お決まりの日々?

モモの節句でございます。

過去カレー



遅ればせながら、食べたぞ報告。

リアルタイムで、CoCo壱さん発祥県のカレー友に画像を送ろうと思ったが、
届いたメールにレスしているうちに、タイミングを逃してしまった。

ルーの中に入っている唐辛子に当たると、ピリリリとくるけれど、
「カレーは飲み物」な刺激としての辛さで、塩っぱさの方の辛さが強い気がする。
スパイシーな具沢山スープ(味付けは濃い目)。きっちり冷たい。 
バジルごはんも塩味で、こちらは冷え冷え!じゃないけどあったかくもないぬるさ。

ルーをごはんにかける、のではなく、
ルーとごはんを交互に食べるか(ステーキにガーリックライスが添えられたように)、
スプーンを小さな皿に見立てて一口分ずつ盛り付けて口に運ぶか。

いずれにせよ、ごはんがカレーを吸って一体となったふくよかさは、
冷たさを第一にしているからか、感じさせないようになっているよう。
ごはんにまぶされた脂が、ごはんの面倒見のよさ(糊っけ)をカバーしているため、
冷たいスープが控えめに伸ばした手(汁気)を、つるんと跳ね除けてしまう。
ごはんとルーは、それぞれの味を主張して混ざりあわない、クールな立ち位置だった。

「量と辛さは“普通”でよろしいでしょうか?」と尋ねて下さったが、辛さは選べない。
途中でテーブル備え付けのとび辛スパイスをふりかけると、
いつものカレーらしさがひょいと顔を覗かせる。しかしあまり入れると違う味になってしまう。
とび辛スパイスと、冷たいカレーのルーの味が交じり合ってない具合を、不協和音と感じるほど多く入れてはよろしくなさそう、アクセント程度が好ましいようだ。

この冷製カレーは、アリ、だと思うけど、
冷たくなって、炭水化物とだし(たれ)が別物に供される、ざるそば(ざるうどん)が、
だしをはった中に入れた温かいそば(うどん)と違う独自の輝きを放っていて、
これらをメインにすえた専門店が成立しそうなのに対して、
この冷たいカレーは主役としての輝きに弱い。

美味しいんだけど、クーラーが効いているCoCo壱さんで、お冷と一緒に食べるなら、
熱いカレーがいいなと感じたのは、私が冷え性だからかも。
(冷たいからか、塩味を強く感じて、水をやたらと飲みたくなったのも冷えた一因でしょう)

食べずに期間限定の時期が過ぎてしまうのは悔しいので、食べられて良かった。

話のネタにはなりそうです。8月末まで(予定)。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3774-3bfb6754

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。