お決まりの日々?

モモの節句でございます。

SHT、追いつきました

キョウリュウジャー♯27-29と、ウィザードのラスト3話は同じ日の放送。
ドンドン見ても最終回には間に合わず、あんまりお話にも乗れなかったけれど、
ラストエピソード、フィナーレぐらいは集中して見ようと思い、キョウリュウを先に見ることにした。

泣いたー。
(次郎さんの体でモリモリの声という最強男前な)トリンが(番組的にこのタイミングで)死ぬわけ無いと思ったけど、
復活を確かめたくて29話まで見て、泣いた。泣かされたー!
ダイゴと踊る獣電竜が可愛くてこういうCGはいい、と喜んで。
6人のメインメンバーがそれぞれに活躍し、シアン、グレー、バイオレットもはじけるようにサポート。
音楽にも、踊る変身にも意味があったとさらに楽しくなった。
(♯27はダイゴの脱ぎっぷりにびっくりした。よい筋肉ですね(笑顔))
ウッチーはいつも必死でいいなあ。
これだけ盛りだくさんに盛り上がらせて、まだ中盤かよと驚く。

はためくスカートの裾を狙うカットは、30分後で見たかった(寝言)


「さあ、ショータイムだ!」
画面はCGで派手に光っても、省エネに見えるインフィニティ、
魔力的にも晴人ノーダメージだから省魔力で使い勝手がいいわりに、
圧勝しちゃうから見せ場を少なくされているような不自然さがあるフォームの活躍で、
私は盛り上がれていないウィザードも、ラストエピソードだからなと気合を入れて見た。

「フィナーレだ!」
♯49
<みどころ> キマイラと仁籐の種族を超えた友情というのか、“男たちは分かり合ったのだった”な関係。
<感想> 白い魔法使い・ワイズマンと二つの顔を使って、登場するすべての人たちを利用していた笛木の目的とその達成方法が、視聴者に示されて、「ちっさ…」と思った。
<希望> 主人公変身後がほとんどなかった。もっと見せろー!

♯50。
<みどころ>
 泣いて鼻を赤くして晴人に心情を訴えるコヨミの可愛さ。インフィニティ様の珍しい肉弾戦。
<感想>
 笛木、晴人、ソラ(グレムリン)の三人(?二人は人の形をした悪魔だと思う)がコヨミの肉体を手に入れようとする。笛木は彼の娘の人格「暦」をコヨミの身体に蘇らせようと、晴人は彼らが愛着を持っているコヨミの心を守ろうと、ソラはコヨミの中にある彼が人間になるために必要だという賢者の石を求めて。ソラは彼の快楽殺人のためにコヨミを望んだと思ったのだが違ったのは意外だった。
 笛木の娘である暦と、晴人たちが好きなコヨミの心は違う。笛木が暦を蘇らせたら、晴人たちが知るコヨミは肉体から追い出され消える。
 笛木は、♯49の仁籐とキマイラ、♯50のグレムリンという想定外の勢力に予定を崩されて負ける。笛木の予想外の力のインフィニティにそれに仁籐らの力を借りても笛木に勝てなかった主人公は、伏兵の力でやっと笛木を倒せた。晴人はインフィニティが出なかったら、笛木の障害にもなれないしょぼいコマだったんだなあ。しかしその伏兵、グレムリンに賢者の石を奪われてコヨミ死亡。
 前回ほとんど変身後がなかった主人公は、次の回、それも最終回一つ前でも、変身後が少ない。
 二号ライダーに(♯49)、ヒロインに(♯50)「最後の希望」と持ち上げられるエンド続きで、ラストエピソードに続く。敵は、賢者の石を奪ったとはいえ、死んでもおかしくない重症を負っているグレムリン! ちっさー
<希望>
 白魔のベルトを売るためにも、復活の笛木とタッグを組んでやっつけるぐらいの相手本位の愛情を見せて欲しい。自分本位に自分に都合のいい娘だけを愛している父親なんてえぐすぎる。

♯51
<みどころ>
 与えられた魔力(やファントムとしてや賢者の石とやらで増強された力)よりも、人間の精魂かけた願いのほうが強いらしいこと。この不条理をOKと思わせるのが、今まで培ってきた虚構の世界の強さだよな。(クライマックスフォームさん登場回は喜んで踊らされました)
 ドラゴンに乗って眠れる姫の手を取りにきたウィザード(変身前が重なる前!)がキラキラ王子様だった。中の人若いわー! 見るだけで若返る気がする。
<感想>
 やっと終わった。
 そういえば、他に三人魔法使い量産型がいたんだった。「コヨミはもういないんだ(だから戦わなくていい)」と晴人にいう面影堂親父の台詞にぞっとした。愛したものはいなくなっても、愛したもののが愛した世界を守るのが遺された者の筋ってモンじゃないか、と怒っていたら、親父以外の面影堂たまりメンバーはちゃんと行動していてほっとした。
 晴人が己の願いを解放してドラゴンと交流して、グレムリンから賢者の石を奪い取れば、ぼろぼろの敵は倒れて終了。グレムリンと笛木が互いにダメージを与えあってくれてラッキーだったなあ。
 仁籐とキマイラの愛に似た関係は理解できたが、最終回まで見ても晴人とコヨミの魂の結びつきみたいな愛情関係は理解できなかったのは、変身前をしっかり見ておかなかったからかなあ。でも見返す気はしない。 
 「すべてを受け入れて前に進む」を最初から最終回まで、それが愛した人の死であってもを晴人が貫いたのは良かった。
 「希望」ドーナツを「コヨミの分」とお買い求めになられましたが、指輪が食べるわけがなし……どうなったんだろなあ~。干からびミイラ化?
<希望>
 キョウリュウ♯29の弥生ちゃんのスカートひらひらーなカットを、ウィザードでがっつり見たかったです。
 次回予告前に入っている他番組の宣伝「○曜日△もショータイムだ!」のひらひらが毎回あればもっと楽しく見られたのに。少数意見じゃないはず!
 次回予告にソードフォームが出てびっくりした。ディケイドがいるから良太郎不在のモモタロスによるソードフォームさんかあ。佐藤さんが出られないであろうことは私でもわかるから、仕方が無いと理解はしても、
二人の相棒関係が好きだったから、それをなかった用にされるのは気持ちがすっきりしない。
ソード変身前とモモタロスが出たらイイナ♪

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3866-df376d3d

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。