お決まりの日々?

モモの節句でございます。

観たモン

花DC『風の次郎吉~大江戸夜飛翔』

上手いってのはこういうことよ。主演さんと仙名さんの歌声が重なる美しさを味わえました。
独特の癖が苦手だと思っていた主演の北翔さん。もっと癖がつよい(私比較)タカラジェンヌさんも現れ慣れたのか、
彼女の癖が嫌じゃなくなり、薄味気味(私感)のなかでは、むしろ好ましく思っている状態での観劇。
前回のMWは相手の娘役が苦手でスルーしてしまったのですが、今回は相手のW娘役は両方とも活躍を
望んでいる方で、本公演では割を食う形で、残念な思いがあるから、ぜひとも観たかった。
脚本演出は、オタク趣味が炸裂と一部では(?)評判が芳しくないサイトーくんですが、
彼の宝塚愛や思い入れを感じられるとすがすがしく感じていて、苦手意識はありません。

がまの油売りは、本職を拝見したことがありますが、仙名さんの口上は本職にそん色ないといいたいほどに
口跡鮮やかで、素晴かった。
慟哭の芝居が見事で、彼女の苦しみに支配されました。ベタな話なのに、ぐっとわがこと同然に引き込まれました。
霊廟で泣き崩れるエリザベートと似た構図に思えるこの場面に、
新人公演でいいから、エリザベート役を仙名さんに演じて欲しかったと、
先だっての花組公演では気持ちが動かなかったこのシーンで、彼女に泣かされたかったと思いました。
(欠かすことが出来ない名シーンは、きちんとその場を支配できる技量のある方に演じきって欲しい)
一回だけでも見ることができた「次郎吉」。この公演で多くの方のお名前を覚えました。
彼女たちの活躍も、鮮やかに記憶に残っています。
それほどに、一人ひとりが個性的で、生き生きとして魅力的で、舞台狭しと暴れまわっていて、
でも中心がしっかりと求心力で持って束ねているから、散漫とした印象はなく、引き込まれ、
笑い、泣かされ、あったかくなり、いいもんみた、と心が大いに動かされた公演でした。


雪大劇場『ルパン三世』は主題歌の、中ごろの
「男には 自分の世界がある たとえるなら空をかける ひとすじの流れ星」
のメロディーが、音が全体的に持ち上がって浮き上がっているところに
自分をまげて要領よく生きられない生きものの切なさと、それゆえの希望と輝きがあると
(表現される歌詞も、流れ星に稲妻と、天高くにあるもの)勝手に思い入れがあるのに、
その部分を音程を一オクターブ下げられて、他の部分と混じってしまっていたようなのが残念。

美形過ぎて、脚が長すぎるのに、銭形なともみんに感激しました。
涙もろく義侠心にあふれた下駄ゴリラ(すみません)銭形のスタイルが、
宝塚歌劇の中でも目を引く素晴らしいスタイルまで引き上げられても、銭形警部以外の何者でもなかった。

ルパンの細足の再現率は、そのものでした。前の大劇公演「風の慶次」で早霧さんの芝居がいいなあと
やっと気づいた(その前のエラ、その前の前のオスカルと大劇では女役が続き、96期主席が苦手と雪組は
あまり行かなかった組だったのです)のですが、今回も安定していて、落ち着いて観られました。
評判がいいらしい主演娘役は、ほとんど印象には残っていません。目が嫌がっていたのだと思いますが、
目に付いて邪魔というふうではなくてよかったです。
ショーはミニスカートが似合う娘役さんに、ミニスカートを!主演娘役さんはワッカドレスなどのほうがいいのでは。
雪組には、踊るバービー人形(弾丸ウインク付き)さんをはじめ、踊れてスタイルの良い娘役さんが多いので。

だいもんくるモン。
雪組でのだいもんは特出されているような不思議な感じが、口跡の確かさも加わって浮き上がったよう。
それが、芝居ではスパイスになっていました。
ショーでは。
ともみんとだいもんの組み合わせが今回限り、今公演限りのいくモン、くるモンコンビを、とても残念に、まぶしく拝みました。
この瞬間を大事に思うはまり具合でした。ああ、もったいない。
ともみんの脚は長すぎる、上がりすぎるのが、銭形役ではぎょっとしてエッ、うっはーの笑いになっていましたが、
ショーでは素晴らしいと視点を固定させられる要因になっていました。リフトも安定。
そして龍さん柚香さんファンと感性が若い友人に、一昔前なら、トップになれたと慰められる日々です。


とてもとても期待していた、OGご出演の大千秋楽は、
他の場面から浮くほどに素晴らしいデュエットシーンや、
二の腕や肩甲骨ややわらかいところを堪能できたのですが、
全体的には政治的な主張が強すぎる演出に気持ちをそがれました。
出番はそれほど多くないのに、視線をもぎ取っていったOGと、
もう一人にヒロインつきの侍女役さんが、もし、舞台が三層に分かれているとすれば、その真ん中の部分を
しっかり作っていて、その上に、派手な役どころの方々が、それぞれの見せ場をもらっている印象を受けました。
ざっくり言うと、パワーバランスがちぐはぐという印象。

残念だったのは、何かあれば、特定の政権批判につなげようとし、それをかっこいいと思われる文化人が
おられるようであること。

現政権をファシストだと強調、総選挙に600億、
オスプレイ、
原発再稼動NOのプラカードを客席にくどいほどにアピールした者を国家が捕まえて銃殺したことを
称えるように要求、
戦争はやめて、せっかく集団的自衛権で戦争が出来るようになったのに
私たちは拉致などしない、
などなど。冒頭のFREE HUGSは、何の団体のアピール?
(検索上位に出てくる日本名の人は、中韓で活動をしているらしい)
嫌気が差していたのでスルーしてしまったものを含めれば、もっとあっただろう。

