お決まりの日々?

モモの節句でございます。

XOIとMOI

テレビ大阪と関西テレビの放送で見ました。

関西テレビ(フジ)の実況が二代目塩で塩分がえぐいらしいと、
年明けのBS、会場音のみの副音声でと、地上波は録画せず。
去年までは塩分過多で呼吸困難になろうとも、フジの貶め工作を見逃してやるものかと、
地上波も録画して、ぎりぎりとチェックしていたのですが。
今年の全日本に、去年までの最大の犠牲者はいません。

その人は、XOIでふんわりと美しく、伸びやかに氷の上で自由でした。

浅田真央さんの力みを感じさせないやわらかな、自然なスケート。
スケーターが演技しているのではなく、彼女自身が過不足なくスケートだと思いました。
今年は、ミュージカル『エリザベート』にまつわる、裏側のお話に、やっと終わったと思ったら、
来年のための練習でしたか、と呆れた年でもありましたが、(♪蘭の花には用心!用心!だわ)
別の方の歌声で、エリザベートがヴィンディッシュ嬢に向けての歌った
「あああなたの魂は自由だわ」「そうよ、自由」が浮かんできました。
氷の上の彼女は、スケート(の精)そのものであり、解き放たれた開放感の中にいるように見えました。
ハーフハーフ。
今の世界にいて欲しいと、願う気持ちがまた増えました。

だいまおは、ほわっほわした! 清潔感があふれるペアに、目じりが下がりっぱなし。
甘酸っぱい幸せな気持ちになる。いいものを見せてもらいました。
男子スケーターがあわせようと思わなくても、
無理なく合ってしまうほどに、浅田さんのスケーティングはすばらしいのだなあ。
(だいちゃんはいつもいいことを言ってくれるところも素敵です)

高橋大輔さんは、すばらしく濃かった。濃密でうわわわわーと引き込まれました。
彼の表現によって音に和音が加わったような、そして舞台芸術を見ているような濃厚さ。

来年もXOIをやって欲しいです。


MOIは、解説や実況、演出にやはりなじめないので、飛ばしながら見ました。
全日本選手権は一部を動画で見ましたが、放送されたほかの選手を見るのは新年のお楽しみに。
宮原選手の優勝も、小塚選手のFSもうれしかった。
MOIで、音がしない滑らかなスケートは際立っていて、イーグルで変な声がでてしまいます。
会場からは悲鳴ではなく拍手だったけど。
宇野選手の躍進もまぶしい思いです。
羽生選手が腹痛を押してやり遂げた強い意志に、頼もしさと同時に、
どうか怪我だけはしないで欲しいと、満身創痍のプルシェンコ選手を重ねながら思っていました。
すばらしいスケーターだからこそ、誰か止めてくれる人についていて欲しいと願っています。
でもでもでもでも、曲の解釈にあれだけのものを詰め込んでいた町田選手の演技を見られる機会が
激減するのは、やはりとてもさびしいです。
放送を見ていて、いやな気持ちになることはたくさんあるけれど、
それ以上に選手の皆様が演技にこめられた思いがあふれてくるのがすばらしく、
フィギュアスケートを見なくなる日はもう少し先になりそうです。
(小塚選手の、ジャッジに制裁を喰らうことになっても(意訳)、誰かが言わなくちゃないことだと、
 フィギュアスケートの未来のために、ジャッジによって判定がまったく違ってしまうのは、
 混乱を招き、選手を萎縮させる(意訳)、回転不足の明確な基準を設けて欲しい、
 と問題定義をしてくれた姿勢にしびれました。それは今回の全日本だけでなく、
 佐藤コーチのもと一緒にトレーニングを積んできた彼女への、特別に冷酷な評価にも
 感じることがあられたゆえではないかと。勝手な憶測ですが)

全文の報道は以下に。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000106-spnavi-spo

一部。勝手に強調しています。

(前日の記者会見での回転不足に関する発言について)選手が言うべきではないというのは分かっていますけど、一個人として、知識を持ち合わせた観客として見た意見です。回転不足(という判定)が女子では多く、それを気にしてタイミングを外したり、力んでしまい「女子ってすごいね、怖いね」と男子でも感じる思い切りのよさや勢いが、影をひそめたと感じています。(女子の選手は)回転不足を意識していると思います。パンクしたり、ステップアウトしたりというのは、間違いなく力んだり、高く上がって、いつもと違う感覚で下りているのは、男子のみんなと見ていても「パンクが多いね」というのは(話していました)。いつもの全日本の雰囲気だったり、勢いだったりを感じられなかったのは残念だったなと思います。

(回転を)全部認めろとは言わないですけど、詳細に基準を決めるといったことがあってもいいのかなと。ジャッジやスペシャリストによって、判定が全然違ってくるようなことは考え直してもらえると……。みんなが引きこもったような感じはなくなっていくのかなと思います。全日本のみんながはつらつとした演技が、男子が終わった後の女子で見たいと思います。

(リスクのある発言では?)個人として言うと、ジャッジに評価してもらう者として、言うべきではないとわかっています。誰かが言わないと変わらないと思いますし、それが「よし」とされる世界ではよくないと思います。最年長ですし、誰が言うかといえば、僕しか言える立場の人はいないのかなと思います。意見して文句を言うのではなく、話をして切り捨ててもらってもいいと思います。受け入れられても、切り捨てられてでも、とにかく耳に入れて考えてもらうだけでも十分だと思い発言しました。



宝塚歌劇でも、男役さんより娘役さんのほうが勢いが、思い切りがいい。
振り切った演技をするのは娘役さんに多い気がします(大鳥れいさんとか野乃すみ花さんとか桜一花さんとか。大好き)
浅田真央さんも男子選手に、3A怖くない?どうやったら跳べるのと聞かれていました。
筋力で劣る分、思い切りがなければ、ジャンプを成功させるのは難しい。
思い切っても回転不足にされる。
回転不足をとられるなら、回転数を減らして着実に回って見栄えをよくしたほうが、ずっと得点を稼げる。
四分の一回転以下の不足なら認めるとされている回転認定だけれど、
その四分の一は、主観的なもので多角的なビデオ判定もない、一定の客観的な基準もないから、
ジャッジやスペシャリストの印象で左右される。

彼らに回転を認めてもらえる選手は、大技に挑戦できてどんどん加点をもらえて銀河点。
その枠から除外された選手は一発逆転をかけて、
完全に回っているとどのジャッジやスペシャリストに認めてもらえることを願って大技に挑戦するか、
メダルをあきらめ入賞すればいいと、点数で劣ることを覚悟で、
どのジャッジやスペシャリストにも認められてきた難易度の低い技を、
権限を持つ彼らに見栄えがいいと判定されるように工夫を重ねて行うしか、戦う方法がない。

バンクーバーのなぞGOE爆発を、次のオリンピックでも再びのための布石としか、私には思えませんでした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3929-bc84359e

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。