お決まりの日々?

モモの節句でございます。

NHK杯、ライブとBS1録画放送

HDDの容量がぎりぎりなので、録画したものを見ては消すかBD-Rに移していたどこかの合間に
男子フリーの中継が映った。
すでに編集終わった男子シングル(録画)、の羽生選手あっての番組構成に驚かされたが、
転倒事故の復帰戦の羽生選手のショートより、村良選手や村上選手のほうが点数も良かったのだから、
羽生選手に絞った構成を、ショート一位の村良選手や好成績の村上選手に振り分けてくるかと期待したが、
そんなことはなかった。

それでも実況はまだよいほうで、録画放送は銀の選手のリプレイを映さず、その間は、
インタビューを受けている状態で、ところどころ音声が拾える羽生選手の横顔を追いかけまわしていた。
時間が足らないから下位選手のリプレイを削るという方法は理解できるが、
指先がだらしなく見える、姿勢が美しくなく演技にもしまりがなく見える(割には高得点)の下位選手は
1分ほどのリプレイ時間を、ジャンクションつきで録画放送でも残していた。
この選手のジャンプ前の沈み込みは、原点対象にならず、評価される不思議。
「短ソ」と呼び名がつけられていたことを、映像を見て思い出し、すぐに納得した。

録画放送では、表彰式は音楽をかぶせてちょっとだけ。
日本人選手演技のハイライト的に流された映像の続きに表彰式のカットが入ったが、
その映像に羽生選手と村良選手の転倒シーンを選ぶたちの悪さ。
大技を決めたところを映さないことに驚いたが、LIVEでは放送した村上選手の感涙も
『君が代』もカットされていた。
このような報道姿勢をかたくなに貫かれると、
NHKは日本人が喜んでいる姿や、それをテレビで見て喜ぶ日本人が嫌で、
日本の国旗や国歌など、国家を象徴するもの極力放送したくない組織なのだと感じてしまう。

日の丸は映さなくても、スロー再生で女子選手の股間は抜く。どこの変態新聞(WaiWai毎日)?、同族か。

NHK男子・女子シングルで、1番印象に残ったのは宮原選手のショートとフリー。
精巧な貴金属細工を眺めているようで、飽きない。リピートしてしまいます。
ショート・フリーともに、オペラ座の怪人を、クリスティーヌ、またはファントムとして
情熱と勢いで滑りきった、村上選手のパワーもすばらしかった。
ファントムで統一されたプログラムは、もっと良くなっていくのだと期待しています。

村上大介選手は素晴らしかった。
「練習どおりできた」という言葉は、浅田真央選手を指導されていた、佐藤コーチからも聞きました。
本番の高揚感で練習以上にできてしまって驚く"本番マジック”は、そうそう発動するものではない。
周囲やマスコミなどからの期待、さらには失敗イメージを電波で拡散されることで与えられる不安から
ランキング上位の有名選手は自由になれるものではない。不安に急に襲われる、力みが出る。
練習どおりできるように、練習どおりまではいかなくてもまずまずできるように、トレーニングを重ねて迎える本番。
練習どおりのすばらしい演技を見せてもらえて、とても楽しかった。

さて、村上大輔選手のショートプログラムの滑走順は早かったのだけれど、
前のほうの滑走順だと、点がつかない、とソチ女子シングルフリーの浅田選手の低得点に対して
説明がつけられたことも覚えている。ジャンプ前の沈み込みといい、男子シングルショートでは、
女子とは別基準が設けられているらしい。
そのときに、このリンクでやり遂げたことについての得点を出して欲しい。
この選手だから、この点になる、とか、痛々しいから、好き嫌いがあるから、上からのお達しでか
知らないけれど、特定の選手にだけ回転不足の判定がやたらと厳しかったり、見逃されたりは、
えこひいきが横行で、競技ではない。袖の下たんまりの審査員の人気投票になっているように見える。

今期は、「オペラ座」が被りすぎ。
羽生選手のプログラムも、ショート、フリーとともに、完成されますように。

オリンピックですらフィギュアスケートの客席に空席が目立つ。
GPシリーズ1から5戦は、空席のほうが多いのではないかと思うほどの閑散振り、
日本では人気で、大阪でのNHK杯はチケット難と聞いてはいたが、
テレビで映るような良い席に固まって空きがあり、
「おわこん」という言葉が浮かびました。
「スケートっていいな、って思いました」と浅田真央選手がこぼれる笑顔で答えたように、
そして彼女のスケートを見ると、熱くなった気持ちが目からあふれてしまうほどに素晴らしいものなのに、
心が一緒に躍ったりジャンプする、素敵なスケーターが世界にいるのに。
神々しいまでの美しさに憧れて、届かないことに腹を立て、なんとしても自分のものにしたいと
引き摺り下ろした人たちを、私は憎みます。フィギュアスケートにのみ限って起こっている現象ではないですが。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3927-07d7ef6a

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。