集団的自衛権=戦争ができる、の刷り込みは、反吐が出ました。
こういう背景があるから、文化人たちによって、この言葉が「ダメダメ」と一まとめに
流行語大賞になるんだなと、納得できた。

特定の人物、特定の政権批判を目的にされる劇や出し物であれば、大いにやってもらえばいい。
自分の主義主張を広めるため、演劇という手段ととるのはありだし、
程度こそあれ、認められてこその表現の自由だと思います。
(ただ、相手が嫌がっているのに繰り返すのは、礼を欠いていると、
 自分がやられて嫌なことは、他人にするのはやめようという、私が育ってきた環境からは遠いです)
過去に、天皇陛下を批判する出し物をしたところもありました。
社民党などその周辺に立ち居地があるであろう党や関係者の方々は、
かなり過激な表現の自由を駆使されているなあと、嫌いなら嫌いでいいけれど、レッテルをはったり、
肖像にえげつない加工をしたり、たたく、殴る、ける、踏みつける、などそこまでやるかと
これこそ「ヘイト」ではないかという表現もなさるようですね。

この芝居に戻って、時事問題にかこつけたトレンディ(笑)な政権批判を
スパイスにとどめてくれていたら、まだしんどくはないけれど、観客に参加を呼びかけたり、
しつこく繰り返されると、喜劇を観に来たはずなのにと、私は笑えません。
しかしいきなりオペラ始まりました!の場面は、何回も聴きたいほどに気に入っています。
あの浮き具合が最高。

作品に対する知識なく、劇場に座ったのですが、
ダブルヒロインの片方の気持ちの流れが分らない。
気持ちがくるっと180度回転するところに、芝居や台詞までは時間的に難しくても、
せめて視線をやるなど何かできる「間」があれば、
座長さんにカーテンコールの挨拶で、
大千秋楽の前日に、脚本を読み直しました、僕の演じるプロデュースはクズです、
でもシルヴィアはもっとクズだと思いました、という意味のことを言われなかったでしょう。

親の決めた婚約者との結婚前日
いてもたってもいられず、権力者の父親に引き裂かれ遠方に飛ばされた恋人への恋文を代書屋に依頼し、
代書屋の彼女への思慕、彼女を不本意な環境から自由にしてあげますという求愛に、
異国に居て自分のことを助けられない恋人より、実際に助けてくれるやさしい人に気持ちが動いた、
ここまではわかる。

代書屋の計画は密告により失敗し、代書屋も遠方に飛ばされて、呆然とした後、
愛を長く育んだ元彼への思いが日増しに沸いてきて、伝書鳩を飛ばし、
(明日に迫った結婚式はどうなったの? 高速飛行可能な伝書鳩だったかしら、
 高い塔からはどうやって逃げ出せたの?)
鳩を肩に乗せた元彼と再会。突然オペラの愛のデュエット、肉体関係に至った、までは分る。
(ダブル主演、ダブルヒロインとのこれらの関係の部分の演出も美しくありません)
最中に横恋慕した男(代書屋を裏切った彼の友人)に抱きつかれ、元彼は丸裸で逃げ出し、
彼女は自力で窮地を脱する。
ほどなくして武器を手にして戻ってきた怒りの元彼は、横恋慕男に切りかかる。
代書屋は横恋慕男の劣勢に、見捨てて置けないと加担する。
元彼の妖術に二人は苦戦するも、協力してばけものを倒す。

……の展開で、どうして暴漢に加勢した代書屋とくっつくの?
丸裸の元彼が、装備を整えるためといっても、自分を置いて小屋からでたのに腹を立て、
憎さ百倍になったから?
わからんひとです。

プロデュースより「くず」かとと言われると、
自分の気持ちに正直であるためなら、妻や親友を裏切り、切り捨てることを笑顔で肯定した、
プロデュースとちがい、裏切らない部分で「まとも」かと思います。
自分の気持ちを第一に動く、似たもの同士であることは否定できません。
代書屋とプロデュースの妻も、自分の気持ちに正直に行動はするけれど、
状況に応じて気持ちを抑えることができる似たもの同士。
違うタイプだから上手くいくのかも、と観劇当時に演出から受けたもやもやが薄れてきた今は
そう思います。
(当時はプロディースもシルヴィアも演出家も、それに乗った一部の役者も、それをたたえるカンパニーメンバーも
(あちら系の思想の持ち主じゃないと、登用されないルールでもあるのか)くずじゃないかとまで思ってました)


クラシックコンサート。

川口兄弟のデュオリサイタルに目を細め、樫本大進&エリック・ルサージュには別世界に連れて行ってもらえ、
PACの「復活」に、がんばろうという気力をいただきました。

どこがちがう、とは表現できないのだけれど、樫本大進さんが作られている音の世界は私にとっては特別で、
宙に浮いたり、光景が鮮やかに流れ込んできたり、同化したような不思議があったりと、
毎回サプライズがあります。セカンドアルバムに入っていた曲は、収録のものと違っており、
脳内再生余裕なほどに聴き倒したこのアルバム収録当時も、大変に輝いておられたのに、
どこまで行くのだーと恐ろしく、また楽しみになりました。年齢ともに下降線をたどる私の感性に、
これからも色彩豊かでダイナミックな刺激を与えてくださいますように。


関大キャンバスで行われていた、「高橋大輔展」にも行きました。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3931-6142bc7a

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。