お決まりの日々?

モモの節句でございます。

浅田真央展に行ってきました

休日はすっごいことになっているらしいので、平日狙い。
最終日は4時半までだから、今日しかない!

人は沢山だったけれど、待たずに観ることが出来ました。
衣装はガラスケースに入っているか、そのまま展示してある場合もあり。

こんな薄い鎧で、大勢の人の目の前に立って、色々なものと、
ふつうのスポーツ選手なら戦う必要のないものとまで対峙して、勝利を収めてきたのだと
彼女が戦ってきた奇跡が私の中で蘇り、衣装の前でボーっとしてしまいました。
これからも真央選手を守ってください、と衣装を拝んでしまう。
タラソワさんが送った衣装を、軽く動きやすいものに作り変えたという
ピアコンNo.2の衣装は左の胸に伸びる、ブルーブラックの部分は羽根の形にストーンがついていて、
それが演技者の心臓を抑え、要となって守っているようにみえた。
サテンリボンのような光沢のある羽根、伸縮性のあるネットのような羽根が
中央の大きなストーンから伸びるようで、豪華でありながら動きやすさを考えられたであろう
この衣装が、ライオンのようで、王者の鎧のように見えました。

浅田真央選手の数々の勝負衣装をまとっているのは一般のマネキン。
子供体型のものは良く分からなかったのですが、成人女性のマネキンの胸の横、
わきの下のところに楕円形に形作られた(?)綿が入っているのに気がつきました。
真央選手は細くて妖精の様に見えるけれど、アスリートだから、
肺が大きく、それを入れるための胸郭がきっと大きいのではないかと思いました。
そうでないと、伸縮性のある素材といえども浮いてしまって、きれいなラインがでないのでしょう。
抜群のプロポーション、下着を着けたことを想定して作られたマネキンと、
その部分はテレビで見た映像や展示されている写真とラインやしわの入り方が違うのですが、
真央選手が身につけている状態のほうが、躍動感を感じて衣装も生きて輝いています。

衣装は、ストーンがはりつけられていたり、様々な素材が組み合わされていたり、
素敵な切り替えが、ふわっとしたラインをつくっていたり、見事なドレープが取られていたり、
ペインティングが施されていたり(シェヘラザードの衣装2つは見事でした)、
近くで見るとテレビで見る以上にきれいなのだけれど、それでも衣装の後ろに展示してある、
真央選手の写真には遠く及ばない。

白鳥の衣装など、一部ストーンが取れているものや、ボンド(?)が変色しているもありました。
戦ってきた真央選手を守ってきたモノの命を感じました。

アイガットリズムの衣装は、オレンジっぽい、朱色と思っていたら、とても赤でした。
大小のストーンが派手なのに、かわいらしいの。

写真集で見るのと違い、大きな写真で横並びにすると、
真央選手の脚のラインが、ジュニアのころ、バンクーバーのころ、ソチのころで全く違うのがわかります。
細さに変化が有るようには思えない、すらりとした美しい足なのだけれど、下肢の筋肉のつき方が違って、
一から佐藤コーチのもとでジャンプを見直した、その証拠がここにあると思いました。

衣装が汗を沢山吸っているのではないかという声に、
ガラスケースに収められていない衣装に、触れない程度に近づいて、
息を吸い込んでみましたが、当然、真央さんの匂いはしませんでした。

スケート靴は二つ。一つは真央選手のスケート靴バッグも同時に展示されていました。
どちらも皮の部分がブレードなどで傷つき、足に当たる部分も使い込まれ、
激しい練習の証拠のように見えました。これにも真央選手の汗が…っ!(ガラスケース内の展示です)

展示に加えて素晴らしいのは見ている人が、みんな笑顔だと思えたこと。

さて。ニコニコ、ニマニマしながら楽しんだ後はお買い物♪ お礼買い♪

会場で流されていたソチのフリー演技解説無し映像は、
NHKで放送されていたものとアングルが同じで、解像度はNHK-BSで録画したものに劣るように思えたので、
これが収録されているDVDは、世界選手権の演技も入っていないことから選択肢から外し。
真央さんブランドのスポーツウェアやバッグは、私の年齢にはかわいらしく、
また、若いファンが買いやすいようにするためか、中国製なのが残念。
帽子が欲しかったけれど、等身大パネルの横での記念撮影で、
真央選手の頭の小ささにびっくりしたままに、私が被ると真央選手と悲しいほど違う残酷さ。

何かお買い物したいなあと思って目に付いてしまったのが、エアーウィーヴ!
給料の割に高い家賃よりも高い(じゅういちまん!)のに、買ってしまいそう、
誰か止めて~と叫んでも、自分しか止めることはできないので、
数量限定のものはインターネットでも購入できることを確認して、今日は帰ることにしました。
エアウィーヴの売りは、寝返りが打ちやすいことだそう。
うちの布団は球磨子さん(ぬいぐるみさん)たちと私で半分半分。使っている面積は半分なので、
薄くて幅が半分のものでもいいのだけれど、ぬいぐるみさんは下には置かない扱いの我が家で、
球磨子さんよりも上段に寝させていただくのは落ち着かないからやはりフルモード?
もうちょっと悩みます。

別件で電話を掛けてきた母は昨日テレビで見て、マットを注文したそうな! 
エアーウィーヴだったらいいなあ。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3909-27d001d3

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。