お決まりの日々?

モモの節句でございます。

「るろ剣」映画(試写会)

7月にあった試写会に行かせていただきました。

元職場Tさんの同僚、Kさんの息子さんが、集英社の男性向けファッション雑誌に試写会の応募券があるの見つけて、
Kさんに報告。
綾野さんファンのTさんのためにKさんが応募され、あたりをTさんにプレゼント。
私が佐藤さんと仮面ライダー好きなのを覚えていてくださっていたTさんからお誘いいただきました。

二人とも、贔屓俳優の大公演、大熱演に大満足! 
携帯捜査官7のケイタ役さんの、画面の向こうからこちらを突き刺す熱さに、
私の心も流血してました。
終演後は、Tさんとがっしり握手を交わしたくなるぐらい、二人とも素晴らしかった。

私の中の佐藤さんと言えば、やっぱり良ちゃんで(いぞーも好き、Q10も好きでした)、
牛切り刀という大刀を振り回す原田が、良ちゃんの一番の相棒の赤鬼に重なったり、
佐藤氏の美形ぶりに色を失っていなかったハナ役の白鳥さんの美しさを思い出したり
(コハナちゃんも可愛かったわ~)。
演出と音響がくどいのは残念でしたが、足りてない役者さんとの差をごまかすためか、と
ちょっと食傷ぎみではあったけれど、その方の出番以外は良い作品でした。

試写会の後発売された雑誌によると、その方は監督のところに「るろ剣」オファーが来た時から、
決められていたとのこと。恵さんが良かっただけに不思議に思っていた謎が解けてほっとしました。
監督が意図して選んだというキャストの皆様は、それぞれ監督の狙い通りに、ばっちりと嵌っていました。
(佐藤氏も決まっていたけれど、あのいぞーを描出した彼だから面白いものができると思って、
 話を受けたというインタビューもありました。監督は佐藤さんと綾野さんべた褒めでにやにやしました)

お芝居って、役者どうしの相互反応で、予想もしていなかったすごいものが見えるから、いい。

足りてないと思った人だって、私にはできないすごいことをされていて、
特に他のキャストとの間にある差を少しでも埋めようと、
彼女の全力でものすごく頑張って挑まれたことは、画面からも感じました。
しかし、彼女ではなく、芝居ができる人がそのポジションにいれば、
どんなすごいものが、どんなに説得力のある画面になったのだろうと思うと、
残念な気持ちになってしまうのでした。えらそうですみません。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3791-e8293509

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。