再生していない『ビューティフルレイン』はこれよりマシなものであって欲しい。
視聴者の脳に、これが正しいの、と有無を言わさず押し付けて浸蝕するようなものではなく、
それぞれの脳を刺激するような、それこそボケの進行を遅くするような、
なぜこうなるのかと登場人物と一緒に考えられる良質の作品が、また「良作」といわれるようになればいいなあ。


○朝のこども劇場で再放送している『ガラスの仮面』は、
私にとっては残念なことに、某Oさん桜小路くんバージョンではない新しいもの。
それでも好きな作品で、演技力がとてつもなく問われる難しそうな作品なので、興味深く見ている。
森川さんの真澄さんは恋愛的な色気がダダ漏れで、
仕事一筋で誰にも心をう焦がしたことの無いこの俺が、あのような幼い少女に心とらわれるなんて、
と思っているのは彼一人だけ、水城さんじゃなくても、彼が恋していることは分かるやろと
突っ込みを入れたくなるぐらいに露骨に震えまくっている真澄さんのハートに気付かぬマヤの鈍さが憎らしい。
恋わずらいで死ぬのではなかろうかというほどに、全身で恋するだけでも大変なのに、
さらにそれを隠そうと懸命な努力をしている、かわいそうな真澄さんの恋心を、
踏みにじっているマヤが、憎らしくもある。主人公好きなのに~~。


○『宇宙兄弟』の「三次元アリ」の回は消せないので、そのままにしてます。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3771-ee3af7e5

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。