お決まりの日々?

モモの節句でございます。

種リマスター視聴中

HDDレコーダーの残り容量が、1%と、ビデオカプセル数上限まで3つ位というせっぱづまった状況で、
新番組をすっぱり切ることもできず、
見ていない録画番組をざっくり捨てることも出来ず。

老後の楽しみといっても、この性格のままだと、見返すことも出来ぬままに時間が尽きそうと、
処分してしまう日が来る気がする。なんてこったい。

決断力はすぐに養われるものではない。
当面の問題は、見て消せなくても記録媒体に移せたら、HDDから消せるものを見る、
録画時間が長いものよりも、短いものを複数見て録画できる数を増やすこと。
ブルーレイの入れ替えにも時間がかかるから、新番組を一話づつ移すより、
数十話貯まったものを、一気に移動しようと決めました。

種と種運命をターゲットに決めて。
種運命は、リマスター版が放送されている当時から、ビデオカプセル数上限制限と、
放送時間の録画が重なったとき、30分の種運命をダイレクトレコーディングにし、
AVCでもう一つの録画をして、HDD容量を浮かせたのは良かったが、
解除した週録画を戻すのを忘れ、欠けてしまった回がある。
第一、リマスターに掛かったといっても、良くなったのは絵だけ、
後日追加アフレコをしたという話は聞いていないので、
話にまとも補正がかかったことはないだろうと、虎さん回だけ移そうと思っています。
その虎回ですらミスで欠けた回はあるけど、完全を求めるのにはエネルギーがいる。

18話から虎再登場の種41話(声は無し)を過ぎ、42話まで来ました。
私の記憶の中では、種の虎(前半)>>>> 種の虎(後半)> 種運命の虎。
種で、虎が死んだと思われて回想されているうちは、それだけメインの子供たちに
彼の言葉が大きく影響を与えたと嬉しく思えた気持ちが、
復活後はデンパに感化されたかっ!と薄れていったような。
薄れたどころか、種21話までの虎はアイシャ込みで大変よく覚えているのだが、
再登場後のは、姿しか浮かんでこず、新鮮な気持ちで41話を見てしまった。

リマスターでメインキャラのアップなどの作画が鮮やかになった分、苛立ちが増えた不思議。
本放送では絵のマヌケさがクッションになっていたこともあったのかも。
絵については、『悪魔のリドル』を3話までみて、ほとんどキャラクター絵の区別がつかない私に
語る資格はないと思いますが。『リドル』公式にあるキャラクターのページ、
証明用写真のように同じ構図が並んだものを見て、私には難易度が高いと思いました。
リーディングドラマに置鮎さんもご出演されていた作品だから、途中参加される可能性があるかモンな
気持ちもあり、なかなか切れません。

種42話でエターナル艦を襲うモビルスーツ、被弾する艦を助けに来る主人公機の構図に重なるものがある。
それは『永遠の0』で見た、読んだ、艦を攻撃機から守る零戦だと気付きました。
艦が浮かぶ場所が宇宙空間と海の違いで、基本構造は同じなんだと、ガンダムやヤマトを見て育ってきたのに、
初めて気付きました。何を見ていたのか、時々しばしば私にはある現象ですが、その度に動揺します。

総集編は省かれているリマスターなのに、メインにやたらと回想癖があるので、
原作に追いつきそうなジャンプアニメのような進行速度。
大切とされるエピソードは、回想されるから流してみればいいやと思いきや、
兵器や思想の話は、メインが回想しない人たちによるものなので、回想や解説はない。
子供には、主人公たちが派手に戦っている後ろには、難しいことがあるんだなと思ってもらえればいいので、
回想や噛み砕いての説明がないのはいいのだが、
彼らの思い入れが有る特定の人物に対しての同じエピソードを繰り返し挿入されると、
私の場合はまたかよとぼけーっと流してしまって、見ておくと面白い部分まで見逃して、
それぞれの思想に従って動いているはずの大人メンバーの行動まで分からなくなってしまうのが危険だ。

種運命本放送が終わったとき、ひどい徒労感と怒りに襲われたことは良く覚えている。
ブログ記事にもしていました。
そのときには「種」という文字にすら、拒絶反応を示していて、
「幸せの種を蒔こう」という言葉もダメだったのに、
今はその歌詞も、そのときの気持ちを忘れて、ご機嫌に歌っている。時の流れは忘却の力は。偉大です。

くやしいときは 歌えばいい 寝ちゃえばいい
いっしょに明日ね 幸せの種 を蒔きにいこう
まきまきハピハピよろしくま!

『くまモンもん』
くまモンもん(DVD付)くまモンもん(DVD付)
(2013/09/25)
くまモン

商品詳細を見る
種についた嫌な記憶をくまモンがよかモンに変えてしまったのかモン? くまモンまうごつすごかモン!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3906-3bc8797d

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。