お決まりの日々?

モモの節句でございます。

宝塚歌劇を観にいったというメモ(1月後半~3月)

観にいった日から一週間ぐらいのメールや、チケットなどを貼り付けている雑記帳のメモには、
ちょこちょこ書いてはいたが、こちらには書いてなかったな、と。

1月後半
月バウ『NEW WAVE 月』
 たまきちととしに目を奪われていました。としのダンスに圧倒され、
フレッドアステアをあてた大野先生の確かさにしびれました。
みやさんの大きなキラキラした目が印象的。大劇で龍さんとキラキラ合戦をと楽しみが増えました。

2月
花『ラストタイクーン』/『宝塚無眩』
 二回見た。蘭寿さんの見納めと思うととても残念。蘭寿さんが出ている場面は、
そのままプロモーションビデオにできる格好よさで、主題歌も卒業色いっぱいで迫るのだが、
話が面白くない。二回目は主演娘役さんの咽が潰れていて、ひどい状態だった。
何をさせても男役として格好良く決めてしまわれる蘭寿さんの男役芸と、
彼の才能にほれ込みサポートする秘書の一花さまの清潔さ、、
やばさ爆発のだいもんが印象に残っている。だいもんだいもん!
 みりおパパが秘書と愛人関係にある現場に娘が踏み込んで、ギャーは誰も得しないシーンだと思った。
その時間はとっちらかって、急展開で終わってしまう話のお片づけに回してほしかった。
椅子から立ち上がれないような重い話(たとえば『夢の浮橋』)を求めているわけではないが、
この話は、吹いたら飛びそうな軽い話に思えた。
 ショーの前半は、サイトーワールド頻出モチーフの連続で、セルフリメイクだったが、
バケーションの一花さまのキュートさは素晴らしかった。
 ショーの後半は、見たかったものを見せてもらえて嬉しかった。
 サイトーくんには宝塚歌劇愛とそこに彼の趣味を合体させたい欲望を感じる。
後半で帳尻を合わせてくるところに救われる思いはあるが、
これからもサイトーワールドの再演にこだわられるのなら、
CDでもネットでも何でもいいので、クラシックで使う有名曲のバリエーションを増やしてほしいです。

3月
雪DC『心中恋の大和路』
 これはすごかった。下級生まですごいなと思わされたが(蜆売りのあの舞台に溶け込む声と動きったら!)、
そして久しぶりに見たまっつが素晴らしかった。友人思いのあったかい彼の素晴らしい歌が、
今も耳に残っている。
 主人公はアホでどうしようもないし、近くにいたら蹴りを入れたくなるタイプなのに、
えりたんなら赦せる。
 頭の足りない男だけれど、不思議と人に惚れられてしまう才能がある。
アホだから考えナシに突っ走ってしまう。トラブルメーカーなのに憎めない、
どころか、そこも魅力だとサポートしたくなる

月『宝塚をどり』/『明日への指針』/『TAKARAZUKA花詩集100』
 特出の蘭とむに、これが最後だわと私の視線はもっていかれていたのだけれど、
いま鮮烈に思い出すのが、胡蝶蘭を腰につけた紫タイツのたまきちだった。
タバコなみやるりはたまらなく蠱惑的なのに。
花詩集の素敵衣装の中で、なぜたまきちだけあの衣装。そしてあのお姿で銀橋並び、
それでもって笑顔満開のたまきちは偉い!
安心させてくれるタカラジェンヌさんです。リフトも任せて安心、万能たまきち!

 『TAKARAZUKA花詩集100』がメインと感じた3本立てで、このショーは一回見ただけでは足りない。

 『明日への指針』では、ちゃぴちゃんが龍さんに平手打ちをするシーンが好きです。
なんて情けない役が似合うんだ。としの船員姿は素晴らしい。冒頭のたまきち船員は頼もしい。
 そして前の船長(とちゃぴちゃんのDV夫)の存在感も良かった。
 「男を見る目があると婚期を逃す」(ドララ)
 「覚えておいて、おばさんも昔は少女だったってこと」(アンジェラ)など心に刺さる台詞に被弾しました。

 『宝塚をどり』白塗りでもすぐに分かるマギーさん。トップさんも勿論わかる。
 よさこいの場面が特に好きです。
 白獅子の振り回しはくまモンのほうが上手いと思いました。白獅子<くまモン≦赤獅子という感じ。
でも彼女の芸風は若さのキラキラなので、ダメ男でも母性本能をくすぐられる~的ツボがありそうです。

 1月の大劇では真風さんのもみ上げ、(梅芸での轟さんの口ひげは定例として)2月は明日海さんの口ひげ、
3月に蘭寿さんと龍さんのあごひげ口ひげ。毛毛毛。
 ぬいぐるみ好き、くまモン好き=毛好きな私に対するお気遣い? 他のサービスがいいです。

 時間ができたら個別記事を。とりあえず宝塚歌劇も見ていますのメモでした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3904-e1ad46a6

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。