お決まりの日々?

モモの節句でございます。

危険だから棄権

大歓声を手で制して、ごめんね、と体で表現して、プルシェンコ選手はアイスリンクから出ました。
ずっと腰を押さえていて、痛さがみしみし伝わるようだった。

「ここからまったく動かなくなりました」
六分間練習を再生した画像にかぶさる、実況の声までが痛い。

ブーイングが起こらないのが、さすがの英雄だと思った。
外国人ですら彼を愛している。祖国のためにと怪我をおして出場し、
初の団体戦の初代金メダルのために活躍した英雄を、責められる人はいないだろう。

NHK‐Gでは、公式練習も映してくれた。
練習風景にキャーキャー騒ぎ、六分間練習に一番に飛び出したのにワクワクして、
でもお顔がアップになると、えっ…と思う。
実況の「団体戦に比べると冴えない表情ですね」という言葉に不安になる。

練習では飛び上がっても回転はしない。確かめるような、
と言っても町田選手の、確実に四回転を決めてやるというような気迫が感じられる
その場ジャンプじゃなくて、
そろそろ、と確かめるような。

でも、(元)宇宙人だから。
祖国のためにと復活してしまった奇跡の人だから、やってくれるかも、と
ドキドキしていました。

彼の選択を、私は支持します。
次に飛び上がったら、そのまま動かなくなってしまうかもしれないと怖かった。
そんなのは嫌だ。
(これがフリーだったら、その場合はメダルを狙える位置にいただろうから、
 無理を押し通してしまったかもしれない。明日にさらに過酷な戦いを控えた、今日の、
 本線の前に症状が出たのは不幸中の幸いだと思いました)

団体戦があったことが良くなかったとも思うし、
今となっては、団体戦が合ったからこそ、ショートもフリーも見られたと思わないでもないし。

気持ちも腰も、とても辛いと思います。

腰の状態を良くして、また、絶対、日本のアイスショーに来てほしいです。


追記

フリーの実況にまた塩が! 
プルシェンコさんが塩漬けにされなくて良かったと思うべきか。

NHK-BS1ではフリーの直前練習を放送していなかったので、フジ系を見たら、
高橋選手と羽生選手の直前練習の放送後は、Pチャンとナンデスさん、今期謎の高得点組特集でした。
わかりやすい。
BS1で放送された、録画のフリーの放送、一時間ほどのを見た。
Pチャンのは途中で眠くなるのは、すべりが上手いから? うっとり、なの?
でもスケーティングの上手さで定評がある小塚選手のは、楽そうに滑っているのに、
おおっ、なんじゃこりゃすげーというサプライズがある。
音と合っているを通り越して、音と一体化している、スピンの早さも見事に拍と一致し、
クレッシェンド・デクレッシェンドも自在で、見るだけで音楽が聞こえるため、
倍の大きさで豊かさで音を感じさせる高橋選手のようなサプライズも私には感じられない。
町田選手のような、これが僕の世界だ、という目を見張る気迫も、無いような気がする。


さらに追記(2/17)

 NHK-BS1フリー録画(編集)放送の、リプレイ部や説明部をカットすることでの
できるだけの塩抜きをした後で、実況放送を録画したものの再生をし、
冒頭にあった日本の三選手と「立ちはだかる」Pチャン選手の演技を見返しました。
 プルシェンコ選手のその後の情報を、プルスレ経由で頂き(翻訳をありがとうございます)
私の気持ちもちょっと落ち着きました。

 羽生選手の世界最高得点はそれまでに何度か放送で見て、鬼迫と表記したい気迫を感じて
氷の上を浮いているような安定感を感じていたので、高橋選手と町田選手のを、そして
丁寧にスローリプレイまで付いたチャン選手のを見ました。

 高橋選手は見事に音楽で、オリンピック前にけちが付いた音楽でしたが、
この曲を聞くたびに、その旋律にあわせた高橋選手の素晴らしい身体表現を思い出してしまうだろうという、
私にとってのプルシェンコ現象が起きることは確実です。
 メロディの起伏と彼の表現が相乗しあう、互いを呼び合い、音楽とダンスするような素晴らしさで、
彼のタンゴを思い出しました。
 彼のタンゴは、その場にいないパートナーを幻視させるような見事さで、
氷上で彼一人で表現しているのに、2人の間に高まる情熱に場内どころか、モニター越しの視聴者まで
ぐいっと引き寄せ抱き寄せるすごさがありましたが、
「ヴァイオリンのためのソナチネ」が、彼のダンスパートナーとしてしっかり息づいていました。

