お決まりの日々?

モモの節句でございます。

生放送が出来ないわけだと納得した

録画は塩抜き、場内音声だけのBSの副音声でを予定しているが、
地上派録画放送をポエムに「うるさい」と返しながらも、
全日本女子ショートプログラムを見てしまった。

うわあ、なんて不自然な番組構成。
推しの選手を追う、追う!
明日の結果が出ないと分からないけれど、五位から巻き返して優勝しないと、
その選手のソチ行きは、まずないんだよ。
そして、四位までの選手もそれぞれ、とてもいい演技をしているんだ。
それでも、結果が分かっている録画を放送する番組で、
一位と五位の選手を並べた映像をつくって、解説者と実況担当アナが延々と喋る。
この2人が優勝候補でソチに行くことを期待されているっていう感じの。

五位になった選手のときの実況および解説者が饒舌で、テンションが、
その次に滑った一位の選手のときあからさまに違いすぎて、苦笑した。
一位の選手の、最初のジャンプのときには、
五位の選手の3T-3Tで派手な歓声を上げた解説者は無言だった。
というより、過去に解説者が完璧だったといったジャンプが、
回転不足で減点され、録画放送では解説者の音声がカットされていたのと、
同じ現象が起こったんじゃないかな。
会場の音声も一位選手の時には明らかに小さくされていたと私の耳は感じた。
演技後、会場が揺れるようなスタンディングオベーションの映像であるのに、
うなるような音ではない。絞られた音量での拍手音が着いていた。
CM前の五位の選手の演技後、実況が会場の興奮をハイテンションでアナウンスしたのに
かぶせるような拍手は、逆に大きすぎて不自然だった。
テレビの画面切り替えなどの小細工をしても、スピードの違いが分かるのに、
会場の、スケート大好きな人たちが判らないはずがない。
また、印象操作をしたなと思った。

前と同じ小細工をするから、気付かれるんよ。
余裕のなさが感じ取れる。

五位の選手の後にインタビューを入れてCMも入れて、
後の選手の演技を続けて流さないことで、違いが分からないように分断したつもりかもしれないが、
インタビューの時には音声だけにして、CM中も他のことをしていたから、
スケーティングのスピード差がはっきりと見えてしまった。
また音声の差もごまかせなかったと思う。
だってCMがうるさいと思わないほどに五位の時には会場音を上げるんだもん。
CM開けたら、音量がガクッと下がっていたら、おかしいと思うやん。
解説者は言葉少なだし、隠したいものがリアルではあったのね、と勘ぐられる。
後ろ暗いところがないのなら堂々としたらいいのに、
できないのだろうなあと、痛い腹をさらに探られるはめになるんだよ。

録画番組で、グランプリシリーズに出ていない最終グループ第一滑走者の選手を
違和感があるほどに持ち上げるから、
彼女より先に滑った宮原さんの好演技はともかく、
一位の選手の後に滑るあっこちゃんもかなこも転倒などで思うような演技が出来なかったのかと、
とハラハラしちゃったけど、みんなとてもいい演技で、
かなこは嬉しさで泣いちゃってるし、あっこちゃんも祝福を受けるにふさわしい貫禄で、
印象操作だっていうことがバレバレ。

会場からのレポートと、録画番組の比較検討が、がっつりされることでしょう。
あーたのしみっ!!

良い演技だけを楽しみたいのに、めんどくさいわね!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3883-0bd1b7d3

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。