 町田選手の「エデンの東」は、私の場合は手塚治虫の作品で感じる「人間讃歌」を
独特の力のある振り付けで、見事に演じきったと感じました。ファンファーレが心にも響きます。

 世界最高得点で評価された羽生選手の演技は見事でした。私の容量では、
彼の演技は見事な一枚絵として思い出される状態ですが、
町田選手の「エデンの東」は、ゴゴゴとあふれ出る情感の音まで付いた部分動画で、
高橋選手の場合はフルバージョンで勝手にリピート再生されます。

 素晴らしい技術と、ジャッジに評価されるための欠点を修正し、レベルアップをはかり、
勝つために流した涙を飲み込みながらも、それでも彼のやりたいことと、
ビールマンとイナバウアーを入れてくる強気を、素晴らしいと思っています。
 プルシェンコ選手が怪我のためあきらめたビールマンスピンに、羽生選手がこだわったから
世界ランキング一位の強い選手が強烈な個性としてアピールしているから、
男子シングルでビールマンスピンを武器にする選手が生まれてきている、
演技の豊かさに繋がっていると、嬉しく感謝しています(マルティネス選手も楽しみです)

 完全な演技で終われなかったことを悔しいという彼の今後をとてもとてもとても楽しみにしています。
 きっとプルシェンコ選手や高橋選手のような、勝手にリピート再生させてしまうような持ち味を、
確かな技術に裏打ちされた強さと自信のもとで、彼の前の「ロミオとジュリエット」で感じたそれを
滲み出させ、噴出させて欲しいと願っています。

 チャン選手の、ツルーっとキレーに滑る姿は、高い評価に納得させられるものを私でも感じます。
特にフリーを見たあとでは、ショートは本当に美しいです。エッジにコマでもついているのかと思います。
 でも、竹とんぼと評される上半身の堅さや、肘の柔らかさが見えないからか、
音楽を抱いているようには見えない。彼は一人、リンクの上で音楽をかけて滑っているように見えます。
彼の表現するストーリーを(オペラ座の怪人であっても)、私が浮かべられたことはありません。
音楽が高まっても、表現の大きさが変わったように感じられません、変化はつけられていると思うのですが。
 ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番で、浅田選手の演技が勝手に再生され涙まで出てくるのに対して、
同じ作曲家のエレジーではチャン選手の演技は、私の場合は浮かばない。
 これで「表現力」といわれると私には疑問で、
演劇でもバレエでも、観客に伝えるための演技だと思うから、
そのための演技力に点をつけるには、別の評価方法が必要じゃないかと。
観客を演者が表現している世界に巻き込む力に、それは情熱に限らず、
美しく見事なスケーティングで表現される、静けさの中にある極上の別空間でいい
(アボット選手のフリーでは不思議な空間に魅入られました)、
ここではないどこかに連れて行く力に、適切な点数をつけることで、
フィギュアスケートの採点の疑惑は大分と解消されると思います。
 町田選手は、チャン選手に比べると、泥臭い滑りだけれど、彼の中からその瞬間に湧き上がってくる感情は
たしかに力強く届いていると、少なくても客席にはと思うのだけれど、ジャッジの評価は低いですねえ。

 フリーのプロトコル、プログラム全編を通じて「細かいミス」がちりばめられた
銀メダリストの演技のIN(曲の解釈)が9.39(9.00~9.75)で、
静かに始まり、満ちていくに従って歓声も大きくさせた、ダイナミクスの表現も見事だった
アボット選手の8.61(8.25~9.00)より高く、演技構成点で10点以上上回り、
会場が乗った、ジャッジもペンで拍子を取っていたブラウン選手の8.71(8.25~9.50)より
高評価の理由が選手にも観客にも分からないと、
銀メダリストが言う「ジャッジに愛されている」に説得力を与えたり、アンダーザーテーブルでと
邪推されるのも仕方が無いなと思います。
(4回転を飛ばなかったアボットの技術点が伸びないのは納得できます)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3893-71bece26

